BLOG

PDCAって、大事だった。

2016/09/22 - BLOG

SLCの矢田です。

会社員時代、新入社員の人たちに
「PDCAを回すんだよ」って、言ってました。
言うことがルーチン化していました。

「人として当たり前じゃん。わざわざ言うことか。。。」
とか思ったりしつつ。

でもなんと、SLC講師とスタッフの心がけ、
事務スペースに掲示してあるSLCの方針に、
「PDCAを回す」って書いてあった!
というか、自分で書いたんだ。

この組織、回ってないな、と思ったんですね。
それで、書いたんです。

勉強でも、仕事でも、
計画したことをやってみる、
やったことを振り返る、
振り返って次の策をまたやってみる、
これが当たり前なのに、
化石化したような、全くPDCAが回らない
個人や組織というのも実際存在します。

SLCが一瞬そうなりかけた時、
やはりミスが多発し、働く人の表情が曇りました。

私は怒り狂い、全てを停止してでも、
きちんと振り返り、学び、次のアクションに繋げる組織に、
根底から作り直そうとしました。

会社の成長は売り上げではないと思います。
売り上げは単なる結果であって、
人と商品、チームの成長がなければ、会社は潰れてしまう。

そんな当たり前のことが理解できない人に、
社会人の悩みや課題に寄り添い、
共に目標達成を成し遂げることはできません。

ただの偶然かもしれない一つの成功体験にしがみつき、
同じことを繰り返せば、
また同じご褒美にありつけると思うのは、愚の骨頂です。

ということで、やっぱり社会人の基礎っていうのは、
本当に大事だなと思いました。
なんだかんだ言って、会社ってよく出来てる。

停止しない、死ぬまで常に回り続ける、自分でありたいし、
そういう組織にできる力を身につけたいです。

SLC
矢田

健全でいこう。

2016/09/20 - BLOG

SLCの矢田です。

昨日のブログで、「新規なんてどうでもいい」
について書きましたが、
やっぱり本当にそうだなあと今日も振り返りました。

新陳代謝の激しすぎるスクールは、
うさんくさいですし、
逆に、新陳代謝しないスクールは、
信者の集まりみたいで、それもどうかと思います。

「新規なんてどうでもいい」の気持ちで、
しっかり今目の前にいる生徒さんに向き合い、
その生徒さん達が社会の中でどうTOEICスコアを必要としているのか、
今、何に困っているのか、気持ちを共有しながら、
一緒に乗り越える気持ちで頑張れば、
自然に私達の気持ちも外へ向かっていきます。

