BLOG

コツコツのご褒美

2016/10/07 - BLOG

SLCの矢田です。

勉強開始時点では、英語、TOEIC対策の勉強に対して
好きでやるというのではなく
転職や就職、昇格のために、しょうがなく始めた方でも
仕方がなくコツコツと単語を覚えたり
文法を理解したり
音読を続けたりしていただいていると、数ヶ月後には
「Eメールが読めた」「会社の英会話クラスを楽しんでいる」
というようなお話をしてくださることがあります。

そうそう。
TOEIC対策はTOEICの勉強なんだけど、
そもそも英語の勉強なので
テスト対策のために始めたことですが
「通じる」のは当たり前です。

ですが、実際に使えると確かにびっくりしたり
あらためて、「役に立つんだな」と気がついたりしますね。

そうやって、少しずつ身の回りの英語に親しんでいきながら
段々「仕方なく」から「楽しくて」に変わっていくといいなあと思いますが、
でも、「仕方なく」でもいいです!
やっていたら絶対に人生に役立ちます。

コツコツのご褒美として
「分かる」「通じた」という喜びを感じるのは
とても、とても健全で本物の成果だと思います。

苦しいことや嫌なことをせず
「英語を使える喜び」や「楽しさ」を得ることなんて無理で、
それは新入社員が会社に入ってすぐに
「仕事の喜び」や「やりがい」を感じるのは無理なのと同じ。

最初から求めてはいけないこと、無理なことを求めて、
得られなくてがっかりするのは、良くないです。
仕事でもそうなんだから、英語だってそうなのです。

ちゃんとコツコツ成長すれば、絶対に嬉しい日がきます。
そして本物の嬉しさは、勘違いの嬉しさとは違い、
絶対に消えないです。

コツコツ、続けること。
この地味な作業が本当に大事で、意義があります。

まだ会社に貢献もできていないのに、
「やりがいがない」って文句言うような人には英語は無理。
でも、コツコツ頑張って、じわじわとやりがいや、
自分の存在意義や、働く喜びを感じている、
まともな社会人であれば、
英語のコツコツだって絶対にできるはずです。

本当に、とにかく普通に働けている人であれば、
英語も絶対に大丈夫。
その普通の責任感、普通の忍耐力、
それがコツコツ頑張るための宝です。

多少スタート地点で英語に苦手意識があったとしても、
やっぱり頑張り屋さんはやりますね。
もっと力になりたい、私達SLCもコツコツ頑張ります。


SLC
矢田

和菓子を習って

2016/10/03 - BLOG

SLCの矢田です。

習い事が大好きなので、今は和菓子も月に一度習っています。
洋菓子は学生の時にアルバイトで作っていたので、結構得意なのですが、
和菓子はどうできているのか興味があり、本で見てもよく分からないので、
習いに行くことにしました。

習うのが大好きなので、とにかくとっても楽しいです。

そこで感じたことは、
とにもかくにも、日本人の手先の器用さと、
めんどくさがらずにマメマメしい作業をすることと、
真面目に美しいものを作る心が
なんて素晴らしいんだろうということです。

ほんのちょっとしかできないのに、
こんなに頑張っても、小さい一口で終わってしまうお菓子しかできないのに、
丹精込めて、繊細な味のために細かい分量とたくさんの材料で、
繊細な見た目のために細かい手作業で、一つの美しいお菓子を仕上げることに
毎回ストレス発散と、気持ちの落ち着きを感じさせてもらっています。

日本語教師をしていた時に、
なぜ日本に来たかの理由に
「お菓子が美味しいから」を挙げる海外の方が、
割とたくさんいらっしゃいました。

「そんなことでか。。。」
と思ったし、そのお菓子というのは和菓子ではなく、
デパ地下の洋菓子売り場のことなので、
「それは日本のお菓子じゃないよ。。。」
とも思っていました。

でも、よくよく考えてみると
こんなに繊細で美味しいケーキが手軽に買えるなんて
いい国だなあ。ここは。

英語もそうだと思います。
私達は細かくていいんです。
いちいち気にしていいんです。

たまに、
日本人はシャイだ!
間違いを恐れずとにかく発信しろ!
文法なんてどうでもいいから発言しろ!

