BLOG

新しい時代

2019/05/01 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

SLCでは5日間集中講座を開催中なので、平成最後の日については無意識状態でした。
でもなんか、時代の切り替わりが、本当に色々変化している真っ最中に起こって、
確かに「変化」を感じるなあと、思ったり、しています。

「変化」をひしひしと感じるのは、自営業を始めたからに他なりません。

もし、今も前の会社で会社員をしていたら、あまり変化を感じなかったと思います。

ところが、こんな小さい会社でも、自分でやってみると、
めっちゃくちゃ、「変化」に敏感になる必要あるじゃないですか!!!

開業して4年目ですが、4年間でビジネス環境はめちゃくちゃ変わりました。
こんな小さな会社で、ビジネス環境なんて言うのどうかしてますが、
でも、そうとしか言えません。

同じ手法に1年以上も固執したら、もうおしまいです。

「昔からそうだから」なんて言ってる場合じゃない。
そんなこと言った瞬間、会社潰します。

だから、大企業大丈夫かな・・・って思うんです。

以前の会社も、どう考えても、めっちゃくちゃ「変化」に疎かったですし。

自営業は楽しいです。ワクワクします。
競合他社さんよりも、ほんの少しだけ、「変化」を意識するだけで、
たったそれだけで、コスト削減も集客力も、すごく向上させることができます。

自分の努力次第で、ちょっとした前向きな変化を生み出すことができて、
すごく楽しいので、令和の時代は、こんな働き方も普通になるといいなあと思います。

SLC
矢田

予備校の先生

2019/04/30 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

YouTubeの中で、ある塾の非公式チャンネルが炎上していて、
あらら~っと思いつつ、状況を眺めています。

とある「授業をしない」が売りの予備校の騒ぎですが、
私が思うに、やっぱり、授業はしないといけないと思います。

その炎上中の動画、途中まで見ましたが、胸糞悪くて止めました。
学歴で他人をバカにするネタです。アホらしい。

予備校講師は、私の知る範囲で、めちゃくちゃ、性格が悪い人が多いのです。
(いい人も、たぶんいます)

その性格の悪さとか、社会性のなさとか、人間性の欠陥は、
「超実力主義」ってとこで、ギリギリ、バランスが取れているんだろうから、
やっぱり、授業で実力を発揮して、認めてもらう他ないと思うんですよね。

私はある事件をきかっけに、我が夫の矢田弘巳には、
「予備校業界で友達作るの禁止」にして、
「予備校への出講も禁止」にして、
SLCでだけ、仕事を与えてきたのですが、
昨年ふと、「高校生向けの授業も復活させよう」と考え、
今年からYouYubeの中で、授業を展開させています。

代ゼミが社会人教育を施してくれなかったので、
私が再教育しているのですが、私ももうくたくたで、
「全部禁止!」にしたほうが、ずっと楽で効果的なのです。

また、YouTubeのお陰で、内職の仕事ももらえそうなので、
そういうので、平和に暮らしていこうと思います。

SLC
矢田

100人!

2019/04/27 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

高校英語のYouTubeチャンネルが、登録者100名となりました!
登録してくれたり、視聴してくれたり、皆様ありがとうございます。

100人に届いたということは、方向性は概ねOKだと思うので、
このチャンネルも引き続き動画を増やしていきます。

100人になるのに4ヶ月かかったので、年内に1,000人達成は可能だと思います。

今年度受験の方にも役立つよう、コンテンツを増やしていきます。
高校生の時の、1つの講義、1つの説明での気づきって、一生の学力に繋がるので、
すごく、すごく、大事だと思います。

大学受験のための英語の勉強は、たとえ大人になってから英語を使わなくても、
無駄じゃありません。

英語の勉強を通して、道理を考えたり、物事の関係性を考えたり、
主観なのか客観なのか、主なのか従なのか、絶対なのか相対なのか、
考える習慣がつきますので、10代の勉強は、英語じゃなくてもいいけど、
大人になってからトンチンカンなことを考え出さないために、
ものすごく大事なことだと、大人になってから、すごく感じています。

SLC
矢田

YouTubeの視聴方法

2019/04/22 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

しばしば、「見たい動画がみつからない」とか、
「過去の動画を見たいのに、出てこない」とか、
伺うことがあり、「なんで・・・?」と思っていたところ、
最近分かりました!