自分達のスクールを大事に思うことはもちろん大事ですが、
自分達だけが正しいようなことを言ったり、
内にこもってしまうような講師はSLCには要らない。

とにかく健全であること。

健全な新陳代謝のバランスは、
私達SLCメンバーの健全さのバロメーターでもあります。

一生懸命健全に働きたいと、当たり前ですが、思います。

SLC
矢田

新規なんてどうでもいい。

2016/09/19 - BLOG

SLCの矢田です。

「新規なんてどうでもいい!」は、
私のスクール運営方針の一つです。

セミナーや説明会に来ていただける人数にこだわったり、
今月何人入ったかにこだわったりする人を、
叱り飛ばしてここまできました。

やっと、私の方針が染み渡り、
私の思うとおりに運営できるようになりました。

この規模で新規獲得にこだわっては、
必ず既存のお客様に迷惑をかけます。

この規模で新規獲得と、既存の方へ、
両方へ気持ちを配ることはできません。

「新規なんてどうでもいい」精神で、
ちょうど良く、健全な新陳代謝が生まれます。

昨日の1dayセミナー、
ほとんどの方がこれまで何らかの講座に参加いただいた方でした。

昨日からの通い合宿、
合宿に3回目のご参加の方もいらっしゃいます。

そして、SLCを選んで、何度も足を運んでくださる方から、
私達は学び、その中で自然に新規の方にも来ていただけます。

自分で作ったスクールなのに、
この理想を作るのに1年半もかかってしまった。。。

怒り狂って怖いシーンもあったかもしれませんが、
私の方針についてきてくれたり、
理解できないながらも、従ってくれたり、
そのメンバー達には感謝します。

これからも頑張ります。

SLC
矢田

やっと、インタラクティブだなあ。

2016/09/12 - BLOG

SLCの矢田です。

スクールのバランス感覚って、なかなかうまく取るのは難しいと思います。

「これが正しい方法なんだから、黙ってやれ!」も実際必要。
「生徒さんのニーズを掘り起こす、現状を把握する」これも必要。

どっちかだけになったり、どっちかに寄ってしまうと、
絶対にいけない、と思います。

このバランス感覚が、SLCは上手になってきたなと、
最近やっと思えるようになりました。

生徒さんとインタラクティブなスクールであるというのは、
単に雑談してたらいいというものではない。
本当にその方の困っていることに向き合い、
絶対に解決するという思いで、行動に繋げることです。

まあ、やっていることはいたって単純で、
自分達がやってきた勉強法、コツコツの意義を伝えること、
かつ生徒さんとちゃんと向き合うこと、
これをひたすら続けるだけなのですが、
英語学習と同じで、ちゃんと続けるっていうのが、
できない講師も多いんですよね。

英語さえできればいいというものではなく、
講師とスクールは、コツコツの意義を
全身でわかってないといけません。

スクール運営と英語学習も、根本は同じだと思うので。

シンプルな行いを、ちゃんと、心をこめて、真面目に続けること、
そうすれば、結果は得られます。

SLCはちゃんと続けることを忘れないように、
絶対にメンドクサイから逃げないように、
「行動を続けること」をひたすらやります。

私は全員そういう講師であるか、
ちゃんと見張りも続けます。

SLC
矢田

9月レギュラーコース開講しました。

2016/09/10 - BLOG

SLCの矢田です。

レギュラーコース9月開講の週を無事に終えることができました。

時間配分に課題が残りましたが、
概ね変更点はスコアアップに繋がるものだと、
実感できました。

計画だけではどうしてもピンとこなくて、
やってみて、やっと実感できます。

ちょっとずつですが、TOEICの新形式に対応するためにも、
また、講座を終了した後や、お休み期間中にも学習習慣が残るよう、
小さな変更や工夫を加えています。

やっぱり、毎週2時間SLCで勉強していただくことで、
万が一、家ではちょっとさぼってしまったとしても、
スコアは上がるようにしなければ。

意志が強くて、家でできる方には1dayセミナー、
毎週来ることで継続したい方、
また、まだ基本文法が完成していない方には
レギュラーコースや5日間通い合宿、
と使い分けができるよう、
講座の持つ役割を意識し、リニューアルしました。

レギュラーコースは途中入会も可能です。
途中からだと文法面でついていけない場合は、
文法サプリクラスを取っていただけるようアレンジします。

TOEICスコアで本当に人生は変わります。
私は物の見方も変わりました。
是非900点突破していただきたく、
これからも日々、講座を改善改良していきます。

明日は1dayセミナーです。
最近、セミナーは毎回満席です。
お申し込みいただいている皆さま
本当にありがとうございます。


SLC
矢田

才能とかセンスは、コツコツ努力の力には勝てないな。

2016/09/08 - BLOG

SLCの矢田です。

英語とは関係ないのですが、
知り合いが司法試験に合格したと、
ニュースが飛び込んできました。

大人になってからの挑戦、
どんなに大変なことであっても、
自分が決めたことであれば、
足りないことは意思の力で補えるし、
困難なことも乗り越えられますね。

でも、ここからがスタートだと思うので、
思い描いた仕事人生が歩めるよう、
陰ながらお祈りしています。

子供の時の学力なんて、やり遂げる意思があるかどうかに比べたら、
本当にちっぱけな、どうでもいいことだな、
だからTOEICは、絶対に誰でも乗り越えられるなと、
やっぱり思いました。

