BLOG

monthly magazine

2018/02/07 - BLOG

SLCの矢田です。

TOEICテストでは、
お知らせ(notice)のタイトルにmonthly magazineと書いてあったので、
答は「月に1度発行されている」を選ばせるような問題が、あります。

うっかりタイトルを見逃していて、
本文を何回読んでも見つけられなかったとき、
答を知って、ガクーン・・・と、落ち込みます。
公開試験だと、「答がなかった」と思い込んで帰ってきたり・・・。

monthly magazineと言えば、
ある資格のスクールから毎月送られてくる雑誌があるのですが、
頑張っている人達の話が面白くて、
月に一度のタイミングが楽しみなのです。

雑誌の定期購読(subscription)だ、monthlyって、TOEICみたいだ・・・、
いつか期限が切れる(expire)のかな?更新(renew)のお知らせ来るのかな?
とまた別のトキメキも、あります。

TOEICもそうですが、どんな資格も、
「取ったって意味ない」とか「食えない」って言う人達がいるので、
「資格を取って、こうやって活躍しているよ」と、
頑張っている方々の姿を伝え、また新たにやる気を出す人をつかむ!
という努力があるんだなと、
TOEICスクールもこういう活動が必要かなあ、
どうしよっかなあと、色々考えさせられます。

でもまあとにかく、
資格の話は面白く、努力することも面白く、
更に面白いのは、資格のその先で活躍していらっしゃる方々が、
自分では「思ってもなかった」事を起こしているというのを、
最近よく発見します。

SLCの生徒さんからも、「思ってもなかった」報告をいただいて、
しみじみ、「やっぱり・・・」と思ったのです。
やっぱりTOEICはすごいです。
自分では思ってもなかった所に、連れて行ってくれます。

SLC
矢田

これなら覚えられる!単語暗記セミナーを開催中です。

2018/02/06 - BLOG

SLCの矢田です。

2月は寒く、雪が降ったり、
またTOEIC公開試験がないので、
なんとなくTOEICへの気持ちが盛り上がらない時期です。

そこで、SLCでは冬眠の季節に是非単語を!ということで、
単語暗記セミナー」を開催中です。

2月18日(日)と25日(日)に開催します。

どちらの回も、語源・スペル・コアの意味から、
丸暗記に頼らない方法で、単語を記憶に定着させます。

扱う単語を変えていますので、
両方参加されても重複感はありませんし、
どちらかのご参加でも、
語源とスペルとコアの意味をつかんでいただけます。

特に前置詞、コア(核心)の意味をつかむことで、
正しい前置詞を選べるだけでなく、
前置詞を含むイディオムが覚えやすくなります。

当たり前ですが、単語はとっても大事です。
どこかで暗記を集中的に頑張らなければなりません。
いくらコツコツと勉強するのが大事といっても、
一生単語本を抱えて電車の中でコツコツ覚えているわけにもいきません。

私も3ヶ月間ぐらい、毎日数時間かけ、単語ばっかりやって、
単語本2冊を丸暗記しました。
それで、暗記は終了!でした。
あとは、都度知らない単語を覚えています。

私は単調に覚えられるタイプだったので、丸暗記できましたが、
そうもいかない場合も多々ありますので、
今回のセミナーでは、ありとあらゆる方法で記憶に刷り込みます。

是非、どこかで集中して、単語を覚えてしまってください。
見える世界が一気に変わってきます。

本当に、突然新聞読めるじゃん!
なんだ読めるじゃないか!と、身の回りの英語が変わって見えます。
単語力は絶対に必要です。

SLC
矢田

今週末は、2日間リーディング対策集中講座

2018/02/05 - BLOG

SLCの矢田です。

最近、リーディングセクションが好きです。
昨年までは、パート5だけが好きでしたが、
パート6と7も最近大好きです。

ようやく一段、階段を上りました。

今週末はリーディング特化の2日間集中講座です。

前回1月の開催では、2日目の終了時に、
「こうやって、選択肢を見て、これが何詞で、
本文の動詞を数えて、そしたらこれが答ですね」と、
解き方を再確認してくださる生徒さんがいらっしゃったのですが、
完璧な解説をされていて、完璧に理解されていて、
2日間ですごく仕上がっているなあと、大きな「変化」を感じました。

2日間集中すれば、かなり変わります。
TOEICの好きな「変化」を起こしましょう。

2日間講座のパート6と7の対策には、短期間で成果を出すため、
「対比」と「変化」に気づくコツを導入しています。

実は、パート5も、リスニングも、「対比」が満載で、
最近それを探しながら読み、ひそかに爆笑してしまうのですが、
まだTOEICオタクじゃありません・・・。

でも、本番の試験でも苦痛だったパート7が、
ここ最近、昨年の12月と今年の1月は、
テスト本番中もすごく楽しかったです。

自分でも思っていなかったタイミングで、「変化」はやってきます。
前進させたり、変化を起こすためには、「思ってもなかった」タイミングで、
「思ってもなかった」事を起こさないといけないので、
思い通りに進まなかったり、壁があったりするのは、逆にチャンスです。

思い通りに進まない事なんて、最初からやらない人もいますからね。
思い通りにいかなくても、それでも頑張る人は、
900点を取る才能があるってことで、
試験は結局、はいつくばった人の勝ちです。

SLC
矢田

2月は単語セミナー

2018/02/03 - BLOG

SLCの矢田です。

公開試験のない2月、単語暗記セミナーを開催します。

単語力がない段階で、長文読解演習をしても、
心が折れるだけで、あまりいい練習になりません。

ある程度の単語の量があってこそ、
問題演習へと進めます。

単語暗記というものは、実は思っているよりも、
短期間でやってしまうものなのです。

永遠にやるものではないんです。
「もう単語暗記は終了」という段階へ、早く到達しましょう!

