BLOG

2019年12月度第246回TOEIC L&R公開テスト受けてきました!

2019/12/15 - BLOG

SLCの山口です。

本日のTOIEC L&R公開テスト受験された方、本当にお疲れ様でした。
東京は冬晴れで風が冷たい日でしたね。さて今回の感想にいきましょう。
今回も複数の違ったフォームがあり、人により難易度の印象がかなり異なるようです。
私は15:02終了で、最初の写真は、マフラーを巻いてベンチに座る男性でした。

その印象は…
リスニングは平均レベル、リーディングは英文量が多かったなあーです。

【リスニング】
パート1、やや難。Q1と6は「ん!?」ってなりました。
パート2、並。いつもに比べると遠回しな返事の難問が少なかったと思います。
パート3、並。10月11月に比べると設問や選択肢が読み易かった印象です。
パート4、やや難。パート3に比べるとやや難易度高め。意図問題が1問とても難。

【リーディング】
パート5、やや難。設問文をしっかり読まないと選べない問題が多く時間が掛かった。
パート6、やや難。内容の難易度は並だが選択肢を選ぶと時に迷う問題が結構あった。
パート7、やや難。内容や設問が比較的素直だが英文量が多く時間がかかるフォームでした。後半いくつか選択肢が巧妙で表面的に読むと間違うであろう問題があった。

自身111回目のTOEICでした。会場は駿台高校で、教室に11名しかいないこじんまり感。
リスニングは快調でしたが、リーディングパート5&6で20分強かかり、パート7でも時間が短縮できず、3分前に何とか終了。
見直し不十分でちょっと残念でした。
11月の超難リーディングよりは出来たと思いますが、リーディングのスピードに課題を感じた回でした。
最近模試ではもっと早く終わるので、本番丁寧にやりすぎかなー。

SLCでは新刊の公式問題集5を使った模試会を絶賛実施中です!
毎回参加者のレベルに合わせて工夫して実施しています!
ご参加お待ちしております!
日々の山口の活動はユーチューブチャンネルで発信中です!
是非ご登録お願いします!



SLC
山口

明日はTOEIC公開試験

2019/12/14 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

明日は公開試験ですが、私は申し込みを忘れてしまい、受験できません。
でも、それはそれで、他の用事がちょうど入り、
忘れて良かったかもと、結果オーライな感じです。

明日の公開試験に向けたレギュラーコースは、今日で最終回でした。

年内残す講座は、短期集中講座のみとなりました。
5日間は満席となり、2日間も残り2席で、数日内に満席となりそうです。
今年も多くの方に講座をご利用いただけ、とても有難いです。

年末まで、緊張感を保って、営業していきます。

そして、年始はさすがに3日間休業します。

SLC
矢田

5日間集中講座は満席になりました。

2019/12/14 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

年末12月27日から大晦日にかけての、5日間集中講座は、
満席となり、本当にありがとうございます。

来週末21日から22日の、2日間リーディング対策は、残り3席ございます。

緊急にスコアが必要だったり、
前から分かっていたことだけど今焦っている、
という方が、やはり短期集中講座には多くいらっしゃってくださいます。

瞬間最大風速であっても、ふかせましょう。

私は20年ぐらい前に、1年間韓国に滞在していました。
その時の印象は、とにかく、「TOEICが大変だ・・・」というものでした。

「勉強すれば明るい未来が待っている」といった前向きな空気ではなく、
900点なければ人にあらず、900点なければ職はない、900点なければ生きていけるのか・・・、
とにかく、瞬間最大風速であっても、スコアを出さないと人生前に進まない・・・、
そんな、悲壮感すら感じました。

でも、その結果、韓国人の英語力は高いですからね。

私は韓国語より英語のほうができるので、
韓国の方は、私の韓国語力が限界に達すると、英語に切り替えて話してくれます。

とにかく、「テクニックでしょ」と言われようが、「瞬間最大風速だ」と言われようが、
言ってる人は気軽に言ってるんでしょうが、出たスコアは真実なんです!
そんなこと言ってる人、出せるもんなら出してみろ、です。