という革命児みたいな意見もありますが、
それができればとっくにやってます。
国民性を理解してくれ。

我々は正確さという武器を持って、
コミュニケーションしたほうが良いと思います。

仕事もそう。
これぞ日本!という職場、仕事のやり方、
いいと思うのですが。

これではいけない!もっと先進性とか、スピードとか、
とこれまでの日本の仕事のやり方を否定するような意見もありますが、
もっと長所を生かそうよ!と思うんです。

もちろん、時代とともに変化すべきことは多々あります。
でも、守るべきものは守らないと。

SLCは結構、これぞ日本の職場!という感じです。
なぜなら、全員日本の企業経験者だから。
そこで学んだことは、ものすごく大事だったと、
小さい会社をやってみて、初めて気がつくことがあります。

SLC
矢田

9月度TOEIC L&R公開テスト受けてきました!

2016/09/25 - BLOG

SLCの山口です。

9月のTOIEC L&R公開テスト受験された方、本当にお疲れ様でした。
東京は本当に久しぶりの晴れでしたね。

さて新形式のTOEIC公開テストの4回目、難易度高めがもう標準となったようです。
複数の違ったフォームがありパート1の1問目の写真で分かるようですが、
私が受けたフォームの印象は…「これが新形式TOEICなんだなあ~!」です。
英文量は多いのがデフォルト。
「しっかり読めないとダメです」というがTOEICのメッセージと受け取りました。

各パートの感想は、
リスニング
パート1、普通でした。今までの対策でOK。
パート2、やや難、中盤以降に3-4問難問がありました。
パート3、前回同様の難易度、最初の方が意外と難しかった。
パート4、前回同様の難易度。パート3よりはやり易かったか?

リーディング
パート5、選択肢は平易な単語なのに、文法が見抜けず悩んだ問題が数問あり。
パート6、普通。文章選択問題はしっかり読めないとできませんね。
パート7、やや難。私のフォームは7月よりは量が少なかった印象ですが、
残り55分でパート7に突入し、何とか3分前に終わりました。
途中まではいいペースでしたがSPの後半とTPの1セット目で時間取られました。
文章の内容的にはいかにもTOEICらしい感じ。
チャットやWebページ、Eメール、レターとビジネスに必要な要素を問うています。
パッセージだけでなく、設問と選択肢を読む力も必要です。

SLCのレギュラーや通い合宿、セミナーでお伝えしている解法のコツを使える場面がたくさんありました。
昨日の授業で言ったことも結構使えましたよ!
SLCでは最新の傾向を踏まえ、皆様の目標達成のお手伝いができるようにしていきます。

個人的には、66回目の公開試験でした。TOEIC秋の陣が始まりましたね!
1月まで毎月受けます!楽しみです!(笑)

SLC
山口

季節の変わり目

2016/09/23 - BLOG

SLCの矢田です。

今年もあっという間に終わってしまいそうです。
あと約3ヶ月、いやいや、
3ヶ月あれば、TOEICのスコアも上がるんだから、
SLCにも、また変化や学びがあるはず。

私の直近の目標は、
SLCの4年目を無事に迎えることです。
(今まだ2年目です。)
5年後とか、10年後は、まだまだ恐れ多くて考えられない。
とりあえず、4年目を丁寧に迎えること、ここを見据えています。

なんとなく、勢いで3年ぐらいはできてしまうと思うんですが、
中身のある3年を過ごさないと、4年目はないと思っているので。

去年の秋と比べると、SLCはずいぶん変わったなと感じます。
1年で、赤ちゃんから学生ぐらいになりました。
来年は大人になろう。

落ち着いた季節になりましたので、
SLCも落ち着いて、今の業務を丁寧に、
全体を見回しながら、これまでやや放置気味だったことに手をつけ、
しっかり丁寧にをモットーに、3ヶ月過ごそうと思っています。

発信させたい新企画も考えているのですが、
私企画は来年になりそうです。

山口講師も色々考えています。
本当に、やりたいことはたくさん色々あるのですが、
私達の問題は、時間がないことです。

でも、それはTOEICに取り組む皆さまも同じことですから、
優先順位をつけて、やっていきます。

「欲張りすぎて病気になったり、失敗したり、
迷惑をかけることは避ける」
最近はこれが優先順位高いです。
色々、反省の結果です。

SLC
矢田

PDCAって、大事だった。

2016/09/22 - BLOG

SLCの矢田です。

会社員時代、新入社員の人たちに
「PDCAを回すんだよ」って、言ってました。
言うことがルーチン化していました。

「人として当たり前じゃん。わざわざ言うことか。。。」
とか思ったりしつつ。

でもなんと、SLC講師とスタッフの心がけ、
事務スペースに掲示してあるSLCの方針に、
「PDCAを回す」って書いてあった!
というか、自分で書いたんだ。

この組織、回ってないな、と思ったんですね。
それで、書いたんです。

勉強でも、仕事でも、
計画したことをやってみる、
やったことを振り返る、
振り返って次の策をまたやってみる、
これが当たり前なのに、
化石化したような、全くPDCAが回らない
個人や組織というのも実際存在します。

