BLOG

構文1dayセミナー、またやります。

2017/10/08 - BLOG

SLCの矢田です。

夏の間、9回開催した「構文1dayセミナー」を、
11月上旬にまた開催します。

詳しい日程は1dayセミナーのページをご覧ください。

6回シリーズの「構文セミナー全6回」の内容お試し、
体験レッスンのような位置づけで企画したセミナーです。

ですが、この1dayセミナーだけでも、同格についてや、
動詞がたくさんある時にどうすればいいか等、
長い文の構成を見抜くポイントを得ていただける、
2時間で完結した内容です。

「構文を取る」という意識がやっぱり、
パート7の記事問題などでは、必要です。

SLC
矢田

市販模試を解く会復活

2017/10/07 - BLOG

SLCの矢田です。

今月より、1dayセミナー「市販模試を解く会」が復活します。
以前は公開試験の前週に、販模試を使ってリハーサルをしていましたが、
今後しばらくは、前週リハーサルには公式問題集を使っていきます。

公式問題集は既にやりこみ、
市販の模試でもっともっと練習をしたい方、
是非10月29日の「市販模試を解く会」へお越しください。

担当はもちろん満点講師の山口です。
TOEICあるあるネタも詰め込んだプチ解説付きです。

自動採点システムで、その場で結果をお返しします。

10月は「プライム模試400問」のテスト1を使用します。

SLC
矢田

今週末の講座

2017/10/06 - BLOG

SLCの矢田です。

3連休後半の2日間、
日曜日は「パート別セミナー」を開催します。

パート5、パート7SP、パート7MPと、
2時間ずつ、3つの講座を連続で開催します。
通してのご参加も、1つだけのご参加も、大歓迎です。

また、8日(日)と9日(月・祝)は、
2日間に渡って、
リーディング対策2日間集中通い合宿
を開催します。

午前は文法、午後は読み、と
とにかくリーディング対策に集中します。

TOEICに初挑戦の方、
リーディングのスコアアップが停滞中の方、
2日間で英文法、そして解き方はなんとかします。

もちろん、講座の後も単語は自力で覚えてください。

単語は自力でやるしかないですが、
英文法や解き方は、もしかすると、
人から聞くと一瞬で解決するという問題かもしれません。

自力と他力と、バランス良く、
うまく効率良く、目標達成していただきたいです。

SLC
矢田

英文法トライアルクラス

2017/10/05 - BLOG

SLCの矢田です。

今月後半に「英文法トライアルクラス」を開催します。
計5回の開催予定です。

先日機会をいただき、出張レッスンで、
この「英文法トライアルクラス」をベースにした、
TOEIC勉強法のクラスを開催させていただきました。

ご参加いただいた方から、
「目から鱗」と、感想をいただくことができ、
やってよかったと思います。

開催させていただいた、ご参加いただいた皆様、
ありがとうございました。

基本の基本を勉強し直せば、一見難しく見える問題も、
あっさり解けることもあることを、
実感していただけると、とても嬉しいです。

英語の文型は5つある、
そのうちとりあえず3つを理解する、
品詞に敏感になる、

この辺りから始めて、TOEICはこうやって解くんだ!
と「理解」が「正解」に繋がることを実感いただける、
そんな英文法体験レッスンです。

文法に苦手意識がある方にも受講いただきたく企画しました。
もちろん得意な方も、再確認にご活用ください。
やったほうが、絶対に早いです!

ご検討いただきたく、どうぞ宜しくお願いいたします。

SLC
矢田

3連休にはTOEICリーディング対策2日間、いかがでしょうか。

2017/10/04 - BLOG

SLCの矢田です。
今週末は3連休ですね。

10月8日(日)-9日(月・祝)は、
TOEIC対策集中講座、「リーディング2日間通い合宿」を開催します。

2日間とも、午前は文法講義と、パート5対策です。
「英文法特訓1dayセミナー」の講義を、
『公式問題集』を使ってやります。

午後は、パート6演習と、
長文読解のコツ&パート7演習です。

長文読解のコツは、この2日間講座内だけの展開でしたが、
この度リクエストをいただき、セミナーの形でも企画しました。
1dayセミナーのページをご確認いただくと、
「ディスコースマーカー演習セミナー」というのが、新企画としてございます。

短期間で結果を出すため、「コツ」も導入しています。

どちらかというと、リーディングセクションが課題な方、
またTOEICのリーディング対策が効率よく進んでいない方、
2日間でぎゅっと対策しますので、是非ご検討ください。

SLC
矢田

次の日曜日は、パート別セミナーです。

2017/10/03 - BLOG

SLCの矢田です。
今週の日曜日、10月8日はパート別セミナーを開催します。
パート5、パート7シングル、パート7マルチ、と3回のセミナーを開催し、
1つだけの参加も、連続しての参加も可能です。

