BLOG

GWの集中講座

2019/03/09 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

今年のGWは10連休なので、5日間集中講座がやろうと思えば2回開催できますが、
間に休みは欲しいし、必要だし、さすがにそれはしません。
5日間集中と、2日間リーディング特化の講座を開催します。

連休ということで、素敵な計画をされている方も多いと思います。
楽しんでください。

連休をチャンスにTOEIC対策を一気にやってしまうというのも、一案です。
一気に集中してやるのが、向いている方もいます。

私達はもちろんGWは休まないのですが、今年も夏に一週間休みを設けるつもりです。
お盆は集中講座をしますので、7月後半から8月頭にかけて、一度休業します。

昨年はセブ島留学をして、とても良かったので、また行くつもりでしたが、
違うところにも行ってみたくなり、今考え中です。

夏までは、集中し続けて頑張ります。
集中って、大事です。
一時でも集中して、ある程度達成感が感じられれば、その後はなんとかなってきませんか。

私はSLCのサイト運営とか、YouTubeとか、昨年結構集中して取り組んだので、
今年は達成感で目標を見失い気味でした。

一度一生懸命考えて、頑張って手入れをすると、あとは単調な更新でも何とかなってしまいます・・・。

いや、でもそれではダメなので、もちろんこれからも色々考えて、サイトやYouTubeも育てますし、
一度集中したお陰で、ある程度ボ~っとしてても大丈夫なので、その分の時間で他のことを一生懸命考えています。

ボ~っとしててもある程度は大丈夫なものを育てておくのが、大事ですね。
一生一つのことを頑張り続けられるわけじゃないですから、次の目標へシフトするためにも、
今目の前のことに、今集中するのが、大事です。

英語学習もそうで、900点取ってしまえば、ボ~っとしてても、生きているだけで勉強になりますし、
900点だと人によっては若干危ういですが、950点とか英検一級ぐらいまで一度やってしまえば、
そうそう忘れたり、下がったりはしません。

ボ~っとしてても、外部からの刺激で勝手に実力がつきます。
ただ、家の中にこもってるんじゃなくて、外部からの刺激がある場所にいないとダメですが。

SLC
矢田

TOEIC公式問題集を解く会

2019/03/06 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

いつも公開試験の前の週の日曜日に、解く会を開催しています。
2時間解いた後に、山口講師の解説があります。

ここ最近、この会での平均点がとても高いんです。
800点を超えています。

「900点超えてるでしょう」と思われる方も複数名様いらっしゃいます。

理由は簡単で、勉強しているからにほかなりません。

普段からやっている気配が感じられる表情で、参加いただいています。
やっている人に神様は微笑みます。

世の中、なんだかんだとやらない人が圧倒的に多いので、
ある一定を超えた努力に達すると、
「周りがサボりすぎて楽勝だ」という次元になります。

そこまで頑張りましょう!

SLC
矢田

試験中はリズム崩さず

2019/03/05 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

今週はTOEIC公開試験ですね。
私は久しぶりに、今回受験をパスします。
ちょっと寂しい気持ちです・・・。

でも、ちょっと受験を離れるのも、すごく大きな気分転換で、客観的に受験を考える機会になりそうです。
もう既に客観的な気持ちになっていて、試験中のリズム感を、客観的に思い出しています。

どうも、いつも無意識に、リズムを一定に保っています。

分かる問題も、分からない問題も、かける時間が常に均等です。
厳密に言うと、「何だこりゃ?」と思う問題だと5秒ぐらい多めにかかっているかもしれませんが、ほぼ同じです。

分からなくても、1問を同じ秒数でさばくと、一定のリズムが保てます。

と書いてみて、あまりに当たり前のことで、当たり前だったなあと思うんですが、
「リズム一定にしてね」と言っても、一定にしてくれなかったりするので、
「同じ秒数をかけてね」と言いたいのです。

それから、分からない時に思い出そうとしてはいけません。
思い出す力は、この試験に不要です。
アナタは思い出せるか?という力を問おうとはしていないのです。

考えるほうが、まだましです。
意外と、1秒間でたくさん考えて、バシッと決まることもあります。
人間の脳って、火事場のくそ力があります。

客観的な気分になって、「同じ秒数」「思い出さない」「1秒間でグオーって考える」
というのが、大事だよなと、思いました。

是非是非、一定のリズムを大事にしてください。
5分、10分止まってしまうと、あっという間に、残り時間が5分か10分ぐらいになってしまいます。

SLC
矢田

向き不向き

2019/03/04 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

物事には向き不向きがあって、私は会社員より商売人が向いてました。
勉強にも向き不向きがありますが、仕事ほどではないと思います。

この仕事が苦手だと分かっている人に、分かっている上で、
それでも人間関係上、頼むしかない状況は、とってもメンドクサイです。

出来上がらないことを想定して、自分でも自分の仕事と並行して進めておかなくちゃいけないし、
失敗すること、もしくは放置されることを想定して、
進捗状況を失礼にならない程度に、見張っておかなくちゃいけないし。

