BLOG

自分が参加した1日セミナー

2018/12/21 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

SLCでは、ほぼ毎週日曜日に、1dayセミナーを開催していますが、
私自身も、今年は1日セミナーにいくつか参加しました。

全て、事業者向けのセミナーです。
思い起こしてみると、4つのセミナーに参加しました。

・YouTube活用セミナー
初心者がまず揃えるべき道具や、編集方法について学びました。

・セミナー集客セミナー
セミナー開催者の心得について学びました。

・SNS×HPセミナー
事業者にはHPが大事、SNSで盛り上がっても意味ないことを学びました。
SNSを使う時は、なんとなく拡散とか、なんとなく流行っている、ではなく、
それを使うカッチリした目的があってこそ、有効のようです。

・SEO対策セミナー
毎日何をコツコツ頑張るべきか、学びました。

振り返ってみると、たくさん学びました。

学んだことには、2つの傾向があって、
「すぐに分かること」と「半年後にじわっと感じること」です。

「すぐに分かること」で一番衝撃的だったのは、セミナー集客セミナーで学んだことです。
それは、「年号」です。

HP内のセミナーのページを、ユーザーフレンドリーにしていかなければならないのですが、
1つ1つの開催日程に、ちゃんと「2018年」と書くことが大事でした。

運営側にとっては、それが今年なのは当たり前ですが、
検索して見つけてくださったユーザーの方には、
そのページが生きているページなのか、長年放置されている過去のページなのか、
一目で分かるように表記しないと、ストレスを与えてしまうと、気がつきました。

運営側の視点でなく、お客様視点にならないといけないと、思ってはいても、
気がついてないことがたくさんあり、言われると一瞬で分かります。

一瞬で分かって、一瞬で直せるところを直しただけで、結果が大きく変わります。

「学ぶこと」「指摘されること」は結果を大きく変えるので、
1日講座は素晴らしい!と思いました。

もちろん、連続物もいいのですが、
忙しくても参加できたり、ちょっとヒントを聞きたいだけって時にも参加できたり、
そういう意味で、これからも1dayセミナーを大切な商品として、
私達もやっていこうと、やはり思った次第です。

SLC
矢田

勉強する意味

2018/12/20 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

最近思うに、語学の勉強の目的として、
「実用」は氷山の一角で、
頭を使う練習として、必須だなと感じています。

私はとても数学が苦手だったので、数字を避けて避けて、
逃げまくって生きてきました。

ですので、数学で頭を使う練習は、できずじまいでした。

でも、語学は我慢しました。
分からない時も、覚えられない時も、我慢してもう一度やってみました。

あの林先生なんかは、「5教科できなきゃ」とか、
「数学は必要です」とか、おっしゃいますが、
きっと、その通りなんですが、
なかなかね、一般的な頭脳の人間には、しんどいです。

しんどくても、せめて1つでも、我慢して、
「ちゃんと理屈を考える」姿勢を、子供時代に築いて、
そのおかげで今一応、考えたり、理屈を理解したり、できます。

そう思うと、高校英語は、非常に大事な、大人になるための階段だと思い、
矢田弘巳さんには、受験指導や高校英語の指導にも、
また復帰してもらおうかと、最近考え始めました。

来年、再来年の計画に、組み込んで考えています。

具体的にどうするかまだ分からないけど、
子供の指導、実用うんぬんでない、
思考能力を鍛えるための文法や構文の勉強って、
ものすごく大事だなと、最近すごく思うので。

なぜかと言うと、40代の私が今、何かを理解するベースって、
もうそれしかない、高校生の時の勉強しかないって、
特に新しい事を吸収する時に、今更ながら実感するからです。

SLC
矢田

時間を覚悟してかけることが大事なんだなあ。

2018/12/19 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

時短は魅力的な言葉ですが、
時短を追いかけていると、いつまでたっても、
何も前に進まなくて、結局もっと時間がかかることがあります。

「いつまでかかるか分からないけど、もう終わるまで、
覚悟して、時間をいくらでもかけるんだ」と思うと、
結果的に早く終わることがあるんだなあと、思うことがあります。

勉強も、仕事も。

すっごく果てしない、コツコツ作業のように思えても、
「やるかあ」と覚悟して始めると、
意外にも後で考えると、「あっという間」にやり遂げた感があったり。

ところで、昨日はクリスマスケーキを作りました。
これは時短のために、ケーキ台は市販のものを利用しました。
DSCN1429
そして今朝はチキンを焼きました。
DSCN1432