スコアアップには、理解し覚え、そして演習が必要で、
文法の勉強や語彙暗記をスコアに繋げるための、
演習をしていただくセミナーになります。

是非、問題集等をご自宅で解いていただきたいのですが、
そうはいっても、なかなかやっていない、
ということもあるので、このようなセミナーを企画しました。

理解し覚えることは避けて通れませんが、
その後は解けば解くほど、テストの感覚がつかめてきます。

特にパート7では、
きっと答はここらへんだ、とか、
ここは読み飛ばしても大丈夫そう、とか、
TOEICのパターンに慣れることがとっても大事で、
それは慣れている人から聞くだけで何とかなることではなく、
自分で数多くの問題に当たってみなければ、
なかなかつかめない感覚なので、
まずは『公式問題集』を解くことは必須。

そして更に余力のある方は、信頼できる問題集を使って、
問題演習を積み重ねましょう。

SLC
矢田

英文法セミナーの復習に

2017/10/02 - BLOG

SLCの矢田です。

昨日は「TOEICのための英文法セミナー」を開催しましたが、
絶対に理解しすぐに使える知識としておかなければならない、
「文型」「自動詞・他動詞」「M」「態」について、
なんだったっけ・・・、と忘れてしまうことがあります。

そのような場合は、「動画で学ぶ英文法」のページをご利用ください。
いつでもどこでも気軽に読めるよう、
動画に加え文字情報のページも作成しました。

「文型」「自動詞・他動詞」「M」「態」
本当に、これさえ分かれば、これさえ納得できれば、
もう後は理解していくのは楽ちんです。

忘れないように、復習してください。

SLC
矢田

10月8日-9日は、TOEICリーディング対策2日間集中!

2017/10/01 - BLOG

SLCの矢田です。

日曜日の本日は、1dayセミナー開催です。

次の週末は3連休ですね。
SLCでは、「リーディング対策2日間集中通い合宿
TOEICリーディングセクションの対策に特化した集中講座を開催します。

2日間とも、午前は文法講義&パート5演習、
午後は長文読解のコツ&パート6と7の演習です。

リスニングとリーディング、
得意不得意の個人差はありますが、
一般的にリーディングのほうが、スコアアップに時間がかかります。

ですが、ぼんやりと感覚的であったものを、理屈に落とし込んだり、
知らなかった法則を覚えたり、語彙を覚えたり、
直前の短期間でも、スコアも英語力も上がります。

2日間講座では、基本原則に加えてTOEICのコツも入れながら、
短期間でスコアアップいただけるよう、構成しております。

SLC
矢田

10/1(日)1dayセミナー、まだ間に合います!

2017/09/30 - BLOG

SLCの矢田です。

明日、10/1(日)はセミナーを2つ開催します。

「リスニング猛特訓セミナー、テスト1」と、
「英文法特訓1dayセミナー」です。

どちらも直前対策として有効です。
リスニングは、直前であろうと、
諦めずに練習することで、スコアアップが可能です。

「聴こえない」という悩みには、
もう勉強だとか、理屈だとかではなく、
「やるっきゃない」のです。

聴く、解く、音読する、
とにかく日々のトレーニングをやらずして、
聴こえるようにはなりません。

また、英文法は、
コツコツと土台作りから始めていただきたいものなのですが、
ある程度スコアのある方にとっては、
原則を見直すことが、直前対策として大変有効です。

また、これから英文法の勉強を始める方にとっても、
自動詞・他動詞、文型、品詞、などの基本から始めますので、
再勉強のきっかけとして有効な内容です。

本日のお申込も受け付けております。
ご不明な点はお気軽にお問合せください。

SLC
矢田

ディスコースマーカー

2017/09/29 - BLOG

SLCの矢田です。

1dayセミナーのページに、
「ディスコースマーカー演習セミナー」を加えました。

なんじゃそりゃ?

なのですが、長文読解テクニックです。

ご要望をいただき、セミナーとして開催することにいたしました。
テクニックなので、その点をご理解の上、
もしご興味がありましたら、お問合せください。

テクニックを使うには、大意が把握できている必要があり、
リーディングスコア300点、少なくとも250点以上ある方には、
お役に立てるかもしれません。

解答の根拠となる文か、不要な文か、を判断する演習です。
根拠となる文かどうかは、実は読んでいる途中で判断がつきます。

根拠となる文は熟読、根拠とならない文は一読して終わり。
読み返す必要はないので、判断がつくと便利です。

ただ、やはりテクニックなので100%的中はしないのですが、
公式問題集で調べたところ、92%ぐらいは当たります。

SLC
矢田

PAGE TOP