おそらく、偶然任せで視聴している方が多いんだと思います。

ロゴをクリックして、チャンネルの中に入ると、
過去の動画が投稿順に並んでいるページや、
リスト化されているページがあるので、そこから選んでください。

YouTubeは、チャンネルというのがあって、
投稿する人が、1つか、人によっては複数のチャンネルを運営していて、
その中に投稿していく仕組みです。

頻繁に視聴していると、よく見るチャンネルの動画がお勧め動画に出てきて、
運任せでも、自分の探しているものが割りと見られるのですが、
「この投稿者の動画を全部見よう」と、もし思ったら、
チャンネルの中に入ると、全部見られます。

特に、高校英語のチャンネルは、易から難へと、
学習ペースに合わせて視聴してもらおうと、
再生リスト化しているので、その順番で見ていただけると有難いです。

SLCのTOEIC対策チャンネルは、順番に大きな意味はないので、
出てきた順番に、見ていただければと思います。

SLC
矢田

勉強は思ってる通りにいかない

2019/04/19 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

次のTOEIC試験までに、この単語本を覚えて、
過去の公式問題集を、ちゃんと2時間で解いてみて、
英文法の原則を覚えて・・・

と、自分なりに計画をしていても、
仕事に追われたり、試験に追われたり、
いつの間にか予定に追われて、
思っていることの半分も消化できていなかったり、します。

ですが、自分で思っていることの半分くらいはバカみたいなことなので、
消化できなくても全然問題なく、
思ってた通りにいかない、追われている時こそが、成長の時だなと、思います。

思い通りに、綺麗に予定がこなせても、実力がつくとは限りません。

それよりも、追われながら、試験当日に大反省しながら、力はついてきます。

時間の管理のしかたや、時間がない中で優先順位をつける方法や、
やらなくてもいいことを切り捨てることが、どんどん出来るようになります。

思ったとおりに進まないほうが、いいんです。
その刺激が、必要なんです。

仕事もそうではないでしょうか。

思ってるとおりに進んでは、成長なんて、絶対しませんので、
思い通りに進まないことに、ストレスを感じなくて大丈夫で、
なんとかなると思って、試行錯誤しているうちに、
意外と思ってたことが、消化できていたりします。

追われまくって、わけがわらなくなっても、
要は諦めなければ大丈夫だと、後からよく思うので、
理想のペースで進めなくても、悲しんだり、自暴自虐になったり、
諦めたりしないで、楽観的に進んでいただければと思います。

SLC
矢田

GWや夏の短期集中講座

2019/04/17 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

GWの短期集中講座は、5日間と2日間、どちらも満席となりました。
お申込いただきました皆様、ありがとうございます。
集中して頑張りましょう!

また夏にも開催します。
今年は去年ほどは暑くならないでしょうから、夏も頑張りましょう。

ところで、個人的な達成感ですが、
「TOEIC」や「短期集中」のキーワードでグーグル検索すると、
SLCのwebsiteが割りと上位に上がってくるようになりました。

今年は早い時期からGW講座の席が埋まっていったのは、
きっと、そのお陰もあると思います。

多くの方に見つけてもらえて、とても嬉しいです。

去年は、短期集中講座のページの検索順位が、
まだ5ページ目とか、6ページ目とか、だったのですが、
今年に入って急上昇しているのは、
コツコツとブログを書いたり、YouTubeで発信し続けた成果だと思います。

ずっと昔からあるスクールさんより、上位に行きたいとは思わないけど、
まとめサイトに負けているのは悔しいので、
グーグルのロボットさんかAIさんかに、まとめサイトよりも役立つ情報だと判断してもらえるように、
サイトの中身とか、動画配信とか、更に、もっと、頑張っていこうと思います。

コツコツは、絶対に実ります。

SLC
矢田

2019年4月度第239回TOEIC L&R公開テスト受けてきました!

2019/04/14 - BLOG

SLCの山口です。

本日のTOIEC L&R公開テスト受験された方、本当にお疲れ様でした。
平成最後のTOEICでしたね。点数も大盤振る舞いしてくれればいいのに(笑)
東京は曇り空、私の試験会場の郁文館夢学園の教室はひんやりしていて、リーディングから暖房が入りました。
音量はやや小さめだったかな。

さて、今回の感想にいきましょう。
今回も複数の違ったフォームがあり、人により難易度の印象がかなり異なるようです。
私は15:01終了で、最初の写真は、通りを掃く人でした。

その印象は…
リーディングは標準的なレベルだったかな?です。

各パートの感想は、
【リスニング】
パート1、普通。最後の人のいない写真が難でしたね。
パート2、やや難。ステイトメントの返答は難。後半のOR問題もひねりが効いていた。
パート3、普通。3セット目の選択肢が長くリズムを崩した人もいたと思います。意図問題は選択肢が巧妙で難。
パート4、やや難。設問と選択肢をしっかり見てから聴くのに集中できれば対応できますが、拾い聴きだと苦しいですね。地図問題はどんでん返しがありましたね(笑)。

【リーディング】
パート5、難。語彙問題と前置詞問題が難しかったと思います。
パート6、やや難。文法問題に難問がありました。文挿入は相変わらず手強いです。
パート7、普通。3月の難問題に比べると内容が頭に入りやすい問題だったと思います。それでも記事問題と長めのEメールは難しかったですね。

平成最後は自身104回目のTOEICでした。
3月は時間が足りずメロメロでしたので今回は気合いを入れて集中しました。
問題の難易度も味方して今回は10分前には終了し見直しできました。
パート5で悩んだ2問、1つ外したかもなあー(涙)。
最近は目が悪くなって紛らわしい単語を見間違うことが増えています。
5月令和最初のTOEICも頑張ります!

