BLOG

グプタさん

2019/10/10 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

全国のトーイッカーが、昨日の日産自動車のニュースに、反応したと思います。

「グプタさん!」

そういえば、最近TOEIC試験に、登場しません。

かつて、TOEICの人物名は、おだやかでした。

インド人と言えば、グプタさん。
韓国人は、キムさん。
日本人は、鈴木さんだったかな?

その中でも特に、グプタさんの登場頻度が高かったのです。

とにかく、毎回決まって何度も登場する名前が、
山田花子さん的な、人物名とすぐに分かるものでした。

ところが、最近の、特にパート2は、
「ん?なんつった?」と思った時は大抵、聴き取りにくい人物名か地名です。

この工夫の凝らされた問題を作るためかは分かりませんが、
定番の登場人物がいなくなり、毎回多種多様なお名前が登場します。

知らない単語が聴こえたら、それは固有名詞だと、自信を持って判断できるように、
TOEICに出てくる単語は大体知っている状態を、目指しましょう。

SLC
矢田

呆然

2019/10/09 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

10月なのに夏ばて気味って、どういうことだろう・・・。
10月だということを忘れて、今年はまだまだ半ば辺りという錯覚が起こっています。

いや、10月です!

ところで、最近呆然としちゃって、一日中ネットで韓国のニュースを見ていました。
日韓関係のことではなく、韓国の三大未解決事件の1つの容疑者が、特定されたニュースです。

映画にもなっていて、私もその映画を見ました。

監督の「犯人は映画館にこの映画を見に来るはずだ」という執念が伝わりました。
それから、「犯人は、この日常の人混みの中にいるはずだ」という気持ちが伝わりました。

それが、本当になりました。

呆然としました。

この執念を、日本も未解決の3億円事件とかで、見せてほしいです!
ドキュメンタリーとか、事件を元にしたドラマの、執念のレベルが、
もう全然違うんですから!
そこは、もう韓国の圧勝です。

韓国の映画は、メッセージ性の強い、素晴らしい作品が多いので、日韓関係が悪いですが、
是非、見てほしいです。

また、ドラマに関しては、「交通事故が起こり過ぎだ」とか思うかもしれませんが、
現実に韓国は交通事故が多いし、
本当に日々の事件事故で、ドラマみたいなことが起こっているので、大げさとも言えないんです。

香港が混沌としていて、中国は強国だし、
この状況で日韓関係悪くなっている場合じゃないと思いますので、
民間人同士は、仲良くしたほうがいいと思います。

文化を知ることが大事です。
以前よりも、日本人が韓国の文化を分かって旅行に行くので、
行ってみると、以前よりも、この関係の最中であっても、温かく受け入れてくれます。

食べ方一つ、買い物一つにしても、以前は、やっぱり、見下した態度の日本人が、
残念なことですが、多々、見受けられたのです。

それが今はなくて、むしろ韓国の文化に憧れている若者が多いし、
民間人同士の関係は、前進していると思います。

SLC
矢田

年内あと3回TOEIC。

2019/10/04 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

ふ~、3回もかあ・・・という感じですが、
頑張って、3回とも受験するつもりです。

目標スコアが明確な方は、あと3回もありますので、
年内達成のチャンスはまだまだあります。

目標は、数値化されていることが大事です。

なんとなく「英語をマスターしたい」ってやつ、
これって、本当に、超ダメな典型目標です。

その点、しっかりTOEICを利用して、力をつけようとされている方は、
その時点で、素晴らしい選択をされています。

目標は、途中経過の段階で、計測可能であることも、非常に大事です。
試験の利用は、完璧な選択です。

あとは、やるかやらないか。

ほとんどのことは、結局、やるかやらないか、です。

やっていると、上手くいかないことも出てきますが、
その時点で微調整をかければいいんですから。

考えていないで、とにかく手を動かす、口を動かす、
本を開くのが大事、というか、それしかないです。

SLC
矢田

今週末は英文法セミナー、パート5対策です。

2019/10/02 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

前回のTOEIC試験では、パート5を10分以内に解くことができました。
が、パート6を解き終わると、14時05分となっていて、
パート5と6で結局20分使ってしまっていました。

理想としては、14時までに終わらせたて、パート7に余裕を持たせたいところです。

パート7での時間切れで悩む方が多いのですが、パート7は一度は全文を読む必要があります。
極端な時間短縮を目指すよりも、しっかり正確に一読することが大事です。
一度で理解し読み返しを減らすのが、向かうべき方向で、速読を目指すのは、ちょっと違います。

逆に、時間短縮は、パート5でやるのです。
パート5は全文読まなくても解けますから。

ということで、今週はパート5対策のセミナーです。

講義に加えて演習を大量にしますので、解き方を体感いただけると思います。
パート5の正答率を上げるため、更には解くスピードを上げるため、是非ご検討ください。

1dayセミナーのページ

SLC
矢田

100人!