瞬間的でも、出せば次に繋がりますので、短期集中講座頑張りましょう。

SLC
矢田

12月の講座はそろそろ満席になりそうです。

2019/12/12 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

今年は異例なことに、年末の講座のお問合せが多く、
もう数日内に満席になりそうな勢いです。

毎年、年末はさすがに大晦日までTOEIC対策する人はそんなにいなくて、
満席にはならず、かといって講座が成立しないわけでもなく、
少人数でしんみりと・・・、という感じだったのですが、今年はなんか違います。

どうも、TOEICスコアを緊急に!という緊急事態の方が増えている様子です。

加えて、私達の営業努力も実っているのかもしれません。

SEO対策も頑張ってきたし、YouTubeの配信も毎日続けてきました。

来年どうなるかは分かりませんが、とにかく今年は無事に年末まで仕事が出来て、
本当に、有難い限りです。

来年は開業6年目です。
小規模ビジネス、10年持つのは10社に1社です。
絶対に、10年続けてみせます。
そのために、あの手この手で、小規模なりに強くなっていきます。
もう6年目となってくると、あの手この手も楽しくて仕方ない次元です。
苦しみではない、とにかく楽しく、10年持つ会社になっていけそうです。

SLC
矢田

#忘年会スルー

2019/12/11 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

忘年会スルーっていうのが、話題の言葉みたいです。

ニュースでは、会社でケータリングを頼んで、軽く仕事後に一杯、
サクっと短時間で終わらせる、という風景も見ました。

これって、ものすごく、TOEICっぽいですね!

日本の風景も、いよいよTOEICっぽくなってきました。

TOEICの中に、新橋っぽい飲み会は登場しません。
もっとオシャレに、luncheonだったり、banquetだったり、します。

会議や研修で、complimentary refreshmentがついてくると、嬉しいです。

この、TOEICっぽい世界感、いいと思います。
あまりに非現実的で、あまりによくできた人物ばかりで、
ふと笑ってしまうことは多いですが、とても健康的です。

そういえば、専門家との個別相談付き健康診断など、
会社の健康促進活動も、最近よく見ます。
もちろん、TOEICの中で。

心が、洗われます。。。

いや、でも真面目に、案外、このテストは働き方の参考にもなるんじゃないでしょうか。

みんながあれだけ真面目で、他人の都合をおもんばかり、
お客様も店に文句を言わず、言うのは前向きな意見ばかりで、とても理解力があり、
同僚同士協力し合っていれば、TOEICみたいな理想の職場ができるんだ!
そんな気もします。

SLC
矢田

寒い

2019/12/08 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

11月は「暖冬だなあ」と寒さをなめていましたが、
ここ最近はすっかり寒くなりました。

人によって、体感温度が異なりますので、
今日はセミナーを開催していますが、
温度設定を上げてほしい方と、下げてほしい方がいらっしゃって、
中間辺りで右往左往しています。

妥協です。

ただ、妥協は、誰も満足しないです。

温度は、仕方がないことですが、
会社とか、仕事とか、話し合いで、皆の中間辺りの意見を採用しても、
全く意味ないし、誰も嬉しくないし、何も動かない・・・。

きっと、うやむやになっている、大学受験4技能やら記述式問題なんかも、
色々な意見の中間辺りで、1人1人が、とりあえず仕事してたら、
もうどうしようもなくなったのであって、
誰かが特に悪意を持ってやったってわけでも、ないんだろうなと、思います。

私も会社員だったとき、そんなことがよくあったので。

自営業は、絶対に妥協してはいけなくて、
そんなことしたら会社はすぐにつぶれるので、
中間辺りでしばらく右往左往してても、つぶれない、
国とか、大企業は、やっぱり強いと思います。

