BLOG

10年やると

2023/01/06 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

10年ぐらいスクールをやっていると、
思ってもいなかったタイミングで、
懐かしいお客様がまた来てくださることがあります。

今受講中の司法書士の研修で「お客様は回遊魚」と習いました。
そして、一人一人のお客様に寄り添う対応をしていれば、
お客様はついてきてくださる、派手な宣伝なんかやめとけ、
品位を保て、と習いました。

本当にそうだなあと、思います。

更に、このやり方が一番、経済効率も良いんですよ。

広告打って、毎回新規のお客様を獲得しなくちゃいけない商法って、
めっちゃきついはずです。
経営者も働く人も、しんどいでしょう。

このエリアで、この店舗面積で、この事業で、
どのくらいのお客様が来てくださるかっていうのは、
もう決まっていることで、
それを人工的に増やそうとすると、しんどいばっかりです。

ちょうどいい加減を知り、その前後で満足することを覚えることは、
決して貧乏くさいことではない。

企業とか経済の成長で、わくわくする時代はもうとっくに終わっています。
新春のテレビを見て、年老いた全員男性の経済人たちが何か言ってるの見ても、
一つもわくわくする要素ないな、と思いました。

成長とか進出とか、もう何回聞いたか。
飽きました。

それよりも、成長なんかは適当なところでいいので、
ちゃんと自分が使える時間を豊かに持って、
自分の知恵や経験値を成長させていくほうが、
ワクワクすると、思います。

いつまでも経済成長という同じネタでワクワクしようとするから、
停滞感があって、
しんどいんじゃないでしょうか、と思うのです。
ワクワクの対象を変えないといけない。

で、そんな感覚を強烈に再確認した本が、去年読んだ
チャン・ガンミョンの『韓国が嫌いで』という小説です。

これは去年読んだ中で、一番今の気持ちにぐさりと刺さってきました。
韓国の小説では、「もうやばい」「もうこんなことはやめないと」
「この時代は続かない」ということが作家さん達によって、
様々な形で表現されていて、今の時代を生きる大事な言葉が、
たくさん収穫できます。

経済人の言葉は、成長とか進出とか何パーセント増とか、使い古された言葉で、
もう全く、なんのヒントにもならないし、亡霊たちに見えてしまいます。

で、これからは、グローバルとか言ってるよりも、小さな商売のほうが、
ワクワクする時代になってくると、思うので、
何か出来る人から始めてみてはどうでしょか?と思うんです。
まあ、簡単ではないんですが、出来る人から、
今の仕組みから一抜けしていくと、
なんか面白いんじゃないかと、そういうほうがワクワクすると思うんです。

小さな商売は楽しいですよ。
お客様と、出会って、また再会して、お話して、
そういう日々がぐるぐると回っていくのは、
本当に楽しいです。

SLC
矢田

1月7日と8日は山手線外回り運休です。

2023/01/05 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

SLCでは今週末から講座が始まります。
ですがなんと、今週末は山手線の大工事だそうで、外回りが運休です。

地下鉄やバスをうまく使えば、なんとかなりそうです。
実はバスって、かなり便利です。

私は週末にどーしても新宿に行かなくちゃいけない大事な用事があって、
絶対に遅れずに到着しなくちゃいけないので、
バスで行く練習をしました。

久しぶりに、5年以上ぶりじゃないかと、いやもっとかもしれないと、思います。
かなり久しぶりに新宿に行きました。

京王百貨店とか、昭和な感じのままですが、
レストランフロアは大賑わいで、人気の店には行列ができてて、
「結局昭和でいいんじゃないの?」って思ってしまいました。

渋谷は、あんなに混んでいないんですよ。
混んでるのは道路ばっかで、レストランフロアは混んでないんですよ。
瞬間的に混んでも、オープン時だけで持続しない。
大丈夫か?この大開発?

