BLOG

1000人!

2019/02/25 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

YouTubeチャンネル登録者数、目標の1,000人に到達しました。
登録してくださった皆様、毎日視聴してくださっている皆様、本当にありがとうございます。

初めてTOEIC900点台に乗ったとき、数字をしばらく見つめて、喜んでいましたが、
チャンネル登録者1,000人も、数字を見ているだけで嬉しくなります。

目標を達成したので、今後はただとにかく、続けます。

さて、カレンダーを見てみると祝日などの関係で、
3月はほぼ全ての1dayセミナーを1ヶ月内に開催する予定となっています。

4月~5月にかけては、カレンダーの都合で1dayセミナーの開催は減ります。
そのかわり、短期集中講座を開催します。

1dayタイプがご都合の良い方は、是非3月のセミナーをご検討ください。

SLC
矢田

英文法のDVD

2019/02/23 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

年末年始に撮影し、1月にDVD化した英文法講座、少しずつ買っていただけ、地味に、売れています。

ありがとうございます。

この企画は、自分でも「買ってもらえるかな?」と、売上に繋がるかどうかの自信は全然なく、やってみました。
もしかしたら、全く売れないってことも、想定していたのですが、地道に毎週数枚買っていただけ、有難いです。

仕事は、仮説と行動の繰り返しですが、最近大ハズレはしないなあと、ちっちゃく感動しています。

このDVDは、「遠くて都心までセミナーなどに行けない」というお声を伺い、やってみました。

ご要望にお応えしているだけで、売れたりはしないんですが、今回は売れなくてもいいと思ってやってみました。
「そうだね」と思うお声には、応えていけばいいんだなと、当たり前なんですが、思いました。

英語が出来ればTOEICスコアは自然についてくるのと同じように、
お客様のお声に応えていれば、自然に買っていただけるようになるといいんですが、意外と難しい。

ですので、「英語力を上げればスコアは取れる」というのも、言うは易し、なんでしょうね。

でも、その言うは易しをやるっきゃないと、思います。

真面目にやってみれば、まあ大体、英語力=TOEICスコアだねと、思いますから。
でも、やってみないと、あーだこーだ複雑な事を言いたくなるんですよ。

商売も同じで、
やってみると、段々と、シンプルに考えられるようになってきました。

SLC
矢田

好きなユーチューバーさん

2019/02/20 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

先週、好きなユーチューバーさんについてブログを書いていました。

昨日、好きなユーチューバーさんが、
ネットストーカー被害で困っているとう投稿を拝見し、心が痛いです。

私も、自分が、ではないのですが、家族が、
とある人物からしつこく追っかけられた経験があり、
一度、ちょっとでも要望を聞き入れてしまうと、
追っかけは止まらないというのが骨身にしみたことがあります。

その時、私が学んだ教訓が、どなたかの参考になれば・・・。
(なるだろうか・・・)

「あっち行け!」じゃ、行きません。

逃げても、追っかけてきます。

逆転の発想が必要です。

そう。追っかけたら、逃げます!

恋愛と逆の理論です。

逃げる男を追っちゃダメだ、と言いますよね。
更に逃げますから。

逃げてほしいんだから、追っかければ、逃げましたよ。

ただ、ケースバイケースです。

くれぐれも、自分達の安全第一で、行動してほしいです。
私も、大げさに言うと、その時は命の危険を感じました。

警察も、現行犯じゃないと逮捕してくれないし、
自分で家族を守らなくちゃいけないので、常に武器を持ってました。

でもですね、そんなに怖かったはずの、何をするか分からなかったはずの相手が、
私が追っかけたら、逃げたんです。

こっちが逃げている限り、相手にとっては、代わりはなかなかききませんので、
逃げても逃げても、ありとあらゆる手段で追っかけてきます。

本当に不思議なんですが、「攻撃は最大の防御」は本当で、
追っかけて、攻撃すると、突然「もう来るな」ですよ。

いや、こっちが「来るな」って言ってたんですけど(キョトン・・・)、という感じになりました。

SLC
矢田

セミナー

2019/02/19 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

先日の「公式問題集を解く会」は、平均点が800点を超えるという結果でした。

根気良く、勉強を継続され、セミナーや講座を活用いただき、
おそらくご自宅や講座内で、公式問題集をもう何度も解いていらっしゃる方もいたと思いますが、
更に2時間集中して解き、平均点をぐっと上げていただき、ありがとうございます!