2019/10/01 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

山口講師のYouTubeチャンネルが、登録者100名様を突破しました!
視聴してくださる、皆様のお陰です。

今日から消費税が上がり、実質値下げをしている会社さんは多いと思います。
また、東京都の時給は1,000円を超え、小さな会社にとって、人を雇っての商売は、非常に厳しい現実です。

ただ、小さな会社の強みは、「超属人的」に仕事できるというところです。

私達は、「超属人的」にやってまいります。

それぞれが、自分を再利用をしていくことが、大事だと思っています。

自分の持っているものを、無駄にせず、何度も何度も再利用すれば、
人を雇わなくても、発展できると思うので、そんな方向でSLCは頑張っていきます。

それぞれが、持てるものを再利用していますので、私たちのチャンネルを宜しくお願いします。

山口講師の先日の受験レポートです。↓



SLC
矢田

TOEICテストを受けてきました。

2019/09/29 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

公開試験、受験してまいりました。

会場が自宅から近かったので、気持ちに余裕を持ち過ぎ、到着ギリギリとなってしまいました。

開始直前の時間、会場の前では、タクシーで乗り付けた受験者が、バタバタと降りてきて、ビルの中に駆け込んでいき、
「スゴー」「大人って感じだ!」と、ワクワクしました。

私は、1つ目の写真が、女性が掃除をしているものでした。

今回は、前回7月に比べると、かなり解きやすかったです。

前回の悪夢(解き終わらない)があり、あまりに急いで、薄く読み飛ばしたので、時間を10分残してしまいました。
もう少し、じっくり根拠を探せばよかったなと、後悔しています・・・。
えいやっ!とやっつけた問題が多く、ミスしてそうです。

リーディングセクション、「これぞTOEIC!」と思う、すごくスタンダードな、TOEICで聞いてくるだろうなと思われる問題が連続していたように感じました。

パート5は、品詞の問題、接続詞の普通の問題、接続詞に分詞が続く問題、代名詞や関係詞、それから語彙と、
対策本に出ている、これが出る!っていうのが、出ていました。

語彙は、TOEICっぽいというより、ちゃんと中学高校で習う単語の基礎があるかというのが、問われていた気もします。
ですので、大人向けのTOEICの単語本だけでなく、普通の語彙(学校で習うやつ)も、覚えましょう。

パート7も、案外普通の語彙が、足を引っ張っている可能性があるなと思われる、問題でした。
TOEICらしくない、普通の語彙、会社用語だ!って感じじゃない、普通に学校で習ってきた語彙、
そういうのが、いっぱい入っているなというのが、今回感じたことです。

文法問題でてこずった方は、是非来週日曜日の「英文法特訓セミナー」をご検討ください!
頻出文法の解説から始まり、パート5の問題演習をたくさんします。
1日で自信をつけることが、きっと出来ます。

SLC
矢田

2019年9月度第243回TOEIC L&R公開テスト受けてきました!

2019/09/29 - BLOG

SLCの山口です。

本日のTOIEC L&R公開テスト受験された方、本当にお疲れ様でした。
東京はやや蒸し暑い曇り空、終わって外に出たら晴れてました!

さて、今回の感想にいきましょう。
今回も複数の違ったフォームがあり、人により難易度の印象がかなり異なるようです。
私は15:01終了で、最初の写真は、カウンターの後ろに立つ女性でした。

その印象は…
リスニングが難しかったんじゃないですか?です。
【リスニング】
パート1、やや難。パート1によく出る難単語が多く出題されてました。
パート2、難。とにかく設問が難しかった。答えのバリエーションも豊富で気が抜けない。
パート3、難。設問と選択肢が長い問題が多く、負担感が大きかった。
パート4、やや難。パート3同様の印象です。意図問題も難でしたね。