とにかく地味だろうとださかろうと、持続することが大事です。
お客様が支持してくださることを、変えないことが大事だと思います。
長年通ってきてくださるお客様を大事にして、
観光客に媚びを売らないことが、大事だと思うんですよね。

そんなことを参考にしながら、今年も運営を頑張っていきます。

SLC
矢田

新年

2023/01/04 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

昨年はSLCを移転したり、司法書士試験に合格したり、
結構盛りだくさんでした。

そう言えば、移転先探しながら受験勉強してたということだけど、
どうやっていたのか、今となっては記憶が曖昧です。

でもきっとハードだったはず。
受験前には手が動かなくなって、指が動かなくなって、
どうやって答案書くんだ?と慌て、
急に左利きになるしかないか?と、左利きの矢田弘巳さんが、
右手でペンを持ち(字は右手)、左手で箸など道具を使ってるのを、
「それどうやってやんの?」と思って恨めしく見ていました。

年が明け、1日からずっと研修をオンライン受講しています。
5日締め切りのレポートを出さなくちゃいけない。
今日、なんとか完了しました。結構ぎりぎりだったかも。

次の締め切りは15日、そしてその次は31日、引き続き頑張るしかない。
研修が辛いからって、また不合格に戻りたくはないのです。

研修を受講しながら、スクールはお休み中なので、
気分転換にぶらぶら外食に行ったりしています。
毎日、ハンバーガーかピザを食べています。
なぜなら、矢田弘巳さんがそれしか食べたくないからですね。

かろうじて今日、カレーライスを食べる気になりましたが、
結局ハンバーガーの看板を見つけてしまい、ハンバーガーを食べました。

年を取って味覚が変わる時期って、一体いつ来るんだ?

ということで、新年のフレッシュな気分になるチャンスがない、
研修に追われている今年の始まりです。
全く年が変わった気がしません。こんなんでいいんだろうか。

とにかく、今年もSLCを頑張ります。
英語の勉強を、頑張りましょう!

私も毎日1時間の音読と、1時間の書き取りを、早く再開したいです。
去年合格発表後に一瞬再開したんですが、研修が始まってうやむやになってしまいました。
でもまた再開すれば良い。途切れ途切れでも、継続するのが大事です。

SLC
矢田

年末

2022/12/30 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

今年もSLCが無事にもって、年末を迎えることができて、有難いです。

とはいえ、ひーひー言いながらもたせているわけではなくて、
割とのんびり、平和に、営んでいる感じです。

作るのは大変だけど、維持はそんなに大変じゃない、
というのは、英語の勉強なんかでも同じだと思います。

英語力を一度作ってしまえば、維持ぐらいは楽勝だし、
維持は楽しい。

あとはもう、メンテナンスをしながら、楽しく維持しましょってレベルまで、
是非とも行きつきましょう!
今年無理だった場合は、来年行きつきましょう!

今年は、「努力は報われる」ことを確信しました。
報われないとしたら、それは努力と言えるのか?(誰かの台詞)

色々確信できて、令和4年は忘れられない年となりました。

来年は一体どうなるのか?
結構不明で、実は開業以来一番不明な気分かもしれない。
手探りで頑張る感じの一年になりそうです。
SLCは10年になります。感謝です。

SLC
矢田

目がしょぼしょぼ

2022/12/27 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

久しぶりにブログを書いています。

というのも、現在研修中で、主にオンラインの研修で、
朝から晩までPCの前で講義を視聴しています。

目がしょぼしょぼです。

何の研修かというと、司法書士試験に合格した後に始まる新人研修です。

コロナで研修がオンラインになって、
全国どこでも受講できて移動や宿泊の必要がないのは良いのかもしれないけど、
とにかく画面の見過ぎで目がしょぼしょぼです。

英語の勉強もそうだけど、コロナになって、
人それぞれ各種ショックを受けて、それがきっかけで、
資格の勉強をする人が、ほんのちょっと増えたんですが、
そのほんのちょっと増えた人たちが、
そろそろ合格してくる時期が始まったんだな、という感じです。

SLCでも、渋谷に人がいない時期、一生懸命通ってきていただいて、
900点を突破した方、そこまでじゃないけど800点ぐらい突破した方が、
その後、すぐ次の目標に向かって走り出していらっしゃいました。

でも、各試験の受験者数は、ほんのちょっと増えた程度なんですね。
そのほんのちょっとになりましょうよ!と言いたいです。

でも、コロナをきっかけにと言うのは、もう遅いですが。。。

そういえばリーマンショックの時、私は英語を猛烈に勉強していたし、
コロナの期間は司法書士試験の勉強をしていたし、
なんとか危機となったら、はい勉強、ってなってます。

次に10年後ぐらいに、またなんとか危機がやってきたら、
また勉強するのか~、もうしんどい~、と思います。

今のところは、試験勉強というものは、これで最後にするつもりで、
来年はお仕事で、二足の草鞋を頑張っていきたいです。

SLC
矢田



2022年12月18日第310回TOEIC L&R公開テスト

2022/12/19 - BLOG

2022年12月18日第310回TOEIC L&R公開テスト受けてきました!