朝ごはんです。
我が家は朝ごはんが重くて、夜は勝手に軽食で済ませています。

先日生徒さんから「TOEICの日は昼ごはんをいつ食べたらいいんですか」
と質問された矢田弘巳さんが、
「朝ごはんをた~くさん食べて、昼ごはんを4時に食べるんです」
と説明していましたが、それは我が家の普通の食事時間です。

SLC
矢田

もうすぐ2019年。

2018/12/18 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

今年はセブ島留学をしてみたり、
YouTubeの投稿を本格的に始めてみたりして、
勢い余って一日に3本ぐらい投稿する日もありましたが、
さすがに2019年は一日1本に減らします。

毎日、単語か文法のどちらかを1本、配信しますので、
引き続き、活用いただけると嬉しいです。

単語にまつわる、語法の話とか、品詞の話とか、
配信したことが、実際の試験に出たこともあって、
自分達としても「お~っ!」と、ビックリしました。

また、私は公開試験の受験を減らします。

日曜日を使わざるをえない用事があり、
おそらく来年前半はほとんど受験できなさそうですが、
SLCの他のメンバーは皆受けるはずなので、このブログや、
講座に参加いただいた方へお送りしているSLC通信では、
変わらずレポートをします。

生徒さんが受験しているので、自分も受けたいのですが、
何かをやるには何かをやめる必要があって、
今年も色々やめたおかげで、新しい事を始めることができたので、
取捨選択しながら、優先順位をつけながら、
ちゃんと変化し続けていきたいと思っています。

SLC
矢田

スコアはあくまで指標です。

2018/12/17 - BLOG

これまでの生徒さんから、スコアの状況や、学習状況について、
よくメールをいただくのですが、
全部しっかり読んで、しっかり返事をしていますので、
全然気を使わないで、送ってください。

これは大事な仕事なので、優先的にやっています。
来てくださったお客様には、とても感謝していて、
それ以後も、心から応援したいと思っています。

スコアが上がったときにも連絡をいただきますが、
反対に、落ちたときに、「どうしたらいいのか」というメールも
たくさんいただきます。

例えば、50点、時には100点ぐらいスコアが落ちて、
「これまで順調に上がっていたのに」と、
とてもショックを受けられる気持ち、よく分かります。

でも、50点ぐらい、私も年に一度は落ちるんです!
理由は分かりません。
毎回受けていると、返ってきた結果がいつの、どんな調子の時のだったか、
もう思い出せないので、何が起きたのか分かりません。

ただ言えるのは、次の回では元に戻るし、
それで自分の実力が変わったわけでは、全然ないんです。

突然50点分、英文が読みにくくなったり、発話しにくくなったり、
聞こえなくなったり、そんなことがあるはずありません。

そう簡単に、人間の実力は変わりません。
変わりたくても、変われません。

ですので、実力が落ちたとか、悪いように判断されたとか、
そんなことは決して思わないでください。

たかが毎月のようにやっている、テストなんですから。
大事なテストではありますが、もっと大事な何かのために、
指標として利用しているに過ぎないんです。

SLC
矢田

うわ~

2018/12/16 - BLOG

SLCの矢田です。

SLCにいらっしゃるお客様は、99.9%以上、
とても素敵で、どうしたって自然に尊敬してしまう、
とても魅力的な方です。

なのに、本日少々クレーマー的な方がセミナーに参加され、
途中、他の方にも迷惑なので、返金し、ご退場いただきました。

そうすると、お送りする途中、廊下で煽ってくる、煽ってくる。

「自分は大企業で働いているけど、そっちはこんな小さい会社じゃないか」
とか
「殴ってみろ、YouTubeにあげるぞ」
とか。

これは、最初から計画的に邪魔をしに来たのだと分かりました。

ああ、YouTubeなど、とても素晴らしいツールで、
多くの方に存在を知っていただける機会ですが、
こういう弊害もあるんですね。

でも、一番大事なことは、
勉強したくて来てくださる、素晴らしいお客様に、
快適に過ごしていただくことです。

「退場」の判断に時間を取られ、快適さを損ねてしまいました。

とても、申し訳なかったです。

「もしかして悪気はないのでは・・・」と、
しばらくは、とりあえず性善説で考えてしまうので、
判断が遅くなってしまいました。

邪魔されないにも、技術が要ります。
SLC4年目で、「邪魔されない」ための心得は、結構できてたんですが、
一見お客様に見える人からというのは初めてだったので、
今回のことを参考に、「邪魔されない」スキルも高めます。