【リーディング】
パート5、難。語彙問題が難、文の構造を捉えてきっちり読めないと選べない問題が多かった印象です。
パート6、普通。比較的内容が取り易く、文選択問題の難易度も普通でした。
パート7、難。記事問題はなく記事っぽいレビューが一つ。全体にビジネス関連の話題が多く、仕事上馴染みがない方は苦労したのではないでしょうか。

自身108回目のTOEICでした。
春の陣では990が取れなかったので秋の陣は気合入ってます!
パート2の2問目と後半の一問が全く分からなかったのとパート4で一問完全に聞き逃したので結果が気になります。
パート3の途中でゾーンに入ったらしく超楽しい気持ちなりました。
リーディングはパート5+6で20分弱かかってしまいましたが、パート7で挽回して6分前に終わって久しぶりに見直しが出来ました。
結果が楽しみです!

さてSLCでは新刊の公式問題集5を使った模試会が始まりました!ぜひ1月まで続くTOEIC秋の陣、一緒にがんばりましょう!
日々の山口の活動はユーチューブチャンネルで発信中です!是非ご登録お願いします!

https://www.youtube.com/channel/UCy-3nBMnMo36qzvwvvXthlw

SLC
山口

正直が一番。

2019/09/26 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

SEO対策(検索順位の対策)を、開業以来取り組んでいますが、
最近、本質的なことが、分かりました。

それは、「正直が一番」です。

「TOEICセミナー」というワードでの検索で、TOEICの公式ページの次、
つまり、上から2段目にSLCのサイトが上がってくるようになり、とても喜んでいたのですが、
これは、考えてみたら、当たり前の結果なんです。

TOEICセミナーを、毎週やっていますから。
毎週やるスクールって、多分、他にないですからね。

「TOEIC短期集中」というワードでも、上がってきてほしいと思って、
ずっと取り組み続けて、やっと今年、1ページ目に表示されるようになりました。

ですが、順位は9位ぐらいです。

これも、当たり前の結果です。

検索順位1番目に君臨しているスクールは、通年いつでも、短期集中講座を開催しています。
それに比べて、私達の5日間集中講座は、盆と年末、そしてGWの連休だけです。

検索している人にとっては、いつでも参加できる講座が見つかったほうが、いいですからね。
グーグルのアルゴリズムは、すごく優秀だってことです。

ですので、結局、文字をあれこれいじったり、文章をあれこれ考えたりするより、
現実にどれだけ実績を積んでいるかが大事だなと、最近分かってきました。

もちろん、現実にやったことを、サイトに表現はしていかなければなりません。
でも、嘘の表現は意味ないです。
業者に大金を払って、サイト内をいじってもらっても、効果はないと思います。

本当に、世の中の仕組みは、大抵は、よく出来ています。
しかも、段々と、良くなっています。

ということに気がつき、「TOEIC短期集中」は、1ページ目に出れば十分だなと、思いました。
それが、自然な立ち位置だから、これ以上欲は出してはいけないと。

SLC
矢田

学習コンテンツ作り

2019/09/25 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

スタディチャンネル」というサービスに、動画作りで参加しています。

対象は、中学生ぐらいとなります。

他にも先生がたくさんいて、私はシモン先生にはまっています。
小中学生の発音の練習に、とても合っていると思います。
この先生なら、複雑な年頃の中学生も、恥ずかしがったり、反抗したりせずに、
ちゃんと発音を真似してくれそうです。(期待)

選択肢がたくさんあるのは、素晴らしいことだと思います。
選択肢がない、少ない、選べないというのが、悲劇の始まりだったりすることも、ありますから、
多いに越したことはありません。

多すぎて選べない人は、少なくても選べなくて、どっちにしろ失敗しています。

色々な先生が、混在しているチャンネルは、なかなか新しくて、なかなか良いと思うので、
是非、こちらのチャンネルもチェックしてみてください。

SLC
矢田

祝日が難しい・・・。

2019/09/23 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

10月22日が祝日だと、2日前に気がつきました。
そして、12月23日は祝日ではないのですか!

カレンダーが、むちゃくちゃ難しい。
去年買ったカレンダーが、使い物にならない。

カレンダーを信じて予定を組むと、確実に失敗します。

来年も、更にオリンピックですから、難しいですよ。
かなり変化をつけてきています。

講座の予定を、ネットでいちいち本当に祝日なのかを調べながら、
慎重に、考えているのですが、
しかし、ネットは合っているのか?
疑いの気持ちいっぱいになりながら、作業しています。

SLC
矢田

PAGE TOP