とにかく単語をなんとか覚えたい方、
覚えてもすぐに忘れてしまう方、
単語本を買ってはいるけど、全くやる気にならない方、
暗記が全く面白いと思えない方、

是非この寒く公開試験もない2月に、
単語暗記の要領をつかみましょう。

また特に前置詞などは、意味のコア(核心)をつかむと、
今後の勉強にいい影響が起こります。
ただ暗記だけでなく、役立つ情報を盛り込んだ
「単語暗記セミナー」です。

SLC
矢田

公式問題集の反復

2018/02/01 - BLOG

SLCの矢田です。

よく言われている
「公式問題集を何度も解くことが大事」
ですが、これがなかなかつらいです。

ほとんど解けない時にはつまらなく、やりごたえもなく、
分からない気分になるばかり。

なんとなく解けるようになっても、なんとなくで終わる中途半端さと、
2回目3回目には、答を覚えているから解けるような、やりごたえのなさ。

ほぼ解けるようになると、内容を覚えているのでつまらない。

いやもう、どうしたらいいの?って感じです。

私も、そもそも問題演習というものが、
とにかく苦痛で苦痛で仕方がなく、
問題集を解くことは、ついつい後回しにしたり、
そのままにしたり、してしまいます。

ですが、ようやく最近、『公式』面白いな、
何度解いても面白いな、と思うようになりました。

そうすると、本番の試験でも、
パート7が読み物として楽しく感じるようになりました。

やっぱり、世間で言われていることは本当です。
『公式』を何度も解きましょう。

過去の『公式問題集』も活用価値が十分にあります。
たとえ答を覚えていても、意味があります。

2月11日と12日には、『公式問題集 新形式対応編』(青)の、
「ただ解く会」を開催します。

もちろんご自宅で解ければ一番ですが、
どうしても集中できない場合、こういった会をご活用ください。

SLC
矢田

TOEICにもマインド

2018/01/30 - BLOG

SLCの矢田です。

苦手意識のあったパート7を、最近克服しつつあります。

以前は、「答がない、ない!」と焦っていましたが、
今は、「答は必ずある!」と取りに行っています。

ないと思うとない。
あると思うとあります!

そういえば昔は私も、
「900点って誰が取るんだろ?」って思ってました。

「自分は取れる」と思ったら取れました。
結構単純なもんで、マインドは本当に大事です。

ただ、前向きマインドも、
意思の力だけでどうにかなるもんでもなく、
来る時は来るっていう、タイミングもあります。

今週の1dayセミナーは、
大人になってから、サラリーマンやりながら、
900点取れることが確信できる、
『what is TOEIC?-TOEIC 1dayセミナー』と

どうしても単語が一人では覚えられない方に、
なんとかして覚えていただくために、
ありとあらゆる方法(語源・スペル・コア)で定着させる
『単語暗記セミナー』です。

前向きマインドは、刺激がないと出てきません。
1日セミナーは、その日をきっかけにやる気と勇気が出ることも、
とっても大事だと思って開催してまいります。

2月は公開試験がありませんが、
3月11日に向けて、早速準備を始めましょう。

SLC
矢田

1月28日(日)TOEIC公開試験を受験してきました。

2018/01/28 - BLOG

SLCの矢田です。

吉祥寺から徒歩20分の会場でした。
窓側の席で、とっても寒く、
コートを着たまま動きにくい感じで受験しました。

12時半まで、TOEIC関連の本を見ている方が多いのですが、
私は英語と関係ない、電車の中で読み始めた、
どうしても続きが気になる他の試験対策の本を読み続け、
試験官の方からすると、
「試験会場違いません?」って感じだったと思います。

音量チェックでは手を挙げ、
「もう少し大きいほうが・・・」と遠慮がちに言ってみました。

そうすると、すかさず後方から
「こっちも聴こえないんですけど!」
ってハッキリ大きい声で強く、言ってくださる方がいて、
いつもはちょっとしかボリュームを上げてくれないのですが、
相当に大きな音になり、とってもよく聴こえるようになりました。

