BLOG

待ちに待ったTOEIC

2020/08/23 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

待ちに待ったTOEICが、いよいよ再開されるわけですが、
10倍ぐらいの倍率だったとか・・・

「えっ?みんな申し込めたんじゃないんですか?」と、
涼しい顔でおっしゃる、2回連続申し込めた方も、いらっしゃいます。

どんなに頑張っても、運いい人にはかなわん・・・と、現実を知りました。

まあとにかく、TOEICが半年ぐらいなかったということで、
日本人の英語学習時間がどれほど減ったのかを、調査してみたら、
10分の1とかになってるんじゃないだろうか。

コロナのあとはあーだこーだ、オフィス要らんとか、
色々言われていますが、絶対に英語は要ると思います。

ついでに、オフィスも要ると思います。

コロナとか戦争とか、国家的危機の時に、
日本語でしか情報が取れないのは、よろしくないと思いました。

戦争の時だって、海外がどんな様子なのか、ほんの一部でも現実に触れられたら、
もっと自分や他人の命を大事にできたんじゃないだろうか。

ほんのちょっとでも、それがちょっと過ぎて偏っていたとしても、
それでも一方的に与えられるだけの情報じゃなくて、
語学力とか、自分の努力で手に入れた知恵を使って、自力で入手する情報に、
アクセスできるかできないかで、全然違う世界観になってしまう、
世の中になっていきそうに、思えてしまいました。

SLC
矢田

運なのか?

2020/08/20 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

TOEICの受験は「どうせ無理だなあ」と、トライもせずに諦めています。

ところが、当たる人は当たるようで、
9月も申し込めて、10月も当選という、強運の方もいらっしゃいます。

強い運気を感じます。

TOEICもいつまでもこんなだと、
TOEICの座を狙う他の試験にとってかわられるかもしれませんから、
10月からは相当席数を増やしてくるんじゃないかなあと、期待しています。

TOEICみたいな試験とか、TOEIC換算スコアが出るオンラインの試験とか、
色々あるようだし、英語の学校や研修の会社が、独自の基準なんかを作っていますが、
どれもこれも、パッとしません。

「で、TOEICだと何点なの?」ってことになっちゃう。

英検ですら、「で、TOEICだと」って話になっちゃうことがあり、
英検は英検なんだ、換算なんてしようと思わないでくれ、って思います。

とにかく、TOEICが基準を作っちゃったので、そこに割って入るのは、
まあなかなか難しそうです。

そんな感じで、TOEICは絶対的な地位を確立しちゃってますから、
半年も試験が開催できなくても、割と平気でいるんじゃないだろうか。

TOEICが平気でも、こっちは平気じゃないんだ!
スコア出せって言われてるんだ!

って感じですので、本当に、本気で必死にやってもらいたいです。

SLC
矢田

模試会のお申込み続々と!

2020/08/17 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

TOEICが再開され、対策セミナーやレギュラーコースのお申込みを、続々(?)と、いただいています。
有難いです。

続々ってわけではないんですが、し~んとしていた、TOEICのない期間を過ごした後、
突然またお申込みが始まると、お返事のメールの文面を間違えたり、
あまりに久しぶりのことで、仕事が下手くそになってしまっていました。

TOEICと同じように、席数を減らして開催しますので、たぶんTOEICと同じように、
あっという間に満席になると思います。(希望)

来年以降、コロナ後の不況で、資格ブーム、資格装備で生き抜こうぜっていう感じになるかなあと想像して、
なんかワクワクします。

いや、不況にワクワクってわけではなくて、資格ブームでお客様が増えるんじゃないかっていう計算じゃなくて、
純粋に、試験対策が好きなだけです。

試験の攻略って面白いですから、より多くの方がはまってくださって、
みんなで楽しく対策できるといいなあと、思います。

SLC
矢田

フェイスマスクが届いた!

2020/08/17 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

コロナ用品は品切れが激しく、注文していた透明のフェイスマスクが、やっと届きました。

なぜか、箱がボロボロで、届きました。
中身は無事なのでいいですが、なんでこんなボロボロなるんや?と、
何が起こったのかビックリです。

とにかく、試練をかいくぐって届いてくれたようです。

秋からTOEIC再開しますので、直前セミナーなど、やっていきます。

講師がこのマスクをして、参加者の方には黙って参加いただければ、大丈夫だと思います。

是非、TOEICの抽選に当たった方、運よく申し込めた方、
対策講座をご活用ください。

きっと10月以降はもっと申し込みやすくなると思いますので、
頑張って対策して、受験して、語学力のある人生を切り開いて、
とりあえずスコアはありますって履歴書に書けて、
まあTOEICスコアで困るってことはないけどね、っていう感じになっていきましょう。