SLC
矢田

科学者って・・・

2019/12/06 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

脳科学者の茂木 健一郎さんが、
YouTubeで「英文法不要論」の動画を何本もUPされているので、
やめてほしいと思っています。

また、先日はメンタリストのDaigoさんが、
「科学的に宿題は意味がない」動画をUPされていて、
これもやめてほしいと思っていました。

もうね、科学的って、やめてほしいです。

科学的って、すっごい量のサンプルがあったり、
ものすごく再現性が確認されていたり、
様々な批判に、長い年月耐えたり、することじゃないんでしょうか。

英文法も、国文法も、非常に大事で、ルールがあるから、
誰しも同じように、間違いなく、解釈することが出来ます。

自分にしか通用しない、自分の感覚的なルールをふりかざすな!
交通事故起こるわ!と、怒ってしまいます。

本当に、実際、日本人の「てにをは」崩壊、読解力低下により、
業務上の事故は増えていると感じています。

なんとかせにゃ、ならんのです。
4技能とか、ネイティブがとか、コミュニケーションとか言うてる場合じゃなく、
「てにをは」崩壊問題に、政府は取り組んでほしいと思っているんです。

そんな中、影響力のある人が、「文法不用」なんて言うのは、非常に腹立たしいので、
影響力なくても、一生懸命、反対意見を言わなくちゃと、思いました。

SLCとしては、YouTubeを通じて、文法の大事さを訴えていきます。

SLC
矢田

12月になった。

2019/12/01 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

とうとう、2019年も、12月になってしまいました。
私はまだ「今年はやり切った感」がないので、もうちょっと頑張らないといけません。

このタイミングで、「来年は○○を頑張ろう!」って、絶対考えちゃいけないことですね。
今年頑張れなかったら、絶対来年も頑張れないので、残り1ヶ月は、とっても大事です。

人生で一度だけ行った、数年前の占いによると、私の運は去年が最悪で、今年も悪く、
2020年は素晴らしいはずなので、大いに期待したいと思います。

言われてみると、なんとなく、そんな気もしてきますが、
それよりも、来年はオリンピックだとか、祝日の移動だとか、
TOEICの公開試験の日程が変だとか、
そんなこんなで「営業どうしよ~」みたいなしょぼい悩みで、頭いっぱいです。

SLC
矢田

今日の情報商材屋さんは・・・

2019/11/30 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

渋谷では、毎週、情報商材屋さん等が、セミナーを開催しています。

今日は、月収が30万増加するセミナーを、やっている模様です。

まあ、無理っすね。
参加者は、日本語の会話もたどたどしい(日本人です)、
本当にしょぼい人々です。

それにしても、人間の、労働せずに稼ぎたい「欲」というのは、強力です。
あまりに強力過ぎて、その「欲」を刺激するだけで、怪しいセミナー屋さんが成立します。

そんなアホを集める商売の、何が面白いのか分かりませんが、
まあ、面白くてやってるわけじゃないでしょう・・・。
焼畑農業的にしか、見えないですが・・・。

一方、普通に努力できる我々は、幸運ですよ。

焼畑ではなく、ちゃんと土地を育てて、長期的な視点が持てるのは、
相当レベルの高い話ですので、TOEICだったり、何らかの勉強をして、
強欲を張らずに、生きている我々は、偉い!と思います。

仕事をし、TOEICのスコアを伸ばし、会社に貢献し、社会に価値を提供し、
生きていく、なんて清々しんだ!
と、怪しいセミナーの会場を眺めながら、つくづく感じた朝でした。

SLC
矢田

蓄電池屋うるさい

2019/11/28 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

昨日の夜は、びっくりしました。

ぼ~っとした子供達が大勢、貸し会議室に集まり、
蓄電池のセールス電話を始め、
廊下でも大声で電話をし、騒ぎ、注意をしてもやめない。

渋谷にある蓄電池を扱う会社のようですが、
明らかに様子がおかしいので、
詐欺とまではいかなくても、グレーなことをしてそうです。

セールスマン、子供なんですよ。
しかも、あまり賢くないというか、話の通じない、
聡明さのかけらもない、ぼ~っとした子供です。

何か変だと思ったので、ここに書いてみました。
渋谷からの蓄電池セールスに、
万が一心当たりがあったら、注意したほうがいいと思います。

SLC
矢田

PAGE TOP