このしつこさ、執念が、英語力に繋がるはずです。
本気で欲しいものは、必ず手に入りますから。

ところで、
セミナーは午後からだったのですが、午前中に教室に入り、準備をしていると、壁が揺れるぐらいの騒音が・・・。

また、近くの貸し会議室で「転売セミナー」やら、「中国に輸出セミナー」やらが始まり、
参加者が2名しかいないのに、すっごい音量でマイクでしゃべるという、圧力戦術。

「うるさ~い」と管理室に苦情を伝え、止めてもらいました。

私は感覚的に、例えば1円の価値を作って提供し、1円という報酬をいただくのに、
どんな人間も使う労力は同じだなあと、感じるんですが、
あの参加者達はどうも、
世の中には楽してズルして稼いでいる人がいると、思っているようです。

そう思う人にとっては、いるのかもしれないけど、私には見えないんで、
あの人達を止めようと思っても、話は常に平行線です。

割とまともな自営業者向けセミナーであっても、楽して結果を求める参加者って、います。
その結果、楽どころか、見当違いの努力を重ねていて、なんでこうなるんだ・・・と、
他人事ながらガッカリしてしまい、残念でならないのです。

見当違いの努力、例えば、ひたすらSNSの投稿頻度を上げるとか・・・。
何のために?誰のために?何をどう変えたいのか?が完全に抜け落ちています。

もっと単純に考えればいいことなのに。

英語だったら、勉強すればいいだけ。
それをなんで、わけのわからん方法論に走ったりするのか・・・。
シンプルイズベストですよ。

ということで、最近私は「学習法」という言葉を、なるべく避けようとしています。
方法論不要論です。

勉強は勉強。

理屈を理解するんだ。そして覚えるんだ。
分からない箇所は調べるんだ、もしくは人に聞くんだ。
そのシンプルさに徹底することが、大事じゃないかと思い。

SLC
矢田

好きなユーチューバーさんの話(まとめ)

2019/02/15 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

SLCのYouTubeを始めてから、投稿作業をしていると、画面の右側にお勧め動画が出てくるので、
ついつい見てしまい、色々なユーチューバーさんの魅力にはまってしまいました。

すごく上手くできていて、どうしても作業途中にお勧め動画が気になり、クリックしてしまう仕組みです。
最初は「時間泥棒だ~!」と、見ない意思を強く持つ作戦でしたが、
段々と、好きなユーチューバーさんをチャンネル登録しておいて、新作がUPされたらすぐ、我慢せずに視聴し、
それ以外は、よっぽどのことがない限り見ない!という方法に変え、結構うまくいっています。

好きなテレビタレントは、一人も名前を挙げられませんが、
ユーチューバーさんだと、今では複数人すぐに出てくるようになりました。

時代はやっぱり変わってて、今後ユーチューバーさん達の影響力は、増してくるんだろうなと思います。

そのうち、テレビと同じように、スポンサーに言わされているだの、事務所の圧力だの、
(今もう既にあるようですが・・・)進化と共に、副産物も生まれてきて、
素人感ならではとか、個人の発信だから面白いとか、なくなってくるのでしょうが、
今のところ、テレビと違った手作り感満載の面白さがあって、すごく面白いなあと思います。

SLCとしては、最初は、予習復習用の動画をUPしてみようと思い、
YouTubeのことはよく分からないまま、設定も適当で、いくつか投稿してみたのが始まりです。

チャンネルという概念がよく分かってなく、投稿しっぱなしだったのですが、
昨年の2月から、本格的に継続して動画を投稿し始め、段々と機能を理解してきました。

あれから1年です。

そろそろ、チャンネル登録者1,000人が見えてきました。
1年前は、1,000人を超えているチャネルってスゴイ!って感じだったので、
やっぱり、1年あれば大きな変化を起こせるんだなあと、実感します。

最近は、色々なユーチューバーさん、特に教育系の動画を作っていらっしゃる方を見ていて、
「あんな風に子供達の役に立ちたい」とも、思うようになりました。

また、万の単位のチャンネル登録者がいるような、影響力にも憧れます。

まだまだ、色々な事ができそうで、SLCの動画活動は継続していきます。

SLC
矢田

寒い中

2019/02/14 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

今朝、渋谷の街を歩いていると、
可愛らしいカフェの前で、モデルさんの撮影をしていました。

夏のワンピースで、しかも大きな扇風機のようなもので、
風を猛烈にあびせ、髪やスカートをたなびかせ、
写真になったら素敵なんだろうけど、
現場を見てしまうと、「寒い!」「大丈夫か!」と、ビビッてしまいました。

