BLOG

TOEIC値上げすんの?

2021/04/12 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

ちょっと遅れて驚いています。
というか、耳には入ってたんだけど、しっかり確認していませんでした。
やっぱり、上がるんですね。

7,800円とは・・・。

暗いニュースです。

理由は、コロナ対応でコストがかさんだためのようです。
会場確保とか、消毒とか。

そんなのみんな一緒だよ!
映画館や劇場、飲食店がいちいちそれで値上げしてるかよ!

と文句を言いたい気持ちですが、上がるってことだから、
公開試験で練習するんじゃなくて、事前によーく練習してから受けるとか、
こちらも対策を考えていかなくちゃなりません。

練習の機会として、「解く会」を毎月開催していますが、
回数や種類を増やすなど、検討します。

SLC
矢田

やっと暖かくなった。

2021/04/11 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

ここ数日、冬みたいに寒かったですが、今日は暖かそうです。

渋谷に久しぶりにいらっしゃったお客様には、
「案外人多いですね」と言われますが、駅周辺だけなんですよ。

駅周辺に異様に人がいて、ちょっと離れると、店がどんどん閉店しています。
差が無茶苦茶激しいのです。

この差が、不思議です。

薄めればいいのに・・・、って思います。

店の生き残り方、最初は色々と試行錯誤だったかと思いますが、
今は割とハッキリ見えてきて、
「一人勝ち系」と「のらりくらり系」の2つだなという気がします。

一人勝ち系は、21時以降も営業して、長蛇の列を作り、
史上最高益を叩き出す系。

のらりくらり系は、少し駅から離れた場所にあり、
補助金や家賃交渉などで固定費をギリギリまかない、
バイトさんには泣いてもらい、
自分だけで店を切り盛り、休み休み、たまに営業する系。

あまり、革新的な、ものすごい生き残り方ってのは、ないですよ。
やれ換気できてるから焼肉屋は強いんだ!とか、
やれ新しい発想でお客様が増えている!とか、
テレビ的に面白いものってのは、まあ、ほとんど、嘘ですね。

換気してるから焼肉屋行こうって発想、するかね?
焼肉屋も、普通に潰れています。

とうとう、マークシティの入り口のカフェも閉店してしまいました。
カフェがどんどんなくなっていって、残念です。

マークシティは人があまりいないので、
駅周辺の混雑を避けるためには、マークシティを通って、
道玄坂の上に出るのが、良い方法です。

上まで来たら、もう混んでいません。

SLC
矢田

危機感は大事。

2021/04/07 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

昨日は結果発表の日でした。

この日は、毎月たくさんメールをいただきます。
報告ありがとうございます!

昨日思ったことは、「危機感持ってる人は強い!」です。
危機感に神様は味方します。

解雇されるんじゃないか・・・
次の仕事が見つかるだろうか・・・
コロナでも安定している会社羨ましい・・・

と思うかもしれませんが、

でも、安定していて幸せ過ぎる人は、頑張りが効かないってことが、あるんですよ・・・。

だから、人生に「危機感」とか「絶望」とか、「不安」とか、
そういった要素はエッセンス的に必要ですね。

全ては糧になります!

それから、スコアの上がり方は、本当に人それぞれです。

今現在の力、中学高校での勉強の姿勢、通った学校の水準、
持っているセンス、得意不得意、これまでの環境、
本当に、人によって、全然違うんです。

人は見た目も違うかもしれませんが、中身はもっと違いますから、
見た目なんて人間ほとんど一緒っす!!

他人と比べても意味はないし、
コロナでも安定している他人の職場を見て、
自分は不幸だとか、不安定だとか思っても、仕方ないというか、
長い目で見れば、どっちもどっちですよ。

危機感があるのはチャンスです。
事実、私の勝手な判定ですが、昨今のTOEIC結果を分析してみた限り、
危機感持ってるほうが圧倒的に強いです。

危機感持って、頑張って、スコアアップされた方、おめでとうございます!
危機は去っていませんが、今の姿勢を持ち続ける限り、絶対大丈夫ですよ。

SLC
矢田

音声入力

2021/04/05 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

便利な時代になりました。
単純作業はどんどん機械化できちゃいます。

ここ数年、矢田弘巳さんは音声入力をやりたがっていて、
試してみては、「うまくいかへん・・・」と、よくガッカリしていました。

それが昨日は結構うまくいったみたいで、とっても嬉しそうでした。

矢田弘巳さんは、数年前まで機械とかネットとかコンピューターとかがものすごく苦手で、
全部私が設定してあげる必要があり、非常にめんどくさかったんです。

「やってもらえるから」という姿勢が見え見えでした。
こういうのが職場にいると、イライラすんですよ。

でも、おっさんも変化します。

きっかけは、YouTubeの動画編集でした。
近所のIT会社の方が、たまたまですが、親切に個別指導をしてくれました。

その日を境に、突然全部できるようになったんです。

子供の時にはプラモデルの組み立てもできなかったそうなので、
もうそういうことは全部無理なのかと諦めていたけど、
そんなことはありませんでした!

人間、やればできます!

