BLOG

SLCの10ヶ条

2017/02/14 - BLOG

SLCの矢田です。

昨年、SLCのスタッフと講師に向けた、
SLCの10ヶ条を作り、事務スペースに掲示しました。

ひとつ、魔除効果となり、大きな意味はあったと思います。

ですが当時、ある方に、
「そんなレベルですか?」
「これ書くとそんなレベルにしか人は成長しませんよ。」
とも言われていました。

当時はそんなレベルを守ってもらわないと、
スクールとして崩壊するところだったので、
んなこと聞き入れている場合じゃなかった。

お客様の前で私語をするな!茶をすするな!
さぼるな!ぼ~っとするな!
と、縛り付ける10ヶ条となりました。。。

ですが、そうご指摘いただいた方のお言葉、
今、やっと心に染みます。

なんとか地味にでも成長し、今はそう思います。

ですので、10ヶ条を変えようと思います。

自ら考え、SLCが何のためにあるのか、
お客様のために何ができるのか、
自ら考えて動ける人が集まる場所に、
これからはしていかないと。

なんて未熟な10ヶ条だったんでしょう。

また逆に、なんて私達も変化したんだろう。

時代は変わるなあ。
しみじみです。

コツコツの積み重ねで、
もっともっと変われるはずです。

SLC
矢田

TOEICマニア

2017/02/13 - BLOG

SLCの矢田です。

TOEICマニアって、ほとんど男性です。

英語が好きな女性はたくさんいますが、
TOEICの受験自体が趣味で楽しみでって人は、
あまりいらっしゃらない気がします。

ですが、新形式になって、パート3と4で、
発話の意図を問う問題が出るようになりました。

パート2も、より自然なやりとりになりました。

これは女性向けじゃないでしょうか。

そんなTOEICの英語に対して、
女性の生徒さんの質問は、鋭いです。

「この指示で部下に伝わりますか?」
「このメッセージで、人が動くと思いますか?」
「この人は立場を利用していますか?」
「この人は上から目線ですか?」

英語に関係ない・・・

ただ確かに、よ~く読むと、ご指摘の通りなんです。
文面に証拠はあります。
鋭いなあ。

そっちが気になる気持ち、私も分かります。
単なる英語による情報処理のテストだと言われても、
気持ち乗ってこないし。

もっと、もっと、意図を問う問題を、
増やしてもらえないかなあ。
できれば、笑かすような問題、作ってもらえないかなあ。

パート7でも出してもらえないかなあ。

そうすると、最後まで飽きずに読めると思います。
女性のTOEICマニアも増えるかもしれません。

考えてもらえないかなあ。

SLC
矢田

週末

2017/02/11 - BLOG

SLCの矢田です。

最近、週末のセミナーには、
新しくSLCの仲間となってくれるメンバーが、
見学にきてくれて、
とっても賑やかになりました。

週末だけでなく、平日も、
SLCの講師が増えていくと思うと、
思い描く未来に幅が出て、
企画も広がり、やっぱり賑やかです。

一段、一段、次のステージへ上がれています。

大きな目標と、一段先の目標と、
今日やるべき具体的なこと。
バランスですね。

大きな目標がないと、
今日やる具体的なタスクも楽しくないです。

地味な1つ1つのタスクが、大きな夢実現に繋がると思うと、
積み木を積み重ねたり、パズルを組み立てたりするような、
楽しい作業になれます。

スコアアップも、900点突破という目標を描き、
そのために、単語を覚える等の、
地味な作業を積み重ねていってほしいです。

地味な作業の積み重ねの先を見て、
でも先ばっかり見てないで、
ワクワクと、コツコツのバランスを持ちながら、
楽しく続けてほしいです。

楽しくないと続かないから。

私も、新しい仲間と、楽しく、ワクワクと、
SLCを育てていきたいと思います。

仲間選びの基準も、明確になりました。
SLCの10ヶ条、生徒様から見えない場所にあるのですが、
これが不思議と魔除け効果絶大で、
掲示して以来、ふさわしくない講師の応募はありません。

学校や各種組織で作られている標語、
あれは意味あるんですね!
ぼけ~っと日々無意識に見ていても、
実はものすごい効果を発揮しています。

私もSLCも成長しています。
完璧じゃないけど、確実に成長しています。

SLC
矢田

一旦休憩

2017/02/09 - BLOG

SLCの矢田です。

今週でレギュラーコース、
今タームが終了です。

2月後半からまた始まりますので、
ご参加をお待ちしております。

来週はレギュラーコースのない週で、
一旦休憩というか、
再考時間を与えてもらえるので、
今期を振り返り、来期に生かし、
今の思いや夢や野望を、
次に反映させる時間にします。