夫婦で仕事をしていると、そんな気を使う必要はないので、
我が夫、矢田弘巳さんには、授業と掃除だけ頼んで、あとは私がやっています。

出来ない仕事を出来るようにする必要は、全然なくて、出来ることをやるのが良いです。

教育には限界があって、出来ない仕事は怒っても叫んでも、絶対に出来るようにはなりません・・・

ただ、勉強となると、あくまで仕事と比べればですが、向き不向きはそこまでじゃないと思うんです。
努力でカバーできる部分が、まだ少しはある気がします。

理系男子に多い、「英語はトラウマ」ですが、
「地方の国立大学だったら二次に英語要らないとこあるので」
「就職も英語の試験ないとこあるので」
「筆記試験の英語ゼロ点でも採用されたので」・・・などなど、
英語を避けて生きる方法に、詳しい方がいらっしゃいます。

でも、永遠に避けて通ることができなくて、TOEICを受けることになるんですが、やってみると、
得意になる方、好きになる方、好きになりすぎて逆に英語のことをあれこれ教えてくれる方、います。

不得意な勉強を頑張っても、誰にも迷惑かけないので、思いっきり頑張れますよ。

仕事の場合、本当に、不得意なことはやめてほしい。
無理することは、ないと思います。

自分に出来ることをして、どんなに探しても1つも出来ることがなかったら、
もうそれは本当に仕方ないので、誰かに助けてもらえばいいです。

「苦手なことを克服する」パワーは勉強に集中させ、
仕事においては、「いかに自分の適性を見極めるか」に集中していったほうが、
全体の効率が上がる気が、するなあと思います。

だから、勉強は苦手でも頑張ったほうがいいと思います。

SLC
矢田

2019/03/02 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

暖かくなってきました。

3月16日(土)は、英文法と構文の短時間のセミナーを開催します。
3月17日(日)は、新セミナーでパート6対策、
3月21日(祝)は丸一日使う英文法のセミナーを開催してまいります。

英語の土台となる英文法や構文のセミナーは、
これから試験対策を始めようと考えていらっしゃる方に、お役に立てると思います。

3月は1日セミナーが多めの月です。
是非、ご活用ください。

渋谷ですが、桜丘坂という、花見ができる場所が一応あります。
毎年気がつくとシーズンが終わっているんですが、今年は行ってみようと思います。

SLC
矢田

単純なこと

2019/02/27 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

毎週末開催しているTOEIC対策セミナーは、大体いつも満席となり、本当にありがとうございます。
とても、とても、嬉しいことです。

自営業を続けるにあたり、本を読んだり、セミナーに行ったり、キミアキ先生のYouTubeを見たり、しているのですが、
去年参加して具体的な成果としてとても良かったなと思うのが、とある先生の「セミナー集客方法」の半日講座でした。

そこに参加した後から、HPを通してセミナーに申し込んでいただけることが、増えました。

すごく単純な話です。

その講座内容はとても腹落ちし、お客様の気持ち、お客様が講座を選択する際の検討する順番など、
こちら側の都合ではなく、お客様にとって気持ちの良い情報のあり方が、
「なるほど!」「確かに!」と、スッと入ってきました。

すごく単純なことなので、結果的には自分でも思いつきそうなことではあるんですが、
それを言うとコロンブスの卵で、絶対に自分では気がつけなかったことなんだと思います。

やったことは、大したことではありません。
その講座をふまえて、HPをちょっとだけ変えたり、更新の際に工夫したりしましたが、
多分、変化に気がついているのは作業している私だけで、目に見える大きな変更を加えたわけではありません。

腹落ちしたことを、実行するという単純なことが、やっぱり一番です。
一番腹落ちした講座が、一番効果があったという、とても単純な結果です。

だから、言われた通りにやるとか、納得いかないのにやるとか、ダメなんですよ。
腹落ちする理論に出会ったら、それを自分の手でやることだと、思いました。

英語学習もそうあれたらなと、思います。

やらされて、強いられて、うまくいったりしません。
「なるほど!」「そうやれば、こうなりそうだ!」と、腹落ちしていただくことが、大事です。

そしてその理論は、別に奇抜なことでも、大そうなことでもなく、
誰でも気がつくんじゃないかと思うくらい、地味なことです。

つまりはまあ、「文法理解して、単語覚えて、音読してね」だけなんですが、
でも、この地味なことに腹落ちしていただくことが、とっても大事だなと、
セミナー集客講座のことを思い出し、改めて思いました。

単純が一番ですよ!!!
TOEICのうんちく長々としゃべったり、ややこしい学習理論を長々としゃべったりしているのを聞いても、意味ないです。

SLC
矢田

コーチング・・・

2019/02/26 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

YouTubeのチャンネル登録者が1,000名様を超え、とても、喜んでいます。

500名様を超えたあたりで、1,000人という目標は可能だと、見えてはきましたが、
10名、20名様の時には、1週間で1名増えるかどうかで、ほとんど反応はなく、
1,000人なんて、そんな目標は実現可能なのか、全く不可能なのか、
全然分からなく、でもとりあえず、目標1,000人と定めて、やってみました。

なんでも最初が大変で、まずは習おうと、YouTubeの始め方セミナーに行ったり、しました。
そして、色々なチャンネルを見て、方向性を調整し、今に至ります。

私が参加したYouTubeの始め方セミナーはとっても良かったです。

ところで、ふと耳にしたのですが、YouTubeのやり方を教えるサービスも乱立し、
コーチングもあるらしく、???と、なりました。

励ましたり、伴走しながら、投稿を続けられるようサポートしてくれるそうですが、
コーチ付けてまで、継続しないといけないことですか?

