BLOG

寒い

2021/01/24 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

この寒い時期、いつもの年なら間違いなく風邪を引くんですが、
今年は熱でも出そうものなら、どこにも入れなくなるので、
風邪は引いていません。

案外意思の力でなんとでもなるんだと分かって、
来年からも風邪を封じ込めようと、今は思っています。

ここ最近は、久しぶりのお客様からの連絡が続き、
「懐かしい・・・」
「ってか、結構長くスクールやってんだなあ」と、
しみじみ、思います。

「潰れてもらっちゃ困りますよ」とか、言ってもらえるなんて、
なんか、昔からある、当たり前にある存在みたいで、感無量です。

でも、存在ってのは、当たり前じゃなく、まずは無理やりにでも作って、
無理やりにでも続けて、お客様に育ててもらって、
街の経済の生態系に、無理なくスッと入っていって、
それでやっと、続けて存在できるものなので、
ようやく、存在くらいは当たり前って段階に来れたなあという感じです。

久しぶりの方からの連絡は、「また通います」という有難い連絡です。
コロナで時間ができて、「また勉強しよう」と思う人が増えています。

私も確か、リーマンショックの時に「英検一級取ろう」と思った気がします。

それまでに900点は突破していたのに、英検一級の単語がなかなか覚えられず、
記憶力が悪いのか、毎日3時間以上勉強したのに、3年もかかってしまいました。
(普通はそんなにかかりません)

3年間、なかなか受からなくて、永遠に不合格な気がして、
でも常に「不合格A」(惜しいという意味)で、点数的にもあと1点か2点でうろうろしていて、
諦めるにも諦められず、なんか辛かったです。

資格としては、特に必要はなかったんですが、「惜しい!あとちょっと」を3年続けた経験は、
色々と役立っている気がします。

たとえ「あとちょっと」でも、3年ぐらいはかかるわな、という気長な気持ちを手に入れました。

「勉強再開」の時期って、時々やってきます。

勉強に時間を割くって、できそうに思っても、現実はそう簡単なことじゃないですから、
「今だ」と思ったら、気になっていた勉強を再開して、ゴーゴーと音を立てて、
猛進しちゃう大チャンスだと思います。

SLC
矢田

レギュラコース開講!

2021/01/17 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

1月開講レギュラーコースが始まりました。

ご参加、本当にありがとうございます!

近くの方は教室で、遠くの方はZOOMで、参加いただいています。

なんと今では、関西や東北地方、海外からもご参加いただいています。
1日セミナーや合宿に参加された方が、地元に戻った後も続けてくださったり、
YouTubeの視聴者さんが、遠くからも参加してくださったり、有難い限りです。

それから、数年前のお客様が、ふと来てくださることも増えました。
それは、本当に嬉しいです。

これからは、もっともっと、気軽に、ふと、来ていただけるような場所作りを、
頑張っていきたいです。

SLC
矢田

再宣伝

2021/01/15 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

費用対効果の高い宣伝方法として、よくお店やスクールが、お客様に、
「SNSでの拡散をよろしくお願いします!」と、お願いしますが、
そのSNSって、Twitterやインスタグラムのことですね。

あまり、YouTubeって想定していないと思うんですが、
SLCには、なんとYouTubeで拡散してくださる、有難いお客様がいらっしゃいます。

そしてまた、普通に英語学習動画として、めちゃくちゃ面白い。

是非、視聴して、登録してほしいし、宣伝してもらってばかりで恐縮なので、
しつこいかもしれませんが、私も、再宣伝します。

最新動画は以下!