一方、有名な中高一貫校から東大に行き、
ずっと司法試験を受けているのか受けていないのか、
そろそろ定年近いご年齢じゃないかという知り合いも、
そういえばいた。。

「せっかくいいもの持ってるのに」って、
別に、難関資格の話ではなくても、普段の仕事でも思うことですが、
「いいもの持ってる」ってほとんど価値ないです。

今回合格した知り合いは、
「ずっと勉強しているから、座りっぱなしで腰が痛い」
と言っていました。
つまり具体的行動をしているということ。

「やるやる病」の高学歴の知り合いは、
色々と、社会の仕組みや自分の置かれた環境について批判をしていましたが、
具体的に何を言っていたのか、思い出せません。
つまり、ご本人が具体的行動として一体何をやっているのか、分からない。

一見、社会の仕組み批判のほうが、
「腰痛い」よりも賢そうに聞こえますが、
中身がうっすいです。
言い訳なのかなあ。

言い訳は、言われたほうはしんどいです。
自分のせいじゃないっていうことは、誰かになんとかしてほしいってこと。
自分から行動しない人をなんとかすることは、無理ですよ。

だから、私達の事務スペースに掲示している、
SLC講師とスタッフのあるべき姿には、
「言い訳をしない」というのもあります。
社会人はなぜ言い訳してはいけないのか、
自分が悪くないことを説明するのがなぜ悪いのか、
「物事が前に進まなくなるから」だと思うんです。

完璧な社会も、完璧な組織も、完璧な自分の人生も、
完璧なんて永遠に成立しないけど、
日々改良改善活動をしていくことのめんどくささから逃げない、
これが誠実な人間の証だと思っています。
言い訳なんかしている場合じゃない。

SLCはそうありたい。
日々改善改良、お客様視点、
社会の一員として人様の役に立つことを目標に、
そこから行動が生まれる組織でありたいです。


SLC
矢田

目的ってやっぱり大事なんだな。

2016/09/06 - BLOG

SLCの矢田です。

会社で、目標とか目的とか書かされるの、
正直嫌いでした。
意義が感じられなかった。

でも今、自分で会社をやってみて、
あの教育は必要だ!ってすっごく分かりました。

英語もそうですね。
目先の問題解決ではなく
人生そのものの質を上げようと思って取り組まないと、
やっぱり途中で挫折してしまいます。

会社運営もそう。
目先の収入や人数に興味がなくなる境地、
そうでないと運営なんてできない。

個人の仕事レベルでもそうだと思います。
時給で動く人間は使えません。
一つの表を作成するのだって、
思い描いたことを形にすることに喜びや、
自己実現を感じる人でないと、
まったく仕事としての価値なしです。

目的は目先のことでなく、
じっくりと何かを育てる、
誰かの役に立つ、
人に影響を与える、
そういうことを目的にしないと、
仕事にならないんだなあと、
改めて気がついた次第です。

SLCの説明会で、
英語を勉強する目的を、
目先の問題を何とかするためでなく、
人生のためと思ってほしい、
とお伝えしています。

正直、深く考えずにしゃべってたんですが、
深く考えてみても、やっぱりそうだよね、と思います。


SLC
矢田


文法サプリクラスを始めました。

2016/09/04 - BLOG

SLCの矢田です。

SLCは2年目で、毎回毎回試行錯誤しながら進んでいます。
多くの生徒様との出会いがあり、本当に多くのことを学んでいます。

中学高校で習ったことがある程度残っていて、
あとは運用力さえ高めればよい、という方は、
大変恵まれた状況にいらっしゃいます。
音読や問題量をこなすことで、TOEICのスコアはめきめきと上がります。

それとは反対に、基礎はぐらついているのだけど、
ワーキングホリデーや留学をきっかけに、
日常会話はなんとなく出来るようになっている方もいらっしゃいます。

実は、そういう場合の対処方法が非常に難しいです。
でも、絶対になんとかなるんですね。
要は「自覚」です。
自覚さえあれば、絶対に何とかなります。

悪い一例ですが、日本語教師をしていた時、
中途半端な帰国子女さんが、たまに日本語学校を訪れてきました。
日本人なんだけど、日本語も英語も中途半端、ということです。
自覚がないと、修正は非常に難しいです。
「漢字が分からないだけなんです・・・」とか。
いやいや、根本的に品詞理解も動詞の活用も全部間違ってますが・・・、
と思ったものです。

