BLOG

やるのは自分

2017/08/26 - BLOG

SLCの矢田です。

一昨日は、サイトを作成いただいている会社さんと打ち合わせでした。
サイトで学べる未来の構想、各ページの改修、
などなどを取り組んでいます。

TOEICに取り組む方にとって、役に立つサイトへ作りこんでいきたいです。

アクセスしてもらえるサイトになるには、
毎日ブログを書いたり、ちょこまかと表現を改善したり、
自分で努力することが、大事。

広告打てばいい、みたいな考えは嫌いなのです。
コツコツ育てて、自力で頑張りたいです。

サイトを育てることも、英語学習と同じです。
丸投げはできない。
プロの意見、世間の意見に耳を傾け、
独りよがりにならないよう気をつけつつ、
やるのは自分。

サイトのプロも言っていました。
「下手でも自分でやることが大事」らしいです。

やり方が合ってるかどうか、悩むばかりで何もしないより、
下手でもやることです。

英語も、TOEICも。

下手でも間違っていても、
まずはやり始めないと正しい方向に向きません。

やっていれば、必ず正しい方向に、向いてきます。

SLC
矢田

TOEICのための発音&音読

2017/08/25 - BLOG

SLCの矢田です。

8月27日(日)には、TOEICのための発音セミナーも開催します。
☆TOEICのための発音1dayセミナー
8月27日(日)10:00-13:00 
3,000円(税込)

9月末からレギュラーコースとして、全8回のコースもスタートします。
今年から始めた講座で、年内は開講キャンペーン価格となります。

☆TOEICのための発音&音読コース全8回
9月30日(土)~11月25日(土)10:30-12:30 
56,000円(税込)

9月がキャンペーン価格のラストチャンスです。
ただしく発音できる音は聴こえます。
また、音読習慣は聴こえる耳をつくります。
リスニングのスコアアップに、非常に良い効果があります。

発音矯正&音読習慣にご興味のある方は、
是非1dayセミナーで講座の一部をご体験ください。

SLC
矢田

今週末1dayセミナーは、TOEIC対策パート7を解く会

2017/08/24 - BLOG

SLCの矢田です。

最近ブログに宣伝ばっかり書いています。

お勧めしたいTOEIC対策講座を揃えることができ、
「そうであれば、この講座が良いですよ。」
と言えるのが、嬉しく楽しいです。

反面、色々あって分かりにくい、というお声もいただいているので、
悩み別に、目的別に選びやすいように、表記する努力してまいります。

今週8月27日(日)は、2週間後の9月10日(日)公開試験に向け、
実践練習、特に読む練習が足りていない方、
是非パート別対策パート7へお越しください。

パート7の読み方、解き方をお伝えしております。

パート7でもしっかりスコアを獲得すべき段階にいらっしゃる方にとっては、
TOEIC公開試験前に、文章を読む実践練習は欠かせないものです。

そのために、是非活用いただきたいセミナーです。

午前にシングルパッセージ(文書が1つの問題)、
午後にマルチプルパッセージ(文書が複数の問題)を解きます。

どちらかだけの参加も、2つ通しての参加も可能です。

また今週末の1dayでは、
今後のシリーズ物のクラスを検討いただいている方向けに、
「TOEIC発音&音読セミナー」や、「構文セミナー」で、
普段の授業の一部を体験いただけます。

今週末も、SLCのTOEIC対策1dayセミナーを、
宜しくお願いいたします。

SLC
矢田


TOEICのための英文法特訓 全6回シリーズスタート

2017/08/23 - BLOG

SLCの矢田です。

8月28日(月)9月2日(土)より、
「TOEICのための英文法特訓セミナー全6回」がスタートします。
月と土、振替参加も可能です。

1日完結の「TOEICのための英文法1dayセミナー」では、
パート5を解くコツという面から、よく出る項目を、
基本文法の知識を駆使して解けるよう
構成しております。

6回シリーズでは、頻出事項はもちろんですが、
毎回絶対出るとは言えない関係詞や仮定法などについても、
丸暗記ではなくキチンと理解し定着できるよう解説し、
問題演習を行います。

毎回パート5で問われるとは限らないことであっても、
放置しておくわけにはいきません。

リスニングの中にも、パート7の中にも出てきます。

文法に関して色々ややこしい印象はあるかもしれませんが、
自動詞・他動詞、品詞、文型などがよく理解できれば、
「完全文か不完全文か」という学生時代嫌いだったかもしれない話も、
「もはや当たり前!そうじゃないと気持ち悪い」と納得でき、
関係代名詞なのか、関係副詞なのか、
仮定法過去なのか、仮定法過去完了なのか、
そんなこんなも、全然どうってことありません!

