BLOG

890点あたり

2016/12/16 - BLOG

SLCの矢田です。

あと一歩!惜しい!
みたいな時、ありますね。

私は英検一級を受験していた時、
あと2点、あと1点、そして合格!と、
本当に1点ずつ詰めよりました。

試験って、うまくできてる。
ちゃんと、少しずつ、上がるんです。

ただ渦中にある身としては、そのあと1点が、1点なんだけど、
その時は途方もなく、取れない気がする。。

あ~、苦し楽しい、面白い思い出です。

11月の試験で、惜しかった方、絶対に上がりますよ。
大丈夫です。

800点台後半と言えば、世間的に上級者です。
基本は出来ているだろうな、と思われます。

でも、その頃から、また基本の大切さに目覚めるんですよね。

900点まであと一歩の方が、
5日間通い合宿に参加してくださったことがあり、
対象レベルからは、一歩抜きん出ていたので、
内容のレベル感は大丈夫かなと、
私も最初は少し心配しました。

でも、「文法講義に参加でき、本当に良かった」
と感想をおっしゃってくださいました。

文法講義の内容は、5文型から始まり、英語の基本です。
これが、やっぱり、大事なんですね。

上級になればなるほど、基本が気になります。
そして、上級になればなるほど、また基本が分かってきます。

1つ1つではなく、全体像も見ることができるからでしょう。

新入社員で自分の仕事だけに必死だった頃から、
チーム全体が見渡せる状況になってきた感じ、でしょうか。
全体像が見えるのも、かつて1つ1つをしっかりやったから。
今、どのスコアレンジにいらっしゃっても、
1つ1つを丁寧に、基本の大事さは、どこか頭の片隅に置いて、
取り組んでいただけると、とっても良いと思います。

SLC
矢田

力が抜けた時に

2016/12/15 - BLOG

SLCの矢田です。

目標達成のノウハウ本とか、
婚活のノウハウ本とかに、
「欲しいものにしがみついている時でなく、
ふとそれを忘れたときに、手に入る。」
みたいなことが、よく書いてあります。

確かに、色々と思い返してみると、
そういうことってあり、
TOEICにも言えるのか?と考えてみました。

TOEICのことを忘れる?
スコアなんてどうでもいいやと思う?

いやいや、それはダメでしょう。

やはりですね、またSLCの方針の押し売りなんですが、
「900点を突破する!」
900点まであとちょっとの方は、
「英語に苦労しない、思ったことが言える、
人生が変わる」
を目標として、イメージするのは、どうでしょうか。

そうすると、目の前の○○点を越えないとやばい!とか、
絶対に900点欲しい!とか、
直近の目標から、ふと力が抜けて、
練習、勉強、反復に、気持ちよく取り組めるんじゃないかな、
と思います。

とはいえ、「それは後からだから言えること」とも言えます。

600点超えないとヤバイんだ~!助けて~!
苦しい~!とぎゃーぎゃー言いながら、
目の前の目標さえクリアできればいいんだ!
そこしか見えない~!ってのも、別に構わないですよ。

ぼ~っとしているのが、一番いけない。

目の前のことで精一杯な日々の中で、
自然に、ふと体の力が抜け、何かうまく回っているな、
と思えるときが、ふと来るんだと思います。

ですので、目の前のことに集中する、
かつ、できれば「900点」「人生を変える」といった、
素敵な、ワクワクする目標を見据え、
一旦見据えたら、そのことばっかり考えるのではなく、
日々の生活の中で取り組むこと自体に、
やりがいを感じられるといいなあと、
ああ、言うのは簡単だけど、難しいですよね。
でも、そうなっていくと、いい感じだなあと、思います。

SLC
矢田

ブログ読んでもらえてる。

2016/12/14 - BLOG

SLCの矢田です。

最近、「ブログを読んでいる」とか、
「面白い」とか、
あと、こんなのも、
「怒ってて面白い」とか、
「悪口書いてて面白い」とか、
ちょくちょく言ってもらえて、
「更新しなくちゃ~!」
とブロガー気分になってしまっています。