チャンネルはこちら↓
https://www.youtube.com/channel/UCaWMUz_xkDp_729It9j6VKA

トークが上手くて、面白くて、お人柄がにじみ出て、普通にファンになっちゃいます。

登録者、視聴回数、爆増中です。
これ、やってみたことある人しか分からないところなんですが、
この増え方は尋常ではないペースです。

普通は、ゼロなんですよ。ゼロ。
よく「底辺ユーチューバー」などと、登録者や視聴回数が少ない人を馬鹿にするやからがいますが、
やってみ、普通は誰も見なくて、ゼロなんすよ。

会社が組織ぐるみでやっても、ゼロのチャンネルなんて、たくさんあります。
だから、この増え方は、ものすごいです。

SLC
矢田

資格の予備校

2021/01/14 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

SLCも、ちょっとした、資格の予備校です。
そりゃあ、資格の予備校といえばTACやLECですが、
私達もちっこくて、無名ながら、頑張っております!

世の中が不安定になって、不景気になってくると、
資格の予備校は大忙しになります。

でも、きっと、「ヒャッホー!」とは言えないから、
地味に、「時代が来たぞ・・・」と、忙しくしているんだと思います。

私はまだ開業して7年目なので、時代に翻弄された経験がなく、
今回初めて、時代を乗り越えるという大仕事を経験させていただいている、
初心者ではありますが、「やっぱり、勉強する人が増えている」と、既に実感しています。

でも、資格を取ろう、勉強しよう、とする人の層が厚くなるわけではなく、
元々なんでも一生懸命やるタイプだった人で、忙しくて思うようにできていなかった人が、
「ちょっと時間できたから」という理由で始めるようです。

ちょっと、拍子抜けしてしまって、「なんだ・・・」って、感じです。

世の中がどうなろうと、やらない人はやらない、やる人はやる。

やる人にとって、チャンスなだけです。

本当に、結構、皆様言いますね。
「チャンスだと思うことにした」
「コロナがなければ得られなかったものがある」

もちろん、不安を抱えていらっしゃるはずなんですが、
それでも、「頑張ればなんとかなるし、逆にチャンスになる」という考えが、
そんなに甘いものでなかったとしても、
やっぱり、頑張ったら逆境は乗り切れるんだ!と一緒に希望を持って生きたく、
とにかく、前向きに頑張りましょう!と思っています。

SLC
矢田

2021年1月10日第260回TOEIC L&R公開テスト受けてきました!

2021/01/10 - BLOG

SLCの山口です。

本日のTOIEC L&R公開テスト受験された方、本当にお疲れ様でした。
私は午前の部で受けました。東京は緊急事態宣言下、寒い一日でした。

さて今回の感想にいきましょう。

今回も複数の違ったフォームがあり、人により難易度の印象がかなり異なるようです。
私は12:22終了で、花瓶に花を差す女性のフォームでした。

その印象は…
今回は、Part4が難しくて泣きそうになり、リーディングも厳しかったなあーです。

【リスニング】
パート1、やや難。そこくるか?という細部の問題や人がいない写真の難問あり。
パート2、普通。間接的な応答は標準レベルだったかな。Whで難問あり。
パート3、普通。12月午後よりは難しかったが標準レベルの範囲内か
パート4、激難。正解を聞き取れない問題が多数あり、容赦なかった。

【リーディング】
パート5、やや難。スピードが上がらず思ったより時間が掛かった。
パート6、普通。読みやすいとまでは言えず、文選択問題は悩ましかった。
パート7、難。一度読みでは解答出来ずに繰り返し読まされた。選択肢照合型問題とNOT問題は難易度が高かった印象。

個人的にはリスニングでつまずき、流れに乗れないままリーディングも終わってしまった感じです。
得意なリスニングでこんなに出来ないパート4は近年になく、心が折れそうでした。
リーディングはパート7のスピードが上がらず、終始1問1分ペースで進み、余り時間がなくなりパート5,6の見直しも出来ず、残念な回になってしまいました。
まあこんな時もありますね。次を頑張ります!開催して下さった関係者に感謝。

SLCの模試回は次回2月からは公式問題集7になります。
しばらくは公式7のTest1と2を交互に毎月実施しますので宜しくお願いします。

日々の山口の活動はユーチューブチャンネルで発信中です!是非ご登録お願いします!
https://www.youtube.com/channel/UCy-3nBMnMo36qzvwvvXthlw

SLC
山口

ここフォーラムエイトがTOEIC受験会場になってる!

