BLOG

2022年6月26日 第297回TOEIC L&R公開テスト

2022/06/26 - BLOG

山口シュウです。
本日のTOEIC L&R公開テストを受験された方、本当にお疲れ様でした。
私は午後受験。今日の東京は梅雨明けの真夏の雰囲気で、7月のTOEICのようでした。今回もTOEICを無事に受けられて感謝です。
さて今回の感想にいきましょう。
今回も複数のフォームがあり、人により難易度の印象がかなり異なるようです。
私は17:01終了で、紙をスロットに入れる女性のフォームでした。
その印象は…
今回は、「LもRも難しかったなあー」です。

【リスニング】
パート1、やや難。選択肢に紛らわしいものがあった。でも最近はこれくらいが普通かも。
パート2、難。後半は難しい問題が連続していて苦労した。
パート3、やや難。1セット目から難しく、選択肢も読みにくかった。
パート4、やや難。早口のアナウンスや、聞き取りにくいのもあり大変だった。

【リーディング】
パート5、やや難。文法問題でも語彙問題でも悩ましいものがいくつかあった。
パート6、やや難。文脈をつなぐ副詞や副詞句で悩まされた。
パート7、普通。さらっと選択肢を読んでしまうと引っ掛かりそうな設問がいくつかあった。

個人的には通算122目の公開テストでした。1月以来4連敗中なので今回は連敗ストップといきたかったのですが、このフォームでは今回私は990難しいかもしれませんね。パート2の後半で数問自信なし、パート4は2問聞き逃していますし、パート5,6でポロポロ落としているかもなあー。まあこんな時もありますね。

SLCでのTOEIC模試会7,8月は公式問題集をお休みして、精選模試【総合】をやります。難易度やや高めの模試ですが、勉強になる問題が多いので、一緒にトライしてみませんか?席に限りがありますので、ご予約はお早目にお願いします。
日々の山口の活動はユーチューブチャンネルで発信中です!是非ご登録お願いします!

https://www.youtube.com/channel/UCy-3nBMnMo36qzvwvvXthlw

SLC山口

遠いからこそ頭の体操

2022/06/25 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

毎日勝間和代さんのYouTubeを見ているのですが、
今朝「日本人の英語学習がうまくいかない理由」的な話をされていました。

この手の話、「学校教育が悪い」とか「日本人は読み書きばっかり」とか
「単語と文法は得意なのに」とか、そういったヘンテコリンな話になることが多いですが、
さすが勝間さん、ズバっと「遠いから」とおっしゃっていました。

中国語や韓国語だったらこんな苦労はしない。
英語はむっちゃんこ遠いから、相当な覚悟で相当遠いところ年月かけて行くつもりでやらないと、
ちょっとやってちょっと英語出来る人になろうなんて甘い考えじゃ出来ないとのことでした。

確かにそうだ。

でもですね、大変なことではありますが、遠いからこそ頭の体操になります。
この頭の体操をやってたおかげで、英語以外のところで、「助かった・・・」と思うことがあります。

私は本当に数字が苦手なんですが、言語についてネチネチ考える癖があったおかげで、
色々想像したり、予想したり、組み合わせたりして、スクールを作ったり、
維持したり、次の計画を立てたりできているので、英語学習バンザイです。

脳みそは国語と英語学習で作りました。
何かで苦労して考え抜いて脳を作らないと、何も考えられない人になっちゃいます。

ちなみにあの「単語と文法は得意なのに」というヘンテコリンな話、いつまでやってんだろ。
得意だったら、どうしてこんなにもRのスコアで皆さん苦労するんでしょうか??
Lはサクっと上がる人が多いのに・・・

大声で叫ばれているもっともらしいヘンテコリンな話に耳を傾けない力も、
英語学習を大真面目にやってると、自然に身に付きました。

大変ですが、確かに距離は遠いですが、頭の体操を頑張ろう。
何か難しいことに取り組まなくちゃいけなくなった時、
一見関係なさそうであっても、これまで真面目にやってきた勉強が、助けてくれます。