ネタ探しに日々奮闘、
というか、山口講師や生徒さん達から、
ネタをどんどこいただいています。

日々何かやっていれば、ネタは尽きないなあ。

最近SLCは、ちょっとした感動をいただくことが多く、
人の大きなエネルギーが、SLCで感じられて、
私はぞくっとしています。

何かを頑張る、何かを得る、人と協力する、
人を励ます、人生を変える、
全て人が出すエネルギー、
それが、この場でガンガン響いています。

私は、そこまで、エネルギー出していない。
なのに、ここに、大きなエネルギーがある。
自分の力を超えたものを作っちゃった。

もちろん、ちっちゃい、ちっちゃい会社なんだけど、
私の力は超えちゃったので、どうしよう。

ちょっと怖くもあり、
ものすごく、地味に、慎重に、着実に、
生徒様に、社会に貢献すべく、
とにかく地味地味、地味を心掛けて、
組織作り、仕組みづくりに励みます。
今のテーマは、とにかく「地味」です。

ブログに関しては、
いつも山口講師がTOEIC受験レポートをUPしていますが、
私も11月に真似して書いてみたら、
とっても褒めてもらえたので、
来年は私も毎回レポート書きます。
ネタ考えながら受験、絶対面白い。

SLC
矢田

12月度TOEIC L&R公開テスト受けてきました!

2016/12/12 - BLOG

SLCの山口です。

12月のTOIEC L&R公開テスト受験された方、本当にお疲れ様でした。
2016年最後のTOEICでしたね!いかがでしたでしょうか?
今年は5月に新形式導入があり、公式問題集も2冊発売され、話題の多い一年でした。
回を重ねるたびに難しくなるような気がして、来年はお手柔らかに!と願いたいです(笑)。
今回も複数の違ったフォームがありますので、
ちなみに私が受けたフォームの印象は…
今日のパート2は今年一番の難しさでした、です。

各パートの感想は、
リスニング
パート1、やや難。初中級学習者には馴染みにない語彙があったため。
パート2、激難。前半から間接的な答えが連発。易しい問題がなく、気が抜けなかった。
パート3、難。前半のセットのほうが手強かった感じ。やはり意図問題は悩ましい。
パート4、普通 前回同様の難易度。話の半ばで3問出終わるのが数セットあり。

リーディング
パート5、やや難、語彙が難しかった印象。
パート6、普通。文章選択問題は相変わらず難。
パート7、普通。文章量が多いのが普通になってしまった。
選択肢参照型問題も多し。SPで時間稼いでMPに行きたいが、なかなかそうさせてはくれない。
TOEICの問題慣れしておくといい。
私は残り57分でパート7に突入し、今回は6分前に終わりました。

個人的には最近は韓国のハッカーズが出している模試で文章量が多いパート7に慣れてきました。
おかげでスピードがついてきた感じがします。

いつもSLCでお伝えしているコツ、特に文型でMをくくりながら主語と動詞を捉えて読んで聞く方法が効果的でしたね!
SLCでは最新の傾向を踏まえ、皆様の目標達成のお手伝いができるようにしていきます。

1月のTOEIC申し込み締め切りは13日火曜日の15時です!
2月はなく、その次は3月です。1月に受けたい方は申し込みを急いでくださいね。

SLC
山口

性格いいなあ。

2016/12/11 - BLOG

SLCの矢田です。

同じクラスにいらっしゃる方の中でも
文法が得意だったり、音読が得意だったり、
自宅学習の時間が取りやすい方、難しい方、
色々いらっしゃいます。

先週のあるクラスで、
文法がまだちょっとぐらぐらっとされている方が、
文法が得意な方に、
「すごいですね。音読続ければ
あっという間に800点越しますよ!」
とおっしゃっいました。

「いい人!」

そして、SLCで私達がしつこくお伝えしている、
「まずは文法の骨組み整えて、
そこに、語彙の暗記量と音読の反復量で、
英語力を仕上げていく」
という意見を信じてくれている!