2021/01/10 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

本日のご受験、お疲れ様です。

私は、申込みが抽選でなくなって、皆様が受けられるようになるまで、
受験をしないでおこうと思っていて、今日も受けていないのですが、
SLCの他の先生たちは、一生懸命申し込んで、一生懸命受験してきています。

生きがいですから。

私は、TOEICが趣味ってほどじゃないんです・・・。
面白いテストですから、好きは好きですけど。

なんと、TOEIC始まって以来初(たぶん)、我々が入居していいる、ここフォーラムエイトが、
公開試験の会場になっています。

昭和の古いビルで、音響設備もいまいち、
防音もいまいち、色々な店や医院や、意外とIT企業がいっぱい入ってて、
テナント貸しと貸し会議室が混在しているので、
ビル中をTOEIC会場だけにするのは無理。
ドアを開けると、テナントの店や会社の音が入ってくる可能性あり。

あまり、TOEICの会場として好まれる場所ではないかと思います。

でも、とうとう、会場を増やすために使ってくれました。

TOEIC試験会場、以前はたいてい学校だったのが、
今では都内の高級ホテルから、昭和の香りの古いビルまで、振れ幅がでっかくなりました。

ですが、SLCとしては、TOEICが向こうからやってくるなんて、
「運がまわってきた・・・」という感じです。

さりげなく、看板を目立つように置いて、さりげなく宣伝効果を狙ってみました。

SLC
矢田

来週からレギュラーコースです。

2021/01/09 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

来週から、今年最初のレギュラーコースが開講します。
今年は、5回レギュラーコースを開講する予定です。

1月、3月、5月、8月、10月のタイミングで計画しています。
現時点では、オリンピック期間を避けての開催予定です。

緊急事態宣言が発令されましたが、ここ渋谷では、
塾や予備校は、夜10時過ぎまで、バリバリやってます。
SLCも平日19時スタートのクラスは、終了が21時となりますが、開講します。

飲食店は、7割ぐらいが20時閉店に従ってるのかな、という印象です。

飲食店以外は要請もないし、補助金もないのですが、
百貨店や商業ビルなど、閉めてしまっている施設が多いようです。

でも、社会人向けの資格の予備校などは、もうバリバリ開講しています。

SLCでも、予想以上のお問合せに、びっくりしております。

今、講師業の間で、「ものすごく差がついている」と、よく言われております。
今この期間、勉強しまくっている方々がいます。

大学生もそうです。
友達と会えなくて寂しいとか、サークル活動できないとか、んなこといってる場合じゃなく、
世の中の状況に、できるだけ左右されない、自分の力をつけようと、している方々がいます。
していない方も、いっぱいいます。

この差が、数年後、厳しい現実となってきそうな気がします。

労働者もそうです。
社長さんの間で言われています。

「まるで、警報出て学校休みになって、ヒャッホーの従業員がいて、呆れる・・・」
「子供かよ・・・」
「行政からの圧ではなく、授業員からの圧力で、時短営業や休業を迫られている・・・」

雇う側の気持ちにも、どんどん変化が起こっています。
この微妙な気持ちの変化は、今後の雇用情勢に、きっと影響すると思います。

どんどん、頑張る人と頑張らない人の差が開く、しかも自粛してるから、他の人の動きが見えないうちに差が開く。
そんな感じが、します。

SLC
矢田

許可をもらって

2021/01/08 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

昨年講座にご参加いただいた方のYouTube、
とても感動したので、「ブログにはっつけてももいいですか」と許可を得て、
紹介します!