山口シュウです。
本日のTOEIC L&R公開テストを受験された方、本当にお疲れ様でした。
私は午前のTOEICを受験しました。
東京は冬本番のような寒い一日でしたね。
久しぶりの午前受験は終了後の外が明るく、午後とは趣が異なりますね。

さて今回の感想にいきましょう。
今回も個々人によって難易度の印象がかなり異なるようです。
私は12:21終了で、キャビネットに手を入れる男性のフォームでした。

その印象は…
「難易度自体は普通なのに悩まされたなあー」です。

【リスニング】
パート1、やや難。選択肢が紛らわしいものが多かった印象
パート2、普通。Q25以降は間接的な応答が続いたと思います
パート3、やや難。最初の4セットが難しかったのと、意図問題、図表問題もトリッキー
パート4、普通。スピード、内容は普通レベルだが正解の単語は一瞬で通り過ぎた

【リーディング】
パート5、普通。とはいえ、いくつかの語彙問題や文法問題は悩ましかった
パート6、普通。内容自体は捉えやすかったが、いくつか悩ましい問題があった
パート7、普通。記事問題やNOT問題などがしっかり出ていて易しかったわけではありませんでした。設問自体の難易度は並だと思いますが、TPの後半は英文量が多く時間が厳しくなった人が多いのではないでしょうか

個人的には通算129目の公開テストでした。
前回が990だったので慢心したというわけではないのですが、弱点である平易な単語の語彙問題を突かれて悩んだ末にミスを犯す悪いパターンにはまりました。
今回はいい勉強になったということで、来年への足掛かりにしたいと思います。
今年は13回あったTOEICですが、毎回元気に受験ができ皆勤賞でした!
たくさん開催して下さった運営者に感謝いたします。

SLCでは、公式問題集9の模試会を実施中です。
本番に近いと評判の公式9をぜひ一緒にやりませんか?お待ちしております。

日々の山口の活動はユーチューブチャンネルで発信中です!
是非ご登録お願いします!
https://www.youtube.com/channel/UCy-3nBMnMo36qzvwvvXthlw

研修が楽しくて

2022/12/07 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

今年司法書士試験に合格したので、今「新人研修」を受けていて、
「同期」とかいるんです。

中高年が「新人研修」とか「同期」とか言い合ってるの、ワクワクします。
もう楽しくてしょーがない。

昨日も、とても大事なことを教わりました。
英語の勉強にも当てはまると思うので、シェアいたします。

「自分で考えろ!」ということです。

記載例なんて見るんじゃねえ、条文を読め!そして自分で考えろ。
例なんて見てるから間違えるんだ!

ああ、本当にそうですよね。

文法も勉強しないで、さっさと話せるようにしてくれとか、
ネイティブとしゃべってたらしゃべれるようになるんじゃね?とか、
そんな態度では、なにかを学んだり、成長する機会が与えられるわけがなく、
搾取されるのみであろうと、想像いたします。

どんな世界であっても「自分で考えることが大事」で、
自分で考えられるために、文法とか法律を学んで、
思考のツールを得ることが大事なので、文法を勉強しましょう!

文法が、大事です。
文法を学んだら、表現なんて自分で考えればいいんだ。
多少間違っても、エッセンスが入ってたら通じますよ!