あとから、しみじみ、
「伝わっているし、伝えてくれるし、励ましてくれるし、
性格いいなあ。。。」しみじみ1人で感動していました。
有難いなあ。

私達の意見が伝わっていることも感動な上に、
私はやっぱりここに行き着くんです。

「性格いい人が、英語も仕事も絶対に勝つ!」

私は本当にそう信じています。

ある生徒さんに、
「この学校、男の先生2人、いい人だなあ~」
と言われたことがあって、
「えっ、私は。。。」そして、
「やっぱり私が嫌われ役やるしかないか。。。」
とちょっと複雑な気持ちだったのですが、
確かに、男の先生2人、性格いいです。
心の芯が強いです。

たまに、生まれたままの頭でボケ~っとしてるだけで、
自称「性格いい」人もいますが、
そうじゃなくて、主体的に性格いい人は、
絶対全てを乗り越えると、私は思うんです。

SLC
矢田

自習室制度

2016/12/10 - BLOG

SLCの矢田です。

SLCでは少し前からレギュラーコース生対象の
平日自習室制度を始めています。

段々、利用者が増えてきて、自習室らしくなってきました。

1人だと雑誌を読んだり、お菓子を食べたり、
ぼ~っとしたり、してしまうかもしれないけど、
他にも人がいると、勉強するしかない!
ということで意味があります。。

それから、SLCとしては、
人に立ち寄っていただく場所、
週末も平日も、誰かが来てくださる場所、
であることに、
とても意味があります。

スクールは、経営者や講師だけが作るものではなく、
色々な人達が出入りする中で、
自然に形作られてくる側面もあるので。

SLC、明日は社会科セミナーです。

明日TOEIC受験の方は、力を発揮されることをお祈りしております。

私は社会科セミナーの番で、今回は受験できないのですが、
来年は社会科を日曜から土曜に移動させ、
全回受験を目指します。

SLC
矢田

模試会

2016/12/09 - BLOG

SLCの矢田です。

今年も色々あったなあ~と120%満足です。

本当に、色々なことをやったのですが
1つ、日曜に開催している模試を解く会で
『自動採点システム』を使えるようになったこと
これは具体的な成果として
目に見えるものとして、
SLCの1つの魅力に繋がっていると感じます。

山口講師の発案に始まり、
山口・森下により、エクセルで開発されました。

今や、SLCになくてはならない仕組みです。

この、山口講師による模試会は、
毎回満席になる人気講座に育ちました。

2時間模試を解くのはしんどいけど
ほぼ毎回参加いただいている方が900点を突破したり
レギュラーコース受講生の方が
模試会にも出ることで、問題を解くスピードが
一段上の世界にぐっと急激に上がったり、
成果を出し続けています。

レギュラーコースの少人数制、
苦手な箇所だけのサプリクラス、
なかなか普段できない要素をセミナーで、
TOEIC900点突破のため
SLCの講座を仕組み化していくこと
まだまだ出来ることはあります。

既存の講座のもう一歩先へ進む必要性を感じています。

必要だと感じることは、その時は困難に見えても
今年を振り返ってみると、軽く超えることができた。

だからきっと、今モヤモヤしていることは
必ずこれから、乗り越えられると思います。

モヤモヤしていることが素晴らしい。
「これでいい」は最悪です。
常にモヤモヤしていなくては。

SLC
矢田

オレンジペンと赤シート

2016/12/08 - BLOG

SLCの矢田です。

文法セミナーで、弘巳講師が持ち物として指定している
オレンジペンと赤シート。

私は、
なんでやねん!って、思っていました。
赤ペンでいいやないか!とか、
そんな面倒なこと言うなら、自分で全員分買ってこい!とか、
思っていました。

先日、文法セミナーに参加いただいた方から、
「受験生の息子がどうしてオレンジ色のペンばっかり買うのか
不思議に思ってたんだけど、そういうわけか!」
と教えていただきました。