風をあてる係の人は、「ゴメンね」というそぶりは全くなく、
一生懸命、強い風を起こし、服に動きをつけようと、頑張っていました。

モデルさんの表情は笑顔で、寒さは1ミリも感じられず、プロでした。

雑誌や、カタログ、通販のサイトなど、夏には夏の服が当たり前に掲載されていますが、
冬の間にこういうことをしてくださっているんですよね。

考えてみたら当たり前のことだけど、当たり前の結果を提供し続けるって、
地味な仕事の連続です。

英語についても、よく思います。
英語が出来る人、出来ない人、がいるんじゃなくて、
地味に勉強した人と、しなかった人がいるわけです。

マジで本気で、「当たり前に英語が出来る人」がいると信じている人々がいます。
まるで、生まれながらに持っている特長か、自然発生した現象のように。

たとえ帰国子女であっても、出来る人は勉強したからです。
帰国子女にも、留学組みにも、「勉強しなかったので結果的に出来ない人」もいっぱいいます。

環境で損得はない。
どんな環境でも、やったかやらなかったか、それに尽きます。

もちろん、向き不向きはあります。

でも、他の事に比べたら、
例えば「モデルになりたい」となると、
生まれ持った身長や容姿で、無理なものは無理だったりしますが、
勉強は、ある程度は努力で乗り越えられます。

SLC
矢田

バイトの問題

2019/02/13 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

くら寿司のバイト従業員が、生魚をゴミ箱に捨ててから、
拾いあげて、ふざけて調理し始める動画が騒ぎとなっていますが、
私も小さいながら事業主なので、憎っくきこのバイトにムカついています。

めちゃめちゃ細かいことだけど、会社はこのバイトに、最後の給与を振り込むのだろうか?
私なら損害との相殺を主張して振り込まないけど、大企業としては、これはこれ、損害賠償は別ってことにしないとダメなんでしょうね。

お客様からいただいたお金から、お給料をいただいているのですから、お客様を愚弄する態度に出たこのバイトに、
絶対に1円もやってほしくないし、是非、今後の法的措置で会社側には勝ってもらいたいと応援しています。

こうなる前に、お客様に対して失礼な態度を取ったり、危害を加えたり、
相手を人間だと想像できないような従業員は、辞めさせたいところですが、
そうすると今度は、不当解雇だと会社側が責められるし。

問題従業員をなだめすかして使い続け、とうとう、
お客様にご迷惑をかけたり、最悪の場合、健康被害が起きてからだと、これまた会社の重い責任になるし。

事業主としての気持ちですが、
人を雇う段階で、ちょっとでも見誤ると、あとは全部会社の責任ってのは、無茶です。

二十歳を過ぎた人間の教育なんかを会社に押し付けても、もう心根は変わらないですから。
会社が育てられるのはスキル面だけで、人間としての成長は本人次第です。

こんなバイトが引き起こす損害額のせいで、真面目に働く従業員にしわ寄せが来ますので、
会社側に、見誤って採用した後にも、解雇する権限、制裁を加える権限を与えて、
本当に真面目に頑張っている人が報われる世の中になってほしいと、私は思います。

渋谷の街を歩いていると、「時給1,500円運動」の活動家が活動してましたが、
そうじゃないんだ!
みんなで工夫して協力して改善していかないと、時給は上がらないんだよ!
ただその時給の点だけを主張しても、何も変わらんし、下がるわ!と、事業主として思います。

そして、こういうバイト事件を見ると、雇用する勇気は全く出なくなり、
やっぱり、雇わない経営を貫こうと、改めて心に誓っているところです。

SLC
矢田

好きなユーチューバーさんの話(起業編)

2019/02/11 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

起業してなかったら、全く興味を持たれないであろう、
でも中小零細企業をやってる人の間では超有名な、
キミアキ先生が、私も商売人なので、やっぱり大好きです。

一番の魅力は、めちゃくちゃ面白いというところです。
たまに、見ていて、本当に感動して、泣けます。
必死に頑張ろうと、思えます。

今、自営業が楽しいと思えるのは、キミアキ先生の動画のお陰と言っても過言ではありません。
あんな事も、こんな事も、先生のお陰で笑い飛ばせます。

チャンネル名は「キミアキ先生の起業酔話」で、起業について教えてくれるチャンネルっぽいですが、
実際は、起業しちゃった後に、あんな事こんな事、経験した後に見ると、心に沁みる良い話なのです。

最近、知り合いが「会社辞めて起業したい」と言っていたので、
「まずはこのチャンネルを見ることだ」とお勧めしました。

でも、やってみないと、やっている人の言ってる事って分からないので、とにかくやってみろ!です。

英語学習も起業も同じで、方法論を探し続ける旅は、無意味です。

ただでさえ無意味な旅の途中で、「こっちの理論が正しい、あっちは間違い」と、
信者同士が熱くなってきたりすると、キモチワルイ・・・という感じです。

どっちのコンサルも合ってるよ。探してないで、とにかくやれ!
自分でやらないと、方法は分からないから。

自分しか正しくない。
所詮他人事なので、そんなに自分の事を、他人は考えてくれていない。
他人の話に振り回されてて、起業なんて出来るわけないのに。

SLC
矢田

隣でミリオネアセミナーやってる。

2019/02/10 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

このビルは、テナントと貸し会議室が混在していて、
SLC教室の隣も貸し会議室です。

今日もお金持ちになるセミナーが開催されています。

起業セミナー、投資セミナー、不労所得セミナー、
渋谷では、各種様々なセミナーが、毎週末開催されています。

怪しいお兄さんが、ターゲットを寒い廊下で、説得していて、
これがなんとまあ、成功するんですわ!