生のお声、「やったら上がって、休んだら下がった」
当たり前のことではありますが、でもこういった生の、実体験のお言葉、
「そうだなあ」と、深く、しみます。

そして、何度も繰り返し、同じ素材をやることの大事さ、しみます。

よく「単語本、場所で覚えてしまうんです」とおっしゃる方がいますが、
一冊の書籍を「やりきる」ということは、
「何がどこに書いてあるか、知っていて、すぐにアクセスできる」ということです。

成果を出す人は、そこまでやっています。

今は便利で、エクセルに入れておけば検索できるし、
グーグルで検索できるけど、
自分が持っている書物の中から、「あの表現今使いたいな、なんだっけな」と思った時、
あいうえお順になんかなってなくったって、すぐにアクセスできる、
その状態に達すれば、それでやっと、「この本はやりきった」ということです。

動画だってそうです。
あの動画講義で言ってた、あのことを今調べたいと思ったら、
すぐにどの動画だったか自分で分かる、
そのくらい見たら、結果は出ます。

結果を出す人は、同じ動画を13周したとか、平気で言います。

検索機能に頼らなくてもいいくらい、やりきったのか?
それを自問自答して、単語本に取り組みましょう。

でも、あまり自分に厳しくしなくていいです。
せめて、単語本だけでいいですから、場所で覚えちゃうなんて言わないで、
場所ぐらい、覚えてしまいましょう。

それから、900点突破して、すぐにYouTube活動を始められた、
匿名で活動中の〇〇さま、その行動力に頭が下がります。

知っている方だから親近感がわくのかもしれないんですが、
お話が上手で、内容も面白いと思うので、人気者になってほしいです!!

本当に、ここには、素敵なお客様が来てくださるんです。
いつも、お客様を、大大大尊敬しています。

SLC
矢田

動画みて感動した

2021/01/07 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

昨年講座に参加してくださった方が、900点を突破し、YouTubeを始められたので、
見てみたんですが、号泣ものでした。

知っている方のお話だから、号泣しちゃうのか、
客観的にも号泣ものなのか、わからなくなっておりますが、とにかく泣けました。

目標を持って、計画を立てて、うまくいかない時があっても、前向きに頑張って、
ということが、すごく大事なんだなあと、伝わってくるような動画で、
お話の才能もあるので、絶対にこれは伸びるぞ!と思います。

その方も素敵なのですが、素敵なお客様は、他にもたくさんいらっしゃって、
人生を主体的に「自分で決めて」進めていらっしゃるところに、頭が下がり、尊敬し、
見習おうと思わせられます。

昨年も、素敵なお客様にたくさん来ていただきました。
今年もさっそく、毎日お問合せをいただいています。
コロナでも、毎日お問合せをいただけ、本当に有難いです。

SLC
矢田

TOEICは開催

2021/01/06 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

今週のTOEICは全国の会場で予定通り開催されると、連絡がありましたね。
共通テストも予定通り開催とのこと、受験する側は、余計なことは考えず、
自分にできることにだけ、集中する力が試されていると思います。

共通テストほどの緊張はないですが、大人のTOEIC受験も、
受験しながら感染の心配をしたって仕方ないですから、
今目の前の、自分にできることに、集中する力が、必要です。

何をやってもダメな時って、大抵余計なことに力が分散してますから。

ところで、飲食店に対する規制と補償がハッキリしないまま、
どうやって今週末の仕入れとか、シフトとか、決めればいいんだろうって、
飲食店は怒ってると思うんだけど、
テレビのインタビューに答える飲食店経営者は、割と冷静です。

でも、飲食店経営者にしても、そこそこ大きい会社の社長にしても、
インタビューでもご自身のSNSでも、本音は全然出してないと思います。

テレビでトップの決断なんかを聞いても、絶対本音と違うので、意味ないと思います。

本音は、おそらく、雇用を守ろうってのではなく、
テレワークで、残す人材と去らせる人材がはっきりしたとか、
超二極化しゃあないなあとか、10年は戻らんよとか、
そういうこっちゃないかなあと、思うんです。

去っちまえ!と思われる人材にならないよう、頑張らなければ。
というか、一応自分で経営してるので、自分を去らせてしまうわけにはいきませんが、
とにかく、よりちゃんと生産して納品して、ちゃんと仕事を回せる人にならなくちゃ、
という気持ちです。

SLC
矢田

PAGE TOP