基本を積み重ねないと、余計にしんどいです。
基本事項の土台を積み上げた上に、安定した体系理解が成立します。

1dayセミナーよりも少人数ですので、
毎週たまった質問を、ぶつけていただけます。

6回シリーズの文法セミナー、
是非、ご検討いただけましたら幸いです。

SLC
矢田

2日間LとR

2017/08/22 - BLOG

SLCの矢田です。

9月から、2日間集中でリスニングだけ、もしくはリーディングだけの対策をする、
「TOEIC対策2日間集中通い合宿」を始めます。

Rを課題とする方が多いので、お問合せもRの方が多いです。

そこで、あえて「Lの宣伝」を書きます。
(もちろん、Rも自信作です)

L2日間のポイントは、
1、コツ&地道な勉強の両方ができる。
2、Lだけど、あえて精読する。
3、会話に必要な文法が整理できる。

1、コツ&地道な勉強の両方ができる。

「ちゃんと聴けるようになるためには、
読んで意味の分かるスクリプトを、
何度も自ら声に出して読むこと」

と、耳にタコが出来るくらい聞いたことがあるかもしれません。

知っているけど、そんなコツコツでは間に合わない!
そのお気持ちはとてもよく分かるので、
初日の午前には、Lを短期間で間に合わせるためのコツを習得していただき、
講座内でしっかり演習もします。

2日間にわたる「地道な精読&文法&音読」の時間をはさみ、
最終日の午後にもう一度、コツで解きます。

2、Lだけど、あえて精読する。

リスニングスクリプトをざっと理解、ではなく、
逐一品詞確認や構文を解析し、何がどうなっているのかを理解します。
リーディング対策にもつながります。
パート7を急いでざっくり読むのはまだ苦手、な方には、
リスニングセクションのスクリプトで読む練習をするのもお勧めです。

こんな感じで、本気で精読します。↓
DSCN1135

3、会話に必要な文法が整理できる。

リスニングセクションには、SVOO構文やSVOC構文が
たくさん出てきます。
パート5であまり問われることのない構文なので、
TOEIC対策としては後回しにしがちですが、
スピーキングも必要な方には必須構文です。

使役動詞makeの場合、C(補語)の位置は原形か過去分詞を置く、
でもgetの時は、原形じゃなくてtoVにして、
keepの時は、原形でもtoVでもなく、Vingだ!

と、たとえ知ってはいても、つい話す時に間違えます。
知らなかったら、もちろん絶対間違えます。

ここらへんを、再度よ~く落とし込み、意識しなおすことが、
TOEIC対策だけでなく、正確な発話へ繋がります。

リーディングスコアが課題な方は、もちろんRだけ2日間をご検討ください。
でも、Lのほうも聴いて読んで文法やって、またコツもやってと、
充実した内容となっておりますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

SLC
矢田

今週末はTOEIC 1dayセミナー多いです。

2017/08/21 - BLOG

SLCの矢田です。

週末に構文セミナーや、TOEIC英文法特訓セミナーへ、
ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

今週末、8月27日(日)は、1dayセミナーが4講座あります。

「TOEICのための発音&音読」
発音も気になっている方、是非!
TOEICのリスニング問題を使って練習するので、
発音矯正とTOEICスコアアップと、両立できます。

「TOEICパート別対策、パート7」
午前にシングルパッセージ、
午後にマルチプルパッセージと2講座に分けての開催です。
どちらかだけを受講することができます。
9月10日公開試験本番に向けて、読む練習をしたい方、是非!

「TOEICのための構文セミナー」
正しく構文解釈し、正確な和訳をします。
大量にざっくり読んでも内容が残らない、
2~3行ぐらいの英文を、しっかり、
ゆっくり読む練習をしたい方、是非!

SLC
矢田

パート5と6の対策として

2017/08/17 - BLOG

SLCの矢田です。

今週末は「英文法特訓1dayセミナー」です。
文法講義を受けながら、48個の文法問題を実際に解きます。

700点台、800点台の方にとっては、
パート5を10分以内で解くための解法を、
1日で習得いただけます。

800点台にいらっしゃる方は、
パート5は絶対に読んではいけません!