えっ!そうなのですか!!
びっくりしました。

受験生にとって、オレンジペンと赤シートは、当たり前のことらしい。
100円ショップでも、セットで売っているらしい。

全然、知らなかった。

見たこともなかった。

衝撃の事実でした。

赤シートを重ねると、赤ペンの文字はうっすら見えますが、
オレンジの文字は完全に消えます。
確かに、どっちか買うならオレンジペンです。

世間で普通と聞いて、やっと「そうなのか。。。」
弘巳講師、すみません。

SLC
矢田

人生が変わるんだ

2016/12/07 - BLOG

SLCの矢田です。

SLCは「TOEICで人生が変わる」
という意見を一つ、持っております。

普段は、「変わるよ」「変わるんだよ」の
押し売りをしているような感もあるのですが、
先日、「人生変わるんだ」と
生徒さんからお言葉をいただきました。

これまで「変わる、変わる」といい続け、
初めてです。言われたのは。

私は、実は泣きそうでした。

あ、でも、今回のことはSLCの功績ではなく
生徒さんの粘りと人徳の結果です。

その時思いました。
人生が変わったのではなく、
その方が、人生を変えたんだなと。

自動詞ではなく、他動詞だ。

私も、SLCに限界を作らない。

SLC
矢田

Mを見たらカッコでくくろう。

2016/12/06 - BLOG

SLCの矢田です。

先週はレギュラーコースの開講週でした。
どのレベルのクラスでも、文法事項は「文型と品詞」です。

文法セミナーに参加いただいた方も多く
Mが通じると、講師はとっても楽チンです。
セミナー有難いなあ。

でも、レギュラーコース内でも
山口講師と私は、文法の弘巳講師の真似をして
「あ、前置詞プラス名詞だ」「Mだね」「文型終了だな~、あとはMだなあ」
を私達なりにお伝えしています。

Mをどんなに見つめても、答は分からない。
Mを見ないでくれ~。
カッコでくくってくれ~。

心の中で願いながら、文法問題を解いていただいていますが、
つい、やっぱりMを見られますね。

あ、Mから訳しはじめてしまった。。。
あ、そこじゃないよ~。訳しても答は分からないよ~。

心の中で念じても、そう簡単にはいかないのです。
こうなったら、M見ない活動を始めたい。

山口講師と話しました。
私達が文法問題を解くとき、頭の中でどう処理をしているのか。
頭の中で何が起こっているのか。

やっぱり、結論は、絶対にMを見ない。
私達は瞬間的にSを探しているという感覚なのですが
Mを見ないことが、意識せずとも習慣になっているから
Sにまず目が行くんではないだろうか。

問題を解く時に、私達の頭の中で起こっている動きが
生徒さんの頭の中でも起こるように
お伝えしていかなければならない。

私達は一度お伝えしたら、ついつい伝わった気でいるけれど
決してそんなことはなく
何度も何度も、お伝えしなければならない。

文法セミナーで、一日中
「何を~、あ、他動詞だなあ」「あ、Mだな」
「他動詞の後ろに名詞がなかったら受動態にしよう」
「動詞の数を数えよう」
同じ台詞を一日中繰り返しています。

「朝からずっと自動詞他動詞を言われ続けて、
夕方やっと意識し出した」
というお声をいただき、
しつこさがどれだけ大事かを、学ぶことができました。

「しつこさ」、「何度も」
これをSLCの仕組みにすることも今後の課題です。

ここでもしつこく伝えさせてください。
意識をして、Mをカッコでくくる。
やはり、これはやっていただきたいのです。

SLC
矢田

PAGE TOP