ということを昨日学んで、すっごくキリっとしました。
普段自分が嫌ってる「結論教えてちゃん」に自分がならないよう、
気を付けて過ごさなければ。

SLC
矢田

音読本格再開

2022/12/03 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

公式問題集の音読を毎日1時間、本格的に再開しました。

司法書士試験に集中していたので、長くさぼっていましたが、
合格した後もなかなか再開しませんでしたが、
始めてしまえば続きます。

やっぱり始めるのが大事です。
始めてしまえば、やらないと罪悪感で気持ち悪くなり、
毎日やるようになります。

そして、やっぱり音読は大事です。
1回目で諦めないこと、1回目で決着をつけようと思わないことが大事です。

「やり方が合っているのか分からない・・・」
「効果が出ているのか分からない・・・」

1回や2回じゃ、絶対に分かりません。
100回やってもわかるかどうか。

「ああ、そういうことね、このトレーニング」って思うまで、
1000回でも10000回でもやらねばならんのです。

語学やる人、みんなやってることです。普通です。

何度もやっているうちに、感覚が変わってきます。

とりあえずCD1枚をざっくり音読し、毎日同じCDを繰り返し音読していると、
まるで自分が優秀なコンピューターかのように、
処理速度が変わってきます。

量が質をつくる。

質が出来上がってくるのを感じられるまで、量を重ねなくては。

SLC
矢田

文法用語はそのまま受け入れよう。

2022/11/30 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

よく英語の勉強を教えてくれるユーチューバーさんなんかが、
「難しい文法用語なんて使わなくてもいいんだよ」みたいな、
甘い言葉を投げかけてきますが、それになびいてはいけない。

現在分詞、過去分詞、分詞構文、
確かに変です。

西洋のものをその昔の誰か日本人が直訳したのだから、
元々日本語では観念できないものなんだから、
意味不明の日本語になるのは仕方ない。

意味不明だからと言って、
じゃあもっと分かりやすいよう日本語に元々あった言葉で置き換えようとすると、
余計分からなくなります。
分からないっていうか、無理っていうか、正確じゃなくなります。

意味不明でも、黙ってそのまま受け入れると、不思議なことに、
英語が分かってくるんです。

ちなみに私は最近法律の勉強をしていたのですが、
法律用語も文句言いたくなる用語満載でした。

たとえば到達主義とか代理人行為節とか、
いちいち主義とか節とか何言ってんだよ、って思うんだけど、
文句言わず用語をそのまま受け入れると、
全てはよりスムーズに頭の中で処理できて、
「用語ってすごく便利だなあ」って思いました。

いかに直訳が大事かってことです。
昔のどなたか知らないけど日本人が、西洋からきた概念を、
無理矢理日本語に直訳してくれて、有難い。

英語が分からないのは、決して難しい文法用語のせいじゃないです。
用語を嫌がると、余計に分からなくなります。

分詞は分詞なのです。
他の言い方は不可能です。

分詞ってものを、観念できる自分になろう。
用語のほうに変わってもらうんじゃなくて、自分が変わろう。

分詞は分詞だって受け止められたら、超便利です。

そのためには、わからなくても用語を使うことです。
「これは過去分詞だからどうのこうの」って自分で説明しているうちに、
不思議とわかってきます。
使わないと分からないままです。

SLC
矢田

サッカー

2022/11/26 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

野球が大好きでサッカーについては何も知らない矢田弘巳さんが、
テレビのスポーツニュースをじっと見つめているので、
「さすがに日本が勝ったら面白いのかね」と聞いてみると、
「う~ん・・・」

どうやら、TOEIC受験生や大学受験生に与える影響について、
不安がっているようでした。
みんながテレビ見てしまうんちゃうやろか・・・という不安です。
職業病みたいなもんです。

「試験に集中してる人は、日本が勝ったことに気づいてないよ」
と安心させときました。

で、自分で言っておきながら、「そりゃそうだ!」と思いました。

私も、英語の勉強に狂っていた時期や、司法書士試験の直前期だったら、
この期に及んで、日本が勝ったって、絶対に知らなかったでしょう。

試験というのは、この期に及んで気づいてない人達に、勝たないといけない。
厳しいですが、それが現実。

「選手から勇気をもらい、自分も頑張ろうと思いました」
なんて言ってては、だめなのです。

その台詞、よく聞きますが、頑張ろうという気になっているだけで、
本当に頑張るかどうかは、まったくもって怪しいもんです。

勉強して試験で結果を出して、そのことで人生が変わったり、
見えている景色が変わったり、環境が変わったり、
何かがガラッと変わるくらいの事を起こそうとするならば、
今、気が付いてないくらいの、集中力が必要なんですね。

SLC
矢田

PAGE TOP