一方、大人のやり直し勉強に関しては、
SLCを訪れてくださる皆様、とても正確に今のご自身の状況を
把握していらっしゃるな、と思います。

そんな方々との出会いの中で、「文法サプリ」を思いつきました。
ご自身で弱点を把握されている方が、必要な箇所だけを補い、
ご自身で自分の英語を完成させていくための一助となればと思います。

もちろん、家ではできないから・・・、
というお声も引き続き、レギュラーコースやセミナーで、
しっかり受け止めてまいります。

SLC
矢田

今週は、9月からのレギュラーコースの準備など。

2016/08/31 - BLOG

SLCの矢田です。

来週から、9月レギュラーコースがスタートします。
色々と、セミナーをやってみての思いとか、
生徒さんがご自宅での学習でできること、なかなかできないこと、
これまでの経験で気づいたことを反映し、
1レッスンを90分から2時間に延長し、
内容も一部変更しての開講です。

今週はその準備中です。

私だけじゃなくて、SLCのメンバーが手伝ってくれます。
まあ、仕事だから当たり前と言えば当たり前だけど、
自分の事として、全員が取り組んでいること、
これが私にとっては奇跡なのです。

内部事情でお恥ずかしいですが、
開校当初しばらくは、人材に苦労してきました。

去年の今頃、いや、今年のことを考えたって、
数ヶ月前とは比べ物にならないくらい、
SLCは体制が整っています。

1年でこんなに変わるって、今までの仕事では経験したことがなく、
このスピード感に自分でびっくりしています。

そして、考えたこと、計画したことが、割と実現できているのも、
自分の力を超えた現象で、信じられないのです。

だから、メンバーの頑張りに応えるためにも、
私はしっかりしないとと、思います。

組織運営、色々ある事件事故さえ、私の糧となっています。
今は、自分にしか出来ない仕事だと思い、
本当にやりがいをもってやっています。

お客様に貢献することはもちろん、
協力してくれる人たちを絶対に裏切らないように、
健康に気をつけ、9月からも頑張ってまいります。

SLC
矢田

昨日の文法セミナー

2016/08/29 - BLOG

SLCの矢田です。

昨日はたくさんの方にご参加いただきまして、ありがとうございました。
担当講師はSLCの弘巳講師ですが、私と山口講師も質問対応として待機し、
3人で担当した気持ちです。

終わってから、なぜだか担当の弘巳講師以外の2人もぐったり。
弘巳講師は1人振り返り時間を取り、自分の中に閉じこもる。。。

私達SLCは、まだ2年目なので、毎回毎回試行錯誤の繰り返しです。

「完全文と不完全文の違いは伝わっただろうか」
「最近のPart5の傾向に合っていただろうか」

本当に、やっているときは精一杯だけど、
終わってからは、あれやこれやと「もっとできたのでは」
という気持ちが出てきてしまう、
これは前回の5日間通い合宿でもそうでした。

そして、私と山口講師で「弘巳講師、よく頑張ったよ!」
と励ましました。

よく頑張ったと思います。

私と山口講師は、もちろん解説を聞かなくとも答は分かりますが、
解説を聞くのはちっとも退屈ではありませんでした。

「斬新だった」とアンケートに書いてくださった方が数人いらっしゃったのですが、
内容の本質は、私達が中学高校と習ってきた、そのことそのままです。
でも、大人になってから、どうしてこうなるのか?と考えると、
結構斬新なのかもしれません。

答が分かるだけでなく、どんな角度から見ても、事実は一つに見えてくると、
もう文法に対して怖いものは何もないでしょう。

SLCの事務スペースに掲示している内部的目標の一つに
「仲良しクラブじゃありません。プロフェッショナル!」
というのがあるのですが、
昨日の3人の励ましあい、協力は、仲良しでありつつ、
仲良しクラブでは決してなかった。

目標は、書いて貼りだす、
かつ、心から本気であること、
これは重要だと思います。

SLCは一歩一歩、前進しています。

SLC
矢田

PAGE TOP