ちょいちょい様子を垣間見て、最近思うのは、
「起業は自分でやってみないと、話を聞いても分からないよ」と言っても、
全然通じない人々がいるということです。

どうも、「正しい一つの方法がある」と、この人達は、
まさかの本気で信じているんだなと、私は最近、やっと、気がついたのです。

どっちとも言えないグレーな部分とか、人によって違う部分とか、
状況やタイミングによって違うとか、
仮説としては完璧だけど、それでもやってみないと分からないとか、
そういう考えが、1ミリも通じない人々がいるようです。

白黒はっきりしている世界に住んでいるのか?

この世は曖昧で、全ての課題が解決するわけではなくて、
全ての目標も実現できるわけじゃないけど、
目標に向かって努力すると、必ずいい事あるんだな、とか、
思わないのか?

全然、思わないようです。

ただ、これは英語学習にも言えることで、気をつけようと思いました。

この世には、「絶対に正しい一つの答がある」と信じる人々が確かにいて、
「ないです」と言っても意味はないので、
その人々からはお金をいただかないように、気をつけなければなりません。

英語学習も、やらないと分からないんですよ。
やって、自分で創意工夫して、1回や2回挫折して、それを乗り越えて、
段々と自分の型が出来てきて、そうしてやっと、
成功した先人達が言ってたことの意味が分かって、
まあ、むちゃくちゃザックリ言うと、「正しい答」が見えます。

挫折と言っても、起業の挫折に比べたら大したことではないので、
どんどんやって、早く挫折して、早く前進したほうがいいと思います。

もちろん、文法や構文などの、勉強の部分は人から習うと効率いいですよ。
正しい答はありますし。
ですが、「絶対正しい」とか「科学的な」とか、そういった方法論に、お金を払わないほうがいいと思うんですけどね。

確かに、究極的には「正しい答」はあるんですが、
かなりストイックにやってみた人にしか見えない答なのです。

まだ何もやってもない時に「見せて見せて」と言っても、
「じゃ、見せてあげよう」と寄ってくる人は、怪しくて怖い人の可能性が高いので、気をつけましょう。

起業も本当に、同じです。
自分でやってみないと、な~んにも、先人の言っている事が分かりません。
1回や2回、騙されたり、邪魔されたり、諦める寸前、爆発寸前まで行って、ようやく分かります。

だから、起業セミナーも、気をつけましょう。

私も自営業向けセミナーに行きますが、それは決して怪しいセミナーではないんですが、
使い方を間違っている自営業未経験者は、同じセミナーに出ても、
「正しい答」を探そうとして、解釈を間違え、なんかおかしな行動を取ってます。

答はないんだ。
本当にないんだ。
ないってことを、信じてくれ!って思うんです。

SLC
矢田

好きなユーチューバーさんの話(教育編)

2019/02/10 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

教育系ユーチューバーのトップを走っていらっしゃる、
「とある男」の葉一さんが、やっぱり好きです。

小学生から高校生向けのチャンネルです。
中学までは5教科教えてくれます。高校は数学のみです。

中学英語から忘れてしまった場合、是非この先生の動画で勉強してください!

学習法についてダラダラしゃべってる動画を見てる場合じゃない。

学習法をいくら聞いても、何も変わらない。
とにかく勉強し始めればいい。
実際にやってみないと、学習法は分からないから。

大人も基礎から勉強する際には、まずは子供向けチャンネルを選択する、地味な着眼点を、是非、持って欲しいのです!

私達のチャンネルは、高校レベルのTOEICにも出る文法事項を扱っているので、
中学レベルから勉強する必要を感じたら、「とある男」を、心からお勧めします。

あまりに有名な方なので、「とあるオカマ」とか、似た名前のチャンネルも発生しています。
中学英語を教えてくれるのは、「とある男」のほうです。

とあるオカマも決して怪しいチャンネルではなく、とても賢い方で、
数学の勉強にはきっと役立つのだとは思います。

葉一さんは、私が推察するに、とても熱い気持ちをもった方で、
勉強が分からなくなった子供、学校に行けなくなった子供を、心から支えたいと思っていると思います。

そんな熱い気持ちが画面からガンガン伝わってくるので、ファンなのです。

「教育に一生を捧げる」って、本気で言えるか?
私は一生、そんな台詞が言える人間にならないと思います。

でも、葉一さんのチャンネルを見て、教育で社会貢献しようと、思ったんです。
自分も、できる事を、頑張ります。

SLC
矢田

PAGE TOP