SLC
矢田

箱根へ行きました。

2018/12/15 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

平日にお休みを取って、箱根へ行ってきました。
久しぶりに緑に囲まれたところへ行って、目が良くなった気がします。

矢田弘巳講師は、電車の中で本当に2時間ずっと、
音読をしていました。

そして、温泉には2分ぐらいつかったそうです。
「やることがない」ので、温泉は好きではないそうです。

私は自分のペースで休みを満喫しました。

渋谷区の保養所を利用してみました。
区の施設なので当たり前かもしれませんが、
コスパがとても良かったです。



SLC
矢田真生子

12月13日(木)-14日(金)、休業します。

2018/12/12 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

SLCは2日間休業します。

理由は、私がお休みを取るためです。

この間もメールは確認しており、
webからのお申込は承っております。

SLC4年目は、自営業者として、
お休みを取る練習も取り入れました。

段々と成長していけて、嬉しいです。

何でもやってみないと分かりません。
机上の空論や、他人を批判批評することからは、
何一つ生まれないです。

英語も仕事も、自営も、行動あるのみ!だと思います。

お休みを取ることができるようになったので、
来年はもっと高度な事に挑戦します。

SLC
矢田

2018年内の講座

2018/12/11 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

1dayセミナーや、2日間リーディング対策集中など、
大変有難いことに、満席となる講座も出ておりますが、
年内最後の講座、『5日間集中通い合宿』は、まだお席がございます。

全てのパートの対策に、学習習慣作りに、
とにかく全部に取り組む講座です。

さすがに大晦日までの講座ですので、
毎年、満席になるということは、ありません。

まだじっくりご検討いただいて、十分に間に合います。

是非、ご検討ください。
お問合せやご相談など、お気軽にご連絡いただければと思います。

5日間、SLCの講師総出で、大晦日まで、じっくりと、
基礎からTOEIC攻略までを、仕上げていきます。

SLC
矢田

2018年12月度第236回TOEIC L&R公開テスト受けてきました!

2018/12/09 - BLOG

SLCの山口です。
本日のTOIEC L&R公開テスト受験された方、本当にお疲れ様でした。
いかがでしたでしょうか?
東京は真冬を感じる寒い日でした。
試験開始と同時に暖房がオフとなり寒くて後半手がかじかんでしまいました。
ホッカイロを持っていくべきでした(笑)。

さて、今回の感想にいきましょう。

今回も複数の違ったフォームがあり、難易度の印象が異なるようです。
私は15:01終了で、最初の写真は、座って膝の上でメモを取る女性でした。

その印象は…
パート2とパート7がいつも厄介だなあ!です。
各パートの感想は、
【リスニング】
パート1、普通。パート1におなじみの単語ばかり出ていました。
パート2、難。2問目から難問来ました。質問の質問返しなどバリエーションが豊富でした。
パート3、普通。設問をしっかり先読みして、聴くことにも集中する必要があり。
パート4、やや難。選択肢が巧妙で引っ掛かりやすい。図の問題も難でした。

【リーディング】
パート5、普通。でも語彙問題はしっかり読まされる問題でした。
パート6、難。文法や語彙問題の半分くらいは少し考える時間が必要でした。
パート7、難。前半は易しかったと思いますが、シングルパッセージ後半からは全文しっかり読んで内容を覚えていないと時間がかかる問題だった印象です。
問題自体は素直でしたが時間が掛かるタイプだったと思うので難としました。

2108年のTOEICは申し込み忘れた4月を除き9回受験し、通算101回(公開テストは88回)となりました。
前月よりは集中できましたがラスト30分は疲れと寒さでパフォーマンスが落ちてしまいました。
もっと暖かくしていく必要がありましたね。
それでも何とか4分前に終了し見直しをしました。

2019年からの私のセミナーでは新刊の公式問題集4を使っての模試会となります。
基本的にTOEIC前週の日曜日に継続的に実施します。ご参加お待ちしております!
明日は11月の結果発表ですね!
TOEIC活動は個人のブログを載せていますので、ぜひTeachersのページのリンクからご覧下さい。
来年も頑張りましょう!

SLC
山口

PAGE TOP