そういえば、英語にもコーチングのサービスがありますが、私は要らないと思います。

確かに、人間ですから、意思の力が足りない場面はありますよね。

夜どうしてもお酒を飲んでしまって、その後勉強できない。
どうしてもテレビを見てしまう。
どうしても、ぼ~っとしてしまう。

そんな時、毎日管理監督してもらえたら、シャキッとするかもしれません。

でも、自分で律しましょうよ~、と、私は思います。

SLC
矢田

1000人!

2019/02/25 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

YouTubeチャンネル登録者数、目標の1,000人に到達しました。
登録してくださった皆様、毎日視聴してくださっている皆様、本当にありがとうございます。

初めてTOEIC900点台に乗ったとき、数字をしばらく見つめて、喜んでいましたが、
チャンネル登録者1,000人も、数字を見ているだけで嬉しくなります。

目標を達成したので、今後はただとにかく、続けます。

さて、カレンダーを見てみると祝日などの関係で、
3月はほぼ全ての1dayセミナーを1ヶ月内に開催する予定となっています。

4月~5月にかけては、カレンダーの都合で1dayセミナーの開催は減ります。
そのかわり、短期集中講座を開催します。

1dayタイプがご都合の良い方は、是非3月のセミナーをご検討ください。

SLC
矢田

英文法のDVD

2019/02/23 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

年末年始に撮影し、1月にDVD化した英文法講座、少しずつ買っていただけ、地味に、売れています。

ありがとうございます。

この企画は、自分でも「買ってもらえるかな?」と、売上に繋がるかどうかの自信は全然なく、やってみました。
もしかしたら、全く売れないってことも、想定していたのですが、地道に毎週数枚買っていただけ、有難いです。

仕事は、仮説と行動の繰り返しですが、最近大ハズレはしないなあと、ちっちゃく感動しています。

このDVDは、「遠くて都心までセミナーなどに行けない」というお声を伺い、やってみました。

ご要望にお応えしているだけで、売れたりはしないんですが、今回は売れなくてもいいと思ってやってみました。
「そうだね」と思うお声には、応えていけばいいんだなと、当たり前なんですが、思いました。

英語が出来ればTOEICスコアは自然についてくるのと同じように、
お客様のお声に応えていれば、自然に買っていただけるようになるといいんですが、意外と難しい。

ですので、「英語力を上げればスコアは取れる」というのも、言うは易し、なんでしょうね。

でも、その言うは易しをやるっきゃないと、思います。

真面目にやってみれば、まあ大体、英語力=TOEICスコアだねと、思いますから。
でも、やってみないと、あーだこーだ複雑な事を言いたくなるんですよ。

商売も同じで、
やってみると、段々と、シンプルに考えられるようになってきました。

SLC
矢田

好きなユーチューバーさん

2019/02/20 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

先週、好きなユーチューバーさんについてブログを書いていました。

昨日、好きなユーチューバーさんが、
ネットストーカー被害で困っているとう投稿を拝見し、心が痛いです。

私も、自分が、ではないのですが、家族が、
とある人物からしつこく追っかけられた経験があり、
一度、ちょっとでも要望を聞き入れてしまうと、
追っかけは止まらないというのが骨身にしみたことがあります。

その時、私が学んだ教訓が、どなたかの参考になれば・・・。
(なるだろうか・・・)

「あっち行け!」じゃ、行きません。

逃げても、追っかけてきます。

逆転の発想が必要です。

そう。追っかけたら、逃げます!

恋愛と逆の理論です。

逃げる男を追っちゃダメだ、と言いますよね。
更に逃げますから。

逃げてほしいんだから、追っかければ、逃げましたよ。

ただ、ケースバイケースです。

くれぐれも、自分達の安全第一で、行動してほしいです。
私も、大げさに言うと、その時は命の危険を感じました。

警察も、現行犯じゃないと逮捕してくれないし、
自分で家族を守らなくちゃいけないので、常に武器を持ってました。

でもですね、そんなに怖かったはずの、何をするか分からなかったはずの相手が、
私が追っかけたら、逃げたんです。

こっちが逃げている限り、相手にとっては、代わりはなかなかききませんので、
逃げても逃げても、ありとあらゆる手段で追っかけてきます。

本当に不思議なんですが、「攻撃は最大の防御」は本当で、
追っかけて、攻撃すると、突然「もう来るな」ですよ。

いや、こっちが「来るな」って言ってたんですけど(キョトン・・・)、という感じになりました。

SLC
矢田

PAGE TOP