TOEICスコアに気持ちが落ち着けば、それ以外をもっと頑張ることもできます。

SLC
矢田

TOEICの点数上げたい人はいっぱいいる。

2020/08/17 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

当たり前のことではありますが、
やっぱり、TOEICのスコア「800点台ほしいなあ」とか、
「同僚が意外とスコア高くて、自分もほしいなあ」とか、
「対策してスコア取った人が、転職してった・・・」とか、
なんやかんやと、スコアに興味を持っている人は、いっぱいいます。

当たり前かもしれないんだけど、ここ最近はコロナやらなんやらで、
勉強どころじゃない雰囲気になってたので、TOEICが再開され、
またスコアアップに励む人達の風景を見ると、
「いたんだ・・・」と、思ってしまう、心に染み入る風景です。

先が見えない世の中で、「スコアは裏切らない!」と言えるかどうかも分かりませんが、
私は、おそらく、言えると思っています。

「スコアじゃないんだ」「真のコミュニケーション力なんだ」と一生言ってるだけの人は、
完全に先は見えなくなると思います。
その、「真のコミュニケーション力」とやらは、どこにもありませんから。
一生さまよっててくださいな。

反対に、具体的なスコア、資格というのは、大丈夫です。

スコアとか資格にするためには、
一度、大体全部を、いっぺんに頭に入れないといけないので、大変です。

趣味の勉強だと、そうなりません。楽なもんです。
「なるほどね~」と優雅に聞いて、次から次へと忘れます。

たとえ、1つ1つは難しいことじゃなくても、「全部をいっぺんに入れる」という状態を、
一瞬でもいいので作るってのが、めっちゃ難しいわけです。

一瞬でもできると、一気に点と点が繋がり、趣味の人とは違う次元に到達できます。

それができると、スコアとか資格という形になり、
他人様のお役に立つために、お金をいただいて、仕事として使えるスキルになります。

是非、スコアという形に、執念を燃やしてほしいです。

SLC
矢田


暑い日が続きます。

2020/08/16 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

6月7月には、「今年は涼しいのかな」と天気をなめていましたが、
今週は暑くて暑くて、本格的な日本の夏でした。

この暑いお盆期間、このビル内では小学生の通い合宿が行われていて、
毎日長時間、勉強していました。

教育がすごいのか、みんな落ち着いていて、騒ぐ人は一人もいなくて、
しかも皆仲良く過ごし、なんか品格があって、「すごい!」って思いました。

で、この勉強内容がまた難しく、通りがかりに聞こえたのは、
「国会は国権の最高機関」「はい、なんで」

えっ!理由付けですか!

で、当たった子は、何か答えてました。

中学受験する小学生、すごいわあ。

大人のほうが、
「文法なんて分からなくても、ネイティブと話してたら自然に・・・どうのこうの」的なものに逃げてるのではないか?

「品詞が分からん」とか、「なんか雰囲気」とか、「理由なんて知らん」とか、
そんなこと言ってたら、小学生に負けるじゃないか。

理由は大事です。

なんで国会が国権の最高機関なのか、答えてるシーンを聞き逃し、分からないんですが、
憲法に書いてあるからで済む話なのか、もっとなんやら難しいことを習っていたのか、
とにかくすごいなあと、思いました。

SLC
矢田

見え過ぎる

2020/08/14 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

目が悪くなったので、先日眼鏡を買いに行き、
昨日出来上がったのを、取りに行きました。

文字を読むのが楽になるかなあと思ったんですが、
読めるんだけど、そんなに楽にはならなくて、やっぱり長時間読むと疲れてしまいます。

TOEICの試験、特にパート7、あれキツイですよね。

多分、読むって作業自体、年齢とともに段々辛くなるもので、
もう仕方がないってことなんだろうと、諦めました。

だから、1日でも若いうちに、ガリ勉はしといたほうがいいです!
1日10時間勉強は、30代までだったらできるけど、40代で無理になるなという、感覚を得ました。

でも、1日10時間をやらなければならないわけではありませんから(やったら早いですけど)、
40代50代以降から、ガリ勉じゃなくて、コツコツ型で、
英語力をぐんぐん伸ばして、900点突破される方はもちろんいらっしゃいます。

一定のペースで、コツコツとやるのが大事です。

眼鏡をかけて外へ行くと、特に夜、むちゃくちゃ見えます!
渋谷スクランブルスクエアが、こんなに光ってたとは!ビックリしました。

SLC
矢田

模試会は9月からやります!