SLC
矢田

読み書きは大事だ。

2022/06/21 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

昨日、ボケ~っと買い物をしていたところ、缶詰売場で外国の方に話しかけられました。

「これ、サバですか。」と、
「鯖」と流れるような毛筆で書かれた字が私によく見えるように差し出しました。

や、やばい。

いや、読めます。読めるんですが、ボケ~っとしていたのと、
「もし家に帰って空けてサーモンが出てきたら恨まれる。」と責任を感じたり、
「読めないってのは恥ずかしい。ごまかさなくちゃ。」と思ったり、
1秒か2秒考え、
「ちょ、ちょっと見せてください。」と缶を受け取り、くるくるひっくり返し原材料の欄を見つけました。

ひらがなで「さば」と書いてありました。

良かった。

「サバです。」(自信満々)とお答えしました。

その後は「塩ですか味噌ですか。」と、お探しの塩味を探すのを手伝って、
無事に買い物かごに塩味の鯖缶を入れて、おしまいです。

漢字が読めないのを棚に上げ、
「あんたもそんだけ日本語話せるんだったら、ひらなが覚えたほうがいいんじゃないですか。」
と、余計なお世話かもしれないけど、思いました。
読めたら食べ物を買うのはすごく便利になりますよ。

と、思いつつ、読めても誤解は生じるという出来事を思い出しました。

ある時、ツナ缶を探している外国の方にヘルプを求められました。

「日本人はチキンが好きですね~。」
「この棚チキンばっかり。私はツナを探しています。」

私は、「シーチキンはツナです。」と言いました。

大きな衝撃が走ったのを覚えています。

手にしたツナ缶をくるくるひっくり返して、
オモテ面の「シーチキン」と原材料名の「まぐろ」を何度も見て、
無言になってしまいました。

私はそっと立ち去りました。

でも、読めるだけでも、本当に便利になります。
日本語のテキストはご親切にローマ字表記のものが用意されているので、
文字は覚えない派の方もいらっしゃいますが、
ひらがな50個ぐらいは覚えたほうがいいですよ!と思ったという話です。

SLC
矢田

ネクストステージへ

2022/06/15 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

勉強の悩みについてですが、
500点ぐらいの時の悩み、600点台ぐらいの時の悩み、
700点台の人の悩み、大体共通しています。
皆様同じことをおっしゃいます。

悩んでいても仕方がないです。
1つレベルが上がったら、その悩みは消えますので、進むしかないです。

今のステージで、今の悩みと真摯に向き合っていても、
ずっと今のステージでいる限り、その悩みは消えないですが、
次のレベル感になると、その悩みは消え、次の悩みを抱えますよ。

今の悩みを解決したら次のステージがある、のではなくて、
次のステージに上がったら、今の悩みが消えます。

だから、頑張って進むしかない。

ですが、人間は話しているうちにスッキリしますので、
今の悩みを言ってみたり、聞いてもらったりすることも、
前進するための原動力になるかと思います。

言ってみたり、黙って前進してみたり、
あーだこーだ右往左往で少しずつ進めばよい、
という感じで、じわじわとレベルを上げていきましょう。

上がんないまま、いつまでも同じ悩みをずっと言ってるのだけは、
なんとしてでも避けたいです!

SLC
矢田

歯医者

2022/06/08 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

なんか今後、毎年一回全員が歯科検診をすることになるみたいですが、
確かに歯医者は絶対に定期的に行ったほうがいいです。
予防は大事です。
私も痛い目にあってから、歯医者は必ず4か月に一度行くようにしています。
未来の痛い目を避けるためには、今日のめんどくさいを乗り越えないと。

「歯医者」と言えば、TOEICです。
というか、「歯医者の予約(appointment)」と言えばTOEICです。

TOEICの中では、みんな一生懸命に歯医者の予約をしたり、
出張と重なってしまって予約の変更をしたり、
お医者さんの都合で予約が変更されたり、
そんな日常が繰り返されていますが、
さすがTOEIC、この「予防」の意識を見習わないと。

そういえば、こんなにも歯医者の予約(appointment)が登場するのに、
誰も歯が痛いとか、虫歯だとか、抜かなくちゃとか、言っていない気がします。

英会話の本なんかでは頻出の「虫歯」とか「歯が痛い」とか、
TOEICの世界にどっぷりいると、そういった単語は忘れます。
その代わり、予約(appointment)とか、変更(reschedule)とかが頭に残ります。