1ターム通してご参加いただいた皆様には、
本当に感謝しております。

レギュラーコースでの出会いは、
SLCの大切な宝です。

私個人としては、泣けることが何度もあり、
頑張って人生を前に進めようとされる方を、
本当に本当に尊敬していて、感動しています。

レギュラーコース卒業生企画も、
新たに登場させ、
SLCの開発したい、継続の仕組み作りも、
着手し始めることができています。

ご参加くださっている方々の、
人生を前に進めるエネルギーを見習い、
SLCも思いを前に進めます。

人生は他動詞ですので、
目的に向かって、自ら働きかけをしよう。

来週から自分の研修も始まります。
SLCに生かせるよう、頑張って参加してこよう。

SLC
矢田

人生が変わる

2017/02/08 - BLOG

SLCの矢田です。

TOEICで人生は変わるんだと、
SLCの意見として持っています。

なんと言われようと、
人生は変わります。

私は最近、
自営業が人生を変えたなあと、
感じています。

TOEICあっての自営業なので、
そもそもは、TOEICが変えたのかもしれないけど。

人間関係が変わりました。

人を信じる時の覚悟が変わりました。

単に楽しい、仲良し、じゃなくて、
一度仲間となったら、
心から信じるしかない。

人の言葉ではなく、
気持ちと行動を信じるようになりました。

口では何とでも言えるので、
口先が信じられないのは当たり前なんだけど、
危機感なくぼ~っとしていると、
適当に口先での人間関係が出来上がってしまう。

だんだんと、人の言葉は聞こえなくなり、
行動と気持ちにしか興味が向かなくなり、
そうすると、周囲の見え方が変わり、
世界が変わりました。

人生は何度でも変わるんだなあと思います。
自分が変われば、本当に環境は変わります。

ぼ~っとしていたら変わらないけど、
資格試験でも、仕事でも、趣味でも、
必死でやれば絶対に世界は変わる。

変わらないのは自分が適当だから。
周囲のせいでは、絶対にない、
と私は思います。

SLC
矢田

新講座スタート

2017/02/06 - BLOG

SLCの矢田です。

土曜日は2017年の社会科講座がスタートし、
日曜日はTOEICパート別講座がスタートし、
新しいお客様をお迎えし、
無事スタートを切ることができました。

全ての資格試験、
やっぱりやると決めたら、
人生かかっていて、
大事な時間を切り裂いて、
自分のための投資であり、
とっても、とっても大事な事です。

取り組むお姿を拝見していると、
あ~、私も何か資格の勉強しようかな~、
と、ついついあれこれやりたい病が出てきてしまいます。

いやいや私は、今は仕事に集中しないと!
と、なんとか元に戻ってこれますが、
見ていてついつい私も、って思ってしまうほど、
何かに取り組むというのは、
夢のある、ワクワクする、
魅力のあることなんだなあと思います。

その大切な時間をSLCで過ごしていただけること、
SLCを信じて、時間を費やしていただける気持ちに、
もっともっと応えていけるよう、
SLC一同頑張ってまいります。

新しい仲間との打合せも、
回数を重ね、進んでいて、
それぞれの得意分野で、
また新しい講座も作っていけそうです。

色々やっているので、時間が濃くて長いです。
1月が長くて長くて、まだ2月なのが不思議です。
年を取るにつれ、時間が長くなっていく。
長生きしそうな気がして、体力とか健康とか、
頑張ろう。

SLC
矢田

きっかけ

2017/02/03 - BLOG

SLCの矢田です。

英語やろうかな~、と思うきっかけ、
考えてみると複数回ありました。

でも、何回かは、やろうかな~、だけだったり、
やっても3日坊主で終わっていて、
きっかけが複数回蓄積されたところで、
絶対やるぞ!に変わりました。

20年近く前になりますが、
1年間韓国に住み、韓国のTOEIC熱にショックを受けました。
ショックを受けただけで、
いや~、あんなに頑張るなんて、私にはちょっと・・・、
と、しばらくはTOEICに向き合いませんでしたが、
その後数年たってから、
私もあんなに頑張るようになってしまいました。

ショック、きっかけ、衝撃、これ大事です。

どんなに色々な先生が頑張っても、
衝撃がなければ人間行動し始めない。

TOEICを受験してみてのショック、
就職活動でTOEICスコアで足きりされてのショック、
ネガティブな衝撃でもいいです。

ショックがエネルギーに変わり、
せっかくのきっかけが、行動に繋がると、
素晴らしいことだと思います。

私も何回もきっかけがありながら、
結局先延ばしにしていましたので、
あまり偉そうなことは言えませんが、
ただ言えるのは、
何回も先延ばしにしても、
いつか人はやるということ。

いつも3日坊主であっても、
いつか継続できる日がきます。

SLC
矢田

課題を意識

2017/02/02 - BLOG

SLCの矢田です。

私は記録したり、計画を緻密に立てたり、
そういったことをあまりせず、
ざっくり感覚で英語学習をやる派です。

中には、毎日の記録をつけたり、
やるメニューをしっかり書き出したり、
課題を洗い出してメモにしたり、
される方もいます。

要は、なんだって出来ればいいんだから、
自分に合った方法をつかんでいただきたいです。

ですが、他の方の方法は、
結構参考になることが多いです。

先日、ある方から聞きました。
「TOEIC受験後に課題が見つかるので、
それを書き出し、次の試験までに克服するようにする」

確かにそうだ!