2020/08/12 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

TOEIC公開試験の申込が激戦で、申し込めなかった方が多いのですが、
以前のように、公開試験の前の週に、『公式問題集』を使った模試会を、
9月からまたやります。

久しぶりの受験に備えて、活用いただけると嬉しいです。

TOEIC、今は申込みが激難ですが、1日に2回転させてくれるようになったら、
単純に考えて席数が倍になるので、受入人数は元に戻るのでは?
と期待しています。

ただ、申込みがなかなかできないので、「この1回にかける!」という緊張感が増して、
気合が入るという、良い面もあるかもしれません。。。

でも、「今回しか受けられないから、絶対スコア取らなくちゃ!」って思うと、
緊張しそうです。

緊張しないコツは、準備をしっかりすることに尽きます。

そして、その準備が目標スコアには届かないレベルであったとしても、
自分なりに精一杯準備してると、
「今ある力を出すしかない」という落ち着いた気持ちで、
緊張せずに受験できます。

ですので、前日にさらーっと単語の本見るだけとか、
なんとなくパラパラ『公式問題集』を解くだけとか、
そういうのじゃなくて、「この単語本の前半は確実に覚えたぞ」みたいな、
部分的でいいので、自分なりのやり切った感を作って、
貴重な一回の受験にかけると、精神的にうまくいくと思います。

SLC
矢田

小学生がいっぱい

2020/08/12 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

今日も暑いですが、このビルにしては珍しく、
今週は小学生で溢れています。

どうも、中学受験のための泊りがけの合宿ができなくて、
ここで「通い合宿」をしている様子です。

みんな真面目そうで、勉強できそうです。

私は小学生の時、全然勉強していませんでした。
計算ドリルとか、全くしなかったので、今も計算ができません・・・。

受験したのは大学受験の時だけです。

当時住んでた地域では、「総合選抜」という、今はもうない変な仕組みがあって、
高校も地域で分けられて、家の近所の高校に通うことになっていました。

これが大失敗で、めっちゃくちゃ中高生の学力が下がったんです。
学区内全ての公立高校の偏差値が、30ぐらいになってたと思います。
それで、今は廃止されてしまいました。

ということで、競争がなく、高校受験もなく、全く勉強せず、
高校3年生になって初めて、神戸まで足を延ばし、予備校というものに行ってみました。

そしたら、「なんなの?」「学校の授業ってなんだったの?」とビックリ。
「物事には理屈があるんだ」と、初めて知って、ものすごい衝撃!

「これは面白い」と思い、1年間勉強を頑張ってみたら、偏差値30から60ぐらいまで成長できました。

今考えると、通った予備校は駿台でしたが、あそこでちゃんと教えてもらったおかげで今があります。
ちゃんと理由があって、点と点は繋がるんだって知れて、本当に良かった。

そして、今思い出しても、衝撃的だったし、勉強は面白かったし、楽しかったし、
あの悪しき「総合選抜」も、単に被害者になっちゃうんじゃなくて、
それをサバイブして、今があって、まあなんとかなるもんだなあと、思います。

でも、小学生からしっかり勉強するのは、いいことですね。
私はそれをしなかったので、今もちょいちょい基本的なことが分かってなく、不便ではあります。

SLC
矢田

今日は暑かった。

2020/08/11 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

夕方には少しましになってるかなあと期待しましたが、
外に出てみると、モワーっとした熱気がありました。

渋谷は案外人がいるのですが、よーく思い出してみると、
以前の渋谷は1ミリも前に進めないぐらいだったので、
やっぱり人は相当減っています。

香港のことが気になります。

日本のみなさんの助けが必要という呼びかけ。
何ができるだろう。

特に、日本語で発信していたアグネスチョウさんからは、
身近な、同じ感覚で同じ時代に生きている感じを伝わってくるので、
本当に不安になります。

やっぱり、共通の言語の伝わり方って、半端じゃない。

言葉の分からない国のことだと、どんなに独裁政権の恐ろしいニュースを見ても、
同じ時代感とか、身近な感覚とか、薄く感じてしまう。

本当に、言葉の力は強いと、思いました。

何ができるのか、途方に暮れるけど、
日本語で発信してくれていたことが、力になるように、
ずっと身近に感じて、応援して、ツイートしたり、したいです。
とにかく、もやもやと、不気味で、辛い、悔しくて、どうしていいのか分かりません。

SLC
矢田

PAGE TOP