予防してたら、虫歯は登場しないってことなのか。。

今日の「ま、いっか。」はダメです!というTOEICのメッセージを感じました。

未来の自分は今日の自分がつくるのだ。

SLC
矢田

給付金詐欺

2022/06/04 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

このビルに我々が移転してくる前にあった会社を探しに、
警察の人が来ていて、
「も、もしや、今話題の給付金詐欺なんじゃないか!!」
と、ちょっと興奮した我々です。(違うかもしれません。)

給付金、お世話になっている行政書士の先生からは、
「ごまかしたらかなり厳しい制裁があるので、数字はきっちり正確に出さなくちゃいけない。」
「ちょっとでも対象より売上がある月は、絶対に申請しちゃダメです。数字変えちゃダメです。」
という感じにその厳しい罰金とやらについてしっかり脅され指導されていた我々から見ると、
「大量に偽の申請って、すごい勇気だ~!」という感じです。

とにもかくにも、何も生産しないで、仕組みの抜け穴をついて、
お金を自分に流し込もうというのは、本当に良くないです。

また、学生さんを子分として大量に使うってのも、罪が重い。

生きていくためには「生産する」ってことが、とっても大事だ。
学生から社会人になるにあたって、
「生産する」ことができるようにならなくちゃいけないのに、
生産もせずにお金を流しちゃう方法を学生に教えちゃうってところ、とっても悪いなと思います。

どうにかして何か他人様が価値を感じてくれるモノやコトを作っていかなくちゃ、
感謝してもらえないし、感謝の対価はもらえない。
「あそこに行って、ああしてこうしたら、バイト代いくら」って感覚じゃ、
全然生きていけないですよ!と言いたいです。

SLC
矢田

勉強が趣味の人

2022/06/03 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

世の中には勉強が趣味という人がいて、
勉強が嫌いな人にとっては意味不明だと思うけど、
SLCのお客様の中にも、勉強が趣味という方が結構いらっしゃいます。

勉強が趣味となると、何歳になっても何か勉強していて、
常にちょっとずつ分かってくる、上がってくる、
結果もついてくる、という感じに、
ちょっとずつ上がっていく線、というものを描くのが気持ち良い、
描かないと気持ち悪い、どうしても描きたい!という気持ちかな、と思います。

いいことですよね。
私も勉強ができるわけじゃないけど、ちょっとずつ上がっていく癖は止められないので、
常に何か勉強していたい派です。

「私はコレしかできないの。」
「変わりたくないの。」
「いいの。コレで。」
「そうよね。世の中変わっているわよね。でも私はどうのこうのでどうのこうの・・・。」
「絶対に変わりたくないのよ!」という台詞は、超ムカつくのです。
でも、このたぐいの台詞も、油断すると結構聞くのです。
聞かなくていいように、この手の人には近寄らないように、
意識的に環境を整えていて、段々整ってきて、良い感じです。

ちょっとずつ良くなっていくのは、本当に素晴らしい。
一定のリズムで良くなるだけじゃなく、
段々と単なる斜めの棒線から、曲線へと変わります。

曲線になってくると、ワクワクします。

人にはそれぞれ欲求があって、人によって欲求の種類が異なるようですが、
「変化したい」「良くなりたい」系の欲求がある人は、
勉強が趣味になりやすいみたいです。

SNS時代に顕著に見える化された「承認欲求」とか「繋がってたい欲求」、
これが強すぎると勉強とか仕事とか、うまくいかないと思います。

ちなみに私は「承認欲求」が皆無でどうでもよく、
「繋がってたい欲求」もなく、
ついでに矢田弘巳さんですが、彼の欲求はこれまた単純で、
「無事に生きてたい」欲求です。

地震が怖い、放射能が怖い、ウイルスが怖い、乗り物が怖い、
飛行機には乗りたくない・・・。
それでいいのか!生きてるだけでいいのか?
もっと色々興味を持ちなさいよ!と思うけど、無駄であります。

そういうタイプの人を見ると、
「自分は生きてたい欲求が強いほうではない。」
というのが分かるので、対比の視点というのは、重要です。

試験問題も対比で出来ています。
勉強自体、対比です。
英語を勉強するから日本語が分かり、日本語が分かるから英語も分かります。

「生きてたい」欲求が強い系も、英語の勉強は大丈夫、できます。
でも、「変化したい」欲求系が一番向いていますね。
やるなと止められても、やらずにはいられないぐらいなので。

SLC
矢田

まだまだ涼しく勉強しやすい季節

2022/06/01 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

日曜日に、テレビで「猛暑だ!」「渋谷のスクランブル交差点では40度!」とかやってましたが、
そ、そうか?
日曜日は渋谷は割と涼しく、月曜に暑くなり、また少し涼しくなりました。

テレビ、適当じゃないか?