私のフォームは、1つ目の写真が、
丸テーブルにPCが円形に並んでいて、
その奥で女性がソファーに座っているものでした。

リスニングは、内容は典型的な話題満載で、
先読み方法やポイント、解き方に慣れれば、
うまくスコアが取れるなという感覚です。
対策が効きやすいと思います。

ナレーターの読み方やスピードが、
以前よりもナチュラルで速くなっているような
比較できないので正確なことは言えないですが、
そんな気はします。

たくさん音を聞き続ける、音読を毎日続ける、
コツコツした取り組みは、相変わらずもちろん必要ですね。

リーディングは、難問ではないのだけれど、
気づく力が試されています。

なかなか対策が難しい。

ちゃんとした理解と、
それに加えて、普段英語に触れていて、
慣れているかも試されているように感じます。

最近、個人的に注目している等位接続詞、
パート5でも6でも7でも、
やはり等位接続詞は大事だと再認識したので、
しつこく言っていこうと思います。

パート6と7は、
ここ最近の過去の公式問題集反復練習のおかげか、
今までで一番落ち着いて解けました。

パート7があまり好きでなく、得意でなかったのですが、
克服している感覚があり、何でも進歩すると嬉しく、
もっと頑張ろう!と思います。

7分前に終了し、パート5の見直しをじっくりやっている間に、
終了時刻がやってきました。

2月は公開試験がないので、じっくりパート7対策を続け、
また3月に頑張ります!

SLC
矢田

2018年1月度第227回TOEIC L&R公開テスト受けてきました!

2018/01/28 - BLOG

SLCの山口です。

本日のTOIEC L&R公開テスト受験された方、本当にお疲れ様でした。
いかがでしたでしょうか?今年を占う最初のTOEIC、東京は極寒の余韻が残る寒い日でしたね。
会場の駿台高校の古いエアコンが唸りを上げて頑張っていました(笑)。さて、今回の感想にいきましょう。
今回も複数の違ったフォームがあり、難易度の印象がかなり異なるようです。

私の最初の写真は、ソファーで座って休む女性でした。

その印象は…
今年もパート7が手強いなあ~です。

各パートの感想は、
リスニング
パート1、普通。マニアが喜ぶ問題はありませんでした。
パート2、普通。間接的な答えのバリエーションが楽しかったです。
パート3、普通。ですが意図問題は手強いので730目標の方は捨ててもいいですね。
パート4、難。前半は普通でしたが、後半5セットは難しかったです。意図問題も巧妙だし、選択肢も紛らわしいし、厳しいパート4でした。

リーディング
パート5、難。パッと見で答えが出ず全文を読まされてしまう問題が多かった印象。
パート6、普通。ここは標準時間で突破しました。
パート7、難。シングルパッセージ後半は2度読まされるセットが複数あり時間を稼げず、ダブルとトリプルも内容が取りにくく難しかったです。
結局しっかり読めてないと正解を選べない良問といえば良問ですが、以前に比べると相当難易度が高いですね。

個人的には、見直し時間が3分しか取れず不十分でした。
見直しで一問正解の根拠に気付いて直しました。あと5分は欲しいですね。
やっぱりパート7対策しかないですが、聴く量に比べて読む量が少ないのが反省です。
それにしても最近のTOEICはLとRの難易度の差が大きくなっているように感じるは私だけでしょうか?

先月のセミナーで好評だった「TOEIC公式問題集3を解きながら、解法のコツや学習法にも言及する6時間セミナー」が定期開催になりました!
詳しくは私のブログにフライヤーを載せていますので是非ご覧ください。Teachersのページにリンクが貼ってあります。
そうそう、3月の申し込み締め切りが目前に迫っています、忘れないようご注意下さい。

SLC
山口

今週はTOEIC公開試験

2018/01/26 - BLOG

SLCの矢田です。

泣いても笑っても、公開試験はやってきます。

どんな平和なローカル記事やニュースが飛び出すか楽しみです。

平和な国のTOEICでは、
歯医者に行ったら医者が出張中で、
予約が取り消されていることはあるけれど、
涙を誘う記者会見も、誰かを騙す人も、1人もいない。

ところが、リアルな日常では、
夜10分程度ニュースを見ているだけでも、
心はかき乱されます。

テレビで同情を誘う記者会見を見て、
私もまずはすっかり同情し、
町の声を聞き、
「え~、かわいそう、皆厳しい・・・」と思い

その後ふと、
「同情してる時点でまんまとワナにかかってる私・・・」
とよくわからなくなり、「どっちでもいいか」と放棄。

もし、こんなことが試験中に起こったら集中なんてできません。

今週日曜日も、平和なお話に耳を傾け、
新しい製品や方針について、一体何が変わったのかを読み、
2時間集中して情報処理をがんばります!

SLC
矢田

2月と3月にも2日間集中を開催します!

2018/01/25 - BLOG

SLCの矢田です。

リーディングが課題だ、というお声が多く、
昨年から「2日間短期集中リーディング対策」を始めました。

次は2月と3月に開催を予定しています。

最近はリーディング対策が課題だ!と思う気持ちが強く、
リスニング対策の講座数が少ないな、と最近気がつきました。

今後、バランスを取っていく予定です。

2月11日-12日『リーディング対策2日間短期集中通い合宿』

パート5、6、7対策として、
英文法と速読の勉強を通し、
リーディングセクションのスコアアップ、
即効性にこだわって構成しています。

SLC
矢田

PAGE TOP