SLCが一瞬そうなりかけた時、
やはりミスが多発し、働く人の表情が曇りました。

私は怒り狂い、全てを停止してでも、
きちんと振り返り、学び、次のアクションに繋げる組織に、
根底から作り直そうとしました。

会社の成長は売り上げではないと思います。
売り上げは単なる結果であって、
人と商品、チームの成長がなければ、会社は潰れてしまう。

そんな当たり前のことが理解できない人に、
社会人の悩みや課題に寄り添い、
共に目標達成を成し遂げることはできません。

ただの偶然かもしれない一つの成功体験にしがみつき、
同じことを繰り返せば、
また同じご褒美にありつけると思うのは、愚の骨頂です。

ということで、やっぱり社会人の基礎っていうのは、
本当に大事だなと思いました。
なんだかんだ言って、会社ってよく出来てる。

停止しない、死ぬまで常に回り続ける、自分でありたいし、
そういう組織にできる力を身につけたいです。

SLC
矢田

健全でいこう。

2016/09/20 - BLOG

SLCの矢田です。

昨日のブログで、「新規なんてどうでもいい」
について書きましたが、
やっぱり本当にそうだなあと今日も振り返りました。

新陳代謝の激しすぎるスクールは、
うさんくさいですし、
逆に、新陳代謝しないスクールは、
信者の集まりみたいで、それもどうかと思います。

「新規なんてどうでもいい」の気持ちで、
しっかり今目の前にいる生徒さんに向き合い、
その生徒さん達が社会の中でどうTOEICスコアを必要としているのか、
今、何に困っているのか、気持ちを共有しながら、
一緒に乗り越える気持ちで頑張れば、
自然に私達の気持ちも外へ向かっていきます。

自分達のスクールを大事に思うことはもちろん大事ですが、
自分達だけが正しいようなことを言ったり、
内にこもってしまうような講師はSLCには要らない。

とにかく健全であること。

健全な新陳代謝のバランスは、
私達SLCメンバーの健全さのバロメーターでもあります。

一生懸命健全に働きたいと、当たり前ですが、思います。

SLC
矢田

新規なんてどうでもいい。

2016/09/19 - BLOG

SLCの矢田です。

「新規なんてどうでもいい!」は、
私のスクール運営方針の一つです。

セミナーや説明会に来ていただける人数にこだわったり、
今月何人入ったかにこだわったりする人を、
叱り飛ばしてここまできました。

やっと、私の方針が染み渡り、
私の思うとおりに運営できるようになりました。

この規模で新規獲得にこだわっては、
必ず既存のお客様に迷惑をかけます。

この規模で新規獲得と、既存の方へ、
両方へ気持ちを配ることはできません。

「新規なんてどうでもいい」精神で、
ちょうど良く、健全な新陳代謝が生まれます。

昨日の1dayセミナー、
ほとんどの方がこれまで何らかの講座に参加いただいた方でした。

昨日からの通い合宿、
合宿に3回目のご参加の方もいらっしゃいます。

そして、SLCを選んで、何度も足を運んでくださる方から、
私達は学び、その中で自然に新規の方にも来ていただけます。

自分で作ったスクールなのに、
この理想を作るのに1年半もかかってしまった。。。

怒り狂って怖いシーンもあったかもしれませんが、
私の方針についてきてくれたり、
理解できないながらも、従ってくれたり、
そのメンバー達には感謝します。

これからも頑張ります。

SLC
矢田

やっと、インタラクティブだなあ。

2016/09/12 - BLOG

SLCの矢田です。

スクールのバランス感覚って、なかなかうまく取るのは難しいと思います。

「これが正しい方法なんだから、黙ってやれ!」も実際必要。
「生徒さんのニーズを掘り起こす、現状を把握する」これも必要。

どっちかだけになったり、どっちかに寄ってしまうと、
絶対にいけない、と思います。

このバランス感覚が、SLCは上手になってきたなと、
最近やっと思えるようになりました。

生徒さんとインタラクティブなスクールであるというのは、
単に雑談してたらいいというものではない。
本当にその方の困っていることに向き合い、
絶対に解決するという思いで、行動に繋げることです。

まあ、やっていることはいたって単純で、
自分達がやってきた勉強法、コツコツの意義を伝えること、
かつ生徒さんとちゃんと向き合うこと、
これをひたすら続けるだけなのですが、
英語学習と同じで、ちゃんと続けるっていうのが、
できない講師も多いんですよね。