カタチでさっと見極めましょう。

また、TOEIC初心者の方や、
英文法を基本からやり直したい方にとっても、
文型とは何か、自動詞と他動詞の違いは何か、
非常に大切な基本から始めますので、
文法を勉強し直すきっかけとなります。

基本なのですが、
これが一見難問に見える問題を一瞬で解く鍵です。

パート5に、一瞬で解けない問題はひとつもないので、
絶対に立ち止まってはいけなくて、
駆け抜けるように解けるようにならなければ、
パート7の後半で時間切れます。

8月20日(日)「英文法特訓1dayセミナー」

9月10日のTOEIC公開試験成功のため、
ご参加をお待ち申し上げております。

来週末は、「パート別対策」、「発音セミナー」、
本番の前週には、「L猛特訓演習セミナー」や、
「ただ解く会」など直前対策として有効な、
各種1dayセミナーを、開催します。

SLC
矢田

Listening文法&音読

2017/08/16 - BLOG

SLCの矢田です。

Listeningのための文法&音読1dayセミナーを、
本日初開催しました。
ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

文法は、SVOCの話が中心になります。

スクリプトを精読し、音読する、
これを繰り返すことが、英語力向上に繋がる、
とっても基本的で大事なことです。

初の開催で、平日にやってしまいましたが、
開催してみて、基本の大事さを改めて感じました。

1dayセミナーでは、公式問題集のスクリプトを
全部精読することはできません。

ですが、これを全て精読し、音読したら力になる。

Lだけ2日間集中コースで、展開していく予定ですが、
読破して、音読しきれるコースも、
企画したいなあと思いました。

最近、SLCは企画力が強化されてきました。

色々な協力者が来てくれているお陰です。
一人の力はたかがしれています。
でも代表の力は大事だから、私は頑張ります。
皆さま、ありがとうございます。

SLC
矢田

精読している様子↓
DSCN1136

構文をやる意味

2017/08/15 - BLOG

SLCの矢田です。

SLCでは、「構文セミナー」というのを、
新しく始めています。

TOEICに構文の勉強が必要なのか?

このセミナーでは、一文一文和訳をして、
全員が自分の和訳を発表します。

見学をしていて、分かりました。

感覚的に構文が取れる方と、
構文の仕組みを理屈で覚えなければ、
取れない方、どちらもいらっしゃいます。

構文が取れない場合は、やはり、
仕組みをまず覚えなければなりません。

全員に必要な講座ではないかもしれませんが、
「構文で失敗して、読み違えているな」と、
日頃感じていらっしゃる方には、
必要な講座だと、今確信しています。

原則通りに読めば、ちゃんと正しく読めます。

ここまで詳しく大人向けに構文をやる講座、
ないんじゃないかと思いますので、
構文で悩んでいらっしゃる方には、
是非受講していただきたく、
9月も1dayセミナーを開催しますので、
ご検討ください。

SLC
矢田

リスニングのための英文法

2017/08/14 - BLOG

SLCの矢田です。

「リスニングのための英文法」というカテゴリーが、
英語学習の中にあるわけではなく、
文法は文法なのですが、
この度SLCでは「リスニングのための英文法」という講座を、
まずは5日間集中合宿の中で取り入れてみています。

8月16日には、1dayセミナーで開催します。

文法は文法です。
英語学習のために、わざわざ読むためとか、
聴くためとか、分ける必要は全くないのですが、
TOEIC対策をするにあたり、分けてみました。

リスニングセクションから文法事項を拾い出し、
正しくスクリプトを理解し、
完全理解したスクリプトを音読しよう!
という狙いです。

ですので、聴くためのというわけではなく、
「スクリプトを理解するため」です。

文字で読んでも、文法と語彙の力不足で、
なかなか理解できないという場合はもちろん、
読めば理解できるという方にも、
自ら文章を作り出すために、
ちゃんとその文章がどういう仕組みかを理解する、
良い機会となるのではないかと思います。

私も講義を聞いていて、
「これは自分の会話力向上に繋がるな」と感じています。

やはり、リスニングセクションには、
会話で多発する文法事項が多く含まれていて、
それはパート5や6では問われないので、
TOEIC対策の英文法としては、ついつい無視されがちなものです。

でも、そこをしっかりほじくり返し、
どういう構造なのかを見てみると、
「これで言いたいこと言える!」という、
喜びが結構あります。

今回1dayセミナーで開催しますが、
今後は集中講座の中の一部分として、展開していく予定です。

先日まで開催していたリスニング猛特訓セミナー、
また今回企画しているリスニングのための英文法、
これらをコラボさせ、調整し、
リスニングだけ集中2日間通い合宿へと、繋がります。

なんでも合わせりゃいいというものではなく、
ただのつぎはぎでは意味ありません。

でも、今回はとても綺麗な流れで、納得のいく、
コラボが出来そうで、ワクワクします。

SLC
矢田

PAGE TOP