受験すると、
あ~、語彙だ語彙だ、とか
あ~、読むスピードが全然ダメだ、とか、
文法問題全然分からなかった・・・、とか、
気になる箇所、抜けてる部分、ダメな自分が見えてきます。

なのに、数日たつと忘れます。

その時書くのだ!
もしくは、しっかり記憶するのだ!

これは大事なことだな、と思いました。

私は記録が苦手なので、しっかり記憶します。

「いや~、まいった・・・」だけじゃなくて、
「じゃ、次はどうする」って、
心の中でしっかり消化するだけで、
全然違う行動に繋がると思います。

一生懸命、本気でやっている方々の体験談は貴重です。
実際に成功した方法です。
成功には真似が一番。
新しい方法を考えるなんて、
よほど世の中変える発明したい場合を除いて時間の無駄。

大人になってから900点を取った人や、
講師達の体験を、シェアできる仕組みを考えたいです。

SLC
矢田

わかった!

2017/02/01 - BLOG

SLCの矢田です。

どうでもいい話なんですが、
「マークミスの直し方セミナー」
ってのもあるんだよと、聞きました。

聞いた時は「へ~」、だったんですが、
先日のテストでマークずれをやってしまった私は、
その後考え、自分で発見しました!

リスニング途中に、慌てて消すとダメです。

1行だけマーク2箇所になっちゃうけど、
気がついたところから、
ちゃんと正しい箇所にマークし始めるのです。

そして、2箇所になっちゃった箇所だけは、
どっちが本物のマークか分かる印をつけておきます。

そして、リスニングが全部終わってから、
ずれた箇所を1つずつちゃんと、
消してはマーク、消してはマークと、
落ち着いて修正する。

きっとこれだ。

と、思ったのですが、
本当はもっとスマートな方法があるのかも。

まあ、マークミスしないことですよね。

TOEICは縦だ!と思いすぎると、
リスニングのマークがそのまま縦に、
リーディングに向かってしまったりします。

また、単純に1行空けてマークしてしまったり。

笑い事じゃない。

よく仕事でポカミスする人が、
「どうして自分がそんな事したのか信じられない・・・」
って言ったりするんですが、信じろボケ!だ。

自分がどんだけアホな事するか、
認識しない人はまたやるんだから。

自分のポカミス、
やったのは自分。
対策を講じられるのは自分。

ポカミスは自然現象でも不運でもなく、
自分が犯人だと理解し、自分で対策を講じる!

そう、マークミスも偶然じゃない。
自分の間抜けさを素直に認めることで、
きっと克服できます!
(自分に言っています)

そして、自分はアホなことすると認めた上で、
ちゃんと対策を練ることです。

やらかしてしまう方は、マークミスをなくすよう、
注意深く、TOEICは縦、でも10問後には次の行、
今の番号を常に確認。

当たり前すぎることだけど、
しっかり再認識して、
真剣にマークすることです。

私は次回は絶対ミスしない!
自分はアホなことすると認めて、
対策が必要なことを認識して、
注意深くマークします。

またやったら、本当にアホだ。
でも、絶対克服するんだ。

SLC
矢田

TOEIC受験すると

2017/01/31 - BLOG

SLCの矢田です。

受験すると、突然学習熱がワーッと上がる、
って現象があるみたいです。

知らない単語でつまった!
答が見つからなかった!
読みきる体力がなかった!

そして、どうやって勉強しよう、
もっと練習しよう、最近甘かった、
などなど、学習方法で盛り上がったり、
仲間の意見を参考にしたり。

やっぱり、受験することは大事なんだ。

勉強してから受験する、じゃなくて、
受験してみて、ショックからの勢いで勉強しよう!

学習法、時間のひねり出し方、
自分に合った方法にたどりつけば、
続きます。

私は単純なのが合っていて、
緻密な計画は苦手なので、
毎日色々するのではなく、
しばらく毎日単語暗記だけ、
しばらく音読だけ、
と、ものすごく単純な勉強法でした。

そうすると、
ボーっとしながら、勉強できるんです。
楽なんです。
1つのことだけ、無心に続けるって、
ある意味休憩なんです。

仕事においては、そんな仕事しちゃいけませんね。
でも、英語だったらそれでも大丈夫。

英語の基本が大体終わったら、
あとは言葉は荒いけど、
やっぱり、「質より量」です。

(ただ、基本がまだの方は、質ですよ!
正しい理解を整えてから、量です!)

質を上げようと、勢いのつく前から、
小難しく複雑に考えるとなかなか前に進みません。

何をやるかよりも、何分やるか。
1分でも多く、時間を追加する勢いです。

なんでもいいから、
英語に触れている時間量を増やせる方法、
その方法をつかんだら、成功するはずです。

SLC
矢田

PAGE TOP