SLCの模試会は公式問題集4をやっています。
まだ解いていないという方は是非ご参加下さい、お待ちしております。
TOEIC前週の日曜日に実施中です。
最近満席になることが多いのでお早目の申し込みお待ちしております!
日々の山口の活動はぜひTeachersのページのリンクからご覧下さい。

SLC
山口

映画が分かるようになりますか。

2019/04/13 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

時々、「TOEIC900点を取ったら、映画が字幕なしで分かるようになりますか」
と、質問をいただきます。

残念ながら、「なりません」。

でも、900点の力は、仕事で使うには、すごく役立ちます。

ネットなどで、「900点取ってもスラングとか分からなくて、意味ない」と、
TOEICをバカにした意見を、ちょくちょく目にしますが、そういうのを見たら、
「この人、働いたことないんだな」と、思えばいいです。

日本にいる海外の方でも、そうですよね。
飲み屋街で、「チョー、ヤバクネ」とか、友達との会話で自然に覚えた日本語をしゃべっている人、
もしくは、
仕事の場面で、「トウメンノ、アイダハ、ソレデ、イキタイト、オモイマス」とか、
若干不自然な発音でも、勉強して獲得した語学力を使う人、
どっちが何かを解決して、何かを生産する人なのか、考えてみたら、後者になりたいです。

でも、映画も分かるようになりたかったら、最低限の耳作りのために900点を取って、
その後、生の英語をたくさん聞けば、
まず、ちゃんとしゃべってくれる昔の映画から、分かるようになりますので、
まずはTOEICリスニングセクションで450点以上取れる、力をつけましょう。

リスニングは、映画が分かるよりも、TOEICのほうが、ずっとずっと、ハードルが低いですよ。

SLC
矢田

マイペースは停滞ペース

2019/04/10 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

スタディサプリのCMで、やたら「3分」と耳にするので、ふと思いました。

中に登場する関先生が、3分でいいなんて、思ってるわけなくねえか!!
と、私は強く、強く、ツッコミ入れたいです。

スタディサプリに限らず、しばしば、
広告やパンフレットを作っている人と、中に登場する先生の認識に、
結構大きなズレを感じるんですが、
私は中に登場する先生の認識のほうに、共感して、広告は無視します。

じゃ、広告って何なの!って、なんだか悲しくなりますが、
集客のためにはキャッチーな言葉が必要で、仕方がないのでしょう。

目標を達成したい場合、綺麗にメイクしたり、友達とお茶したり、
素敵な生活を続けながら、両立は無理です。

傷だらけになってでも、達成する気持ちが必要で、
3分なんて言ってる場合じゃないわけです。

自分に負荷をかけるペースを決めて、多少身体を痛めても、傷を負いながらも、
そのペースになんとかついていく、という姿勢が絶対に必要です。

その上でこそ、10分しか時間が取れない日があっても、
その一日を大事に、10分の隙間時間であっても、前進することができます。

3分も10分も大事です。
でも、小刻みな3分からは、願う結果は生み出せないと思います。

SLC
矢田

英語をやっといて良かった。

2019/04/09 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

英語学習を、TOEICであれば900点以上、英検であれば一級以上、
そのぐらいまでちゃんと勉強しておくと、ああ良かったな、と思うことは、
もちろん多々あるはずです。

「ない」って言う人々もいますが、
そういう人達って、勉強や資格の結果に対して、何か楽ができるとか、得ができるとか、
そういう成果を期待しているんだと思います。

どんな羨ましくて輝かしい資格にだって、「取ったら楽できますよ」という特典は、
残念ながらないので、期待しても期待は外れてしまいます。

勉強の成果を資格で残しても、楽できたり、得したりすることは、
全然ないですが、色々な場面で「やりたいように出来るな」と感じます。

勉強したいことが、もっと勉強できるし、
分かりたいことを、もっと簡単に分かることができます。

英語で書いてあることが読めるからではなくて、
むしろ日本語で説明されたことが、英語学習の経験があるからこそ、
「ああなるほど」と、分かることがあります。

「通じる喜び」って、子供っぽいと思うのです。

10代、20代の頃は、私も「英語って通じるんだ!」ってところに、
確かに、喜びや勉強のやりがいを感じましたけど、
旅の指差し会話本だって通じるんだし、語学の勉強して通じるのは当たり前。

英語でも何でもいいんですが、一つ体系を頭に構築した経験があって、
コツコツ努力した経験があってこそ、
初めて分かる人の話とか、人の経験談とか、あるので、
経験したからこそ分かることを増やしていけるのが、
こういう努力の醍醐味だよね、と思います。

SLC
矢田

PAGE TOP