英語さえできればいいというものではなく、
講師とスクールは、コツコツの意義を
全身でわかってないといけません。

スクール運営と英語学習も、根本は同じだと思うので。

シンプルな行いを、ちゃんと、心をこめて、真面目に続けること、
そうすれば、結果は得られます。

SLCはちゃんと続けることを忘れないように、
絶対にメンドクサイから逃げないように、
「行動を続けること」をひたすらやります。

私は全員そういう講師であるか、
ちゃんと見張りも続けます。

SLC
矢田

9月レギュラーコース開講しました。

2016/09/10 - BLOG

SLCの矢田です。

レギュラーコース9月開講の週を無事に終えることができました。

時間配分に課題が残りましたが、
概ね変更点はスコアアップに繋がるものだと、
実感できました。

計画だけではどうしてもピンとこなくて、
やってみて、やっと実感できます。

ちょっとずつですが、TOEICの新形式に対応するためにも、
また、講座を終了した後や、お休み期間中にも学習習慣が残るよう、
小さな変更や工夫を加えています。

やっぱり、毎週2時間SLCで勉強していただくことで、
万が一、家ではちょっとさぼってしまったとしても、
スコアは上がるようにしなければ。

意志が強くて、家でできる方には1dayセミナー、
毎週来ることで継続したい方、
また、まだ基本文法が完成していない方には
レギュラーコースや5日間通い合宿、
と使い分けができるよう、
講座の持つ役割を意識し、リニューアルしました。

レギュラーコースは途中入会も可能です。
途中からだと文法面でついていけない場合は、
文法サプリクラスを取っていただけるようアレンジします。

TOEICスコアで本当に人生は変わります。
私は物の見方も変わりました。
是非900点突破していただきたく、
これからも日々、講座を改善改良していきます。

明日は1dayセミナーです。
最近、セミナーは毎回満席です。
お申し込みいただいている皆さま
本当にありがとうございます。


SLC
矢田

才能とかセンスは、コツコツ努力の力には勝てないな。

2016/09/08 - BLOG

SLCの矢田です。

英語とは関係ないのですが、
知り合いが司法試験に合格したと、
ニュースが飛び込んできました。

大人になってからの挑戦、
どんなに大変なことであっても、
自分が決めたことであれば、
足りないことは意思の力で補えるし、
困難なことも乗り越えられますね。

でも、ここからがスタートだと思うので、
思い描いた仕事人生が歩めるよう、
陰ながらお祈りしています。

子供の時の学力なんて、やり遂げる意思があるかどうかに比べたら、
本当にちっぱけな、どうでもいいことだな、
だからTOEICは、絶対に誰でも乗り越えられるなと、
やっぱり思いました。

一方、有名な中高一貫校から東大に行き、
ずっと司法試験を受けているのか受けていないのか、
そろそろ定年近いご年齢じゃないかという知り合いも、
そういえばいた。。

「せっかくいいもの持ってるのに」って、
別に、難関資格の話ではなくても、普段の仕事でも思うことですが、
「いいもの持ってる」ってほとんど価値ないです。

今回合格した知り合いは、
「ずっと勉強しているから、座りっぱなしで腰が痛い」
と言っていました。
つまり具体的行動をしているということ。

「やるやる病」の高学歴の知り合いは、
色々と、社会の仕組みや自分の置かれた環境について批判をしていましたが、
具体的に何を言っていたのか、思い出せません。
つまり、ご本人が具体的行動として一体何をやっているのか、分からない。

一見、社会の仕組み批判のほうが、
「腰痛い」よりも賢そうに聞こえますが、
中身がうっすいです。
言い訳なのかなあ。

言い訳は、言われたほうはしんどいです。
自分のせいじゃないっていうことは、誰かになんとかしてほしいってこと。
自分から行動しない人をなんとかすることは、無理ですよ。

だから、私達の事務スペースに掲示している、
SLC講師とスタッフのあるべき姿には、
「言い訳をしない」というのもあります。
社会人はなぜ言い訳してはいけないのか、
自分が悪くないことを説明するのがなぜ悪いのか、
「物事が前に進まなくなるから」だと思うんです。

完璧な社会も、完璧な組織も、完璧な自分の人生も、
完璧なんて永遠に成立しないけど、
日々改良改善活動をしていくことのめんどくささから逃げない、
これが誠実な人間の証だと思っています。
言い訳なんかしている場合じゃない。

SLCはそうありたい。
日々改善改良、お客様視点、
社会の一員として人様の役に立つことを目標に、
そこから行動が生まれる組織でありたいです。


SLC
矢田

PAGE TOP