まだそこまで暑くはないですが、人が多くなりました。
外国人も増えてきました。

まだまだ猛暑ではないので、勉強はしやすい季節です。

試験があるから頑張れる。
試験があるから、忘れないように頑張れる。
試験があるから、何度も繰り返せます。

何度も繰り返す、これが大事。

趣味や教養だと、「なるほど、そうですか」「面白いですね」
で終わっちゃいますから、試験は必要。

「なるほど」とか言って、本当は分かっちゃいない。
繰り返して繰り返して、やっとこさ「なるほど」なんだから。

だから試験というイベントは必要です。
試験のおかげで、繰り返さない人も、繰り返すようになります。

7月末ぐらいからは、また溶けそうなくらい暑くなるんじゃないでしょうか。
今はまだぎりぎり爽やかに勉強できる季節で有難い。

SLC
矢田

2022年5月29日第295回TOEIC L&R公開テスト受けてきました!

2022/05/29 - BLOG

山口シュウです。

本日のTOEIC L&R公開テスト受験された方、本当にお疲れ様でした。
私は午後受験。今日の東京は夏を思わせる暑い一日でした。
今回もTOEICを無事に受けられて感謝です。

さて今回の感想にいきましょう。
今回も複数のフォームがあり、人により難易度の印象がかなり異なるようです。
私は17:02終了で、冷蔵庫からモノを取っている女性のフォームでした。

その印象は…
今回は、「悩まされた問題がいくつかあったなあー」です。

【リスニング】
パート1、普通。選択肢に紛らわしいものがあった。最近はこれくらいが普通かな。
パート2、やや難。聞き取りにくい設問や、かなり遠い答えがあった。
パート3、普通。先読みが出来ていれば対応できたか。意図問題は難だった。
パート4、やや難。前半が難、後半が普通だった。1set分からず。意図問題は難。

【リーディング】
パート5、普通。全体としては普通の難易度の問題が多かった印象です。
パート6、やや難。慎重に読み進めないと答えが選べなかった。
パート7、やや難。シングルパッセージがやや難、一方ダブルトリプルは普通だった。

個人的には通算121目の公開テストでした。
前回は985とあと一問に泣きましたが、今回はどうか?パート6で一問悩んだのと、パート7のSPで時間がかかり、後半スピードを上げたのがどう出るか?
いずれにしても楽しくできたので、スコアはどうであれ結果を楽しみに待ちたいと思います。

SLCのTOEIC前週模試会6月は公式問題集8の最終回となります。
公式8はかなり手強い公式問題集となりますので、仕上げとして、ぜひ解説を聞きに来て下さると嬉しいです。
席に限りがありますのでご予約はお早目にお願いします。

日々の山口の活動はユーチューブチャンネルで発信中です!是非ご登録お願いします!
https://www.youtube.com/channel/UCy-3nBMnMo36qzvwvvXthlw

SLC
山口

ストレッチとか、目の体操とか

2022/05/28 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

勉強生活やオンライン生活、
「なんでもオンラインで出来るぜ~!」
と「出来る」って面を強調してこられても、
「目、目が疲れるんです・・・」
「耳が、ヘッドホンで圧迫されて・・・」
と言いたい・・・。

そこで、最近毎日30分のストレッチと、
こまめな目の体操を「忘れずに絶対にする!」と決めて、
数週間継続したところ、段々と良くなってきました。

人生100年時代と言うけど、目やら腕やら耳やら、
かなり意識して大事に、長持ちさせるように使わないと、
100年持たすのは、結構大変そうだ。
もう崩れてきているし。

コロナが落ち着いた後は、オンラインによる健康被害とか、
経営難による無茶な仕事から生じる災害とか、
そういうの、ちゃんとゆっくりケアして回復させていかないと、
簡単に「はい元通り」とはならないと思うので、
今こそ慎重にならねば!浮かれてはいけない!と思います。

SLC
矢田

PAGE TOP