で、音声入力でどんな作品を作りたいのか分からないのですが、
何かテキストコンテンツができるのでしょう。

40代からでも、苦手克服は可能です。
英語も可能です。

要は、「教えて」「やって」「分からない」を止めることです。
自分の手で調べて(辞書を引く)、自分で考える(構文を見抜く)、
そういう作業が日々当たり前にできるようになったら、もう大丈夫です。

得意な人、いや得意とまでいかなくても、特に苦手意識のない人は、
「ああなのかな」「いや、こうかもしれないな」という時間が、
当たり前にあって、別に苦痛でもなんでもないんです。

その試行錯誤する時間をスキップして、一直線に正解を手に入れ、
何かを習得するっていうのは、そんなことは無理です。


SLC
矢田

暖かくなりました。

2021/04/04 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

渋谷の桜も葉桜となり、気温も暖かくなりました。
春休みなので、渋谷は学生さんが多いです。

コロナの初期は、コロナがなくてもちょっと難しかったかな・・・
という感じのお店が閉店していきましたが、
今は普通にやれてたはずのお店が、なくなっていきます。

「群れて騒ぐことをやめる」のが目的であるのであれば、
全ての飲食店を悪者扱いする必要はないし、
飲食店だけが原因なわけではないのに、
全く悪くなさそうな、一人か二人連れのお客さんが主の喫茶店なんかも、
閉店作業しているのを、昨日見かけました。

その一方、夜はお店には入らない人々が群れて騒いでいる渋谷、
多くのお店や施設が、閉店に追い込まれたことに、本当に社会的意義があったのか、
とっても疑問だと思います。

そして、公務員の方々が、一部の方々だとは思いますが、
相変わらず群れて騒ぐというのであれば、
一体その公務員からの命令で休業や時短をし、閉店に追い込まれた店は、
一体なんだったんだろう。

本当に、社会全体のためを考えて、考え尽くしたうえで、
一部のものに泣いてもらうのが、全体のためだという、
涙の決断、苦しい決断の上での命令だったのか?

それとも、「ま、とりあえず、やっとく?」的なものだったのか?

本気でやるなら、本当に本気でやらないと、誰も言うこと聞かなくなりますよ。
既に、渋谷の夜は、店が開いていないにも関わらず、人は群れ、騒いでいます。
(昼間は大丈夫です)

群れて騒ぐことを止めるんだという、シンプルな目的が、共有できていないまま、
このまま飲食店だけに負担を押し付けて、オリンピック開催するのか?

ってか、私は「群れて騒ぐことを止める」のが目的で時短要請が出てるんだと認識してましたが、
もしかして、違うんですかね。

とりあえず、何かやるための、それっぽい何かってノリなんでしょうか、
と思っちゃう、そんな感じです。

SLC
矢田

講師になるには習い上手にならないと。

2021/04/03 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

たまに、「講師になるにはどうしたらいいんでしょう」って聞かれます。

実は、習い上手は教え上手なんです。

「独学でペラペラになったオレのスゴイ勉強法」ってのに、
課金したいですか?

これはインフルエンサー業の典型で、
課金しちゃう養分さん(お客様のこと)は多いですが、
まともな社会人、課金しますかね。

どういう講師がお勧めかと言うと、その講師自身に尊敬する師がいて、
「先生は偉い!」って思っている講師です。

SLCの講師、
例えば矢田弘巳講師は、大学生になっても、大学受験予備校に通いまくっていたし、
山口講師は、TOEIC満点取っても、TOEIC対策講座に通いまくっていました。

「金の無駄だ」と、思う人もいるでしょう。

でも、私から言わせると、「TOEIC講師になるための講座」に通うほうが、
金の無駄です。

お客様は、どこかで習った「教え方」をそのままコピペしてるだけの講座に、
商品価値なんて、感じてくれないんですよ。

「なんとかというティーチング資格を持っているんだ!」って自慢する講師、
全く応用が効かないし、自分の頭で考えません。

反対に、多くの例を自分の足で探し、自腹を切って生徒になり、
その多くの例から自分の思想、自分の世界観を作っていった講師だと、
現在発展中で、ちゃんと毎年講義は更新され、世界観は広がっていき、
また、聞いてて面白いんですよ。

勉強は、面白くないと。

今は動画でいくらでも同じ講座をシェアできてしまうので、
習ったことをそのまま言ってるだけの講義なんて、全然意味ありません。

どうしたらスクールが作れるか?も同じです。

私は人から何かを習うのが好きで、スクールが好きで、
今も週に3回ぐらいは何かのクラスに通っているので、
だから自分でもスクールが作れて、運営できています。

お客さん上手にならないと、運営上手にもなれません。

だから、「店の作り方講座」「集客講座」とかに課金するよりも、
いっぱい自分の足でお店に行き、スクールに行き、
観察して、具体例を吸い上げ、自分なりの法則に仕上げていくと、
段々できてくるなあと、思います。

何事も、できるようにしてくれるパックみたいな講座ってのは、ありません。
自分の足で、自分の頭で、汗をかいて手に入れないと、手に入りませんよ。

SLC
矢田


簡単な単語ほど、辞書を引こう。

2021/04/02 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

今は便利な時代で、とてもよくまとまった単語集があるし、
TOEIC公式問題集には、和訳例と単語や熟語の欄もありますので、
あまり辞書を引かなくても勉強できてしまいます。

辞書を持っていないということも、珍しくないと思います。

確かに、難単語をいちいち辞書で確認する意味は全然ありません。
例えば、「hypothesisって何だ?」と思い、横にある和訳例をみて、
「仮説って意味なんだな」と分かったら、もうそれでOKで、
「本当に仮説って意味なのだろうか?」と更に辞書を引くなんて、
時間の無駄です。

じゃあ何のために辞書を引くのかと言ったら、
簡単な単語のためです。

例えば、allという単語、品詞は何なのか?
形容詞が有名ですが、名詞もありますね。
TOEICの中でも、しょっちゅう主語や目的語になっています。

でも、「えっ?名詞だと思っていなかった」という方は、案外多いです。

更には、「えっ!形容詞だと思ってた」(合ってます。形容詞です。)
「知らなかった。名詞って、知らなかった。」(相当時間が経過していく)
と、知らなかったことを受け止めるのに、かなり時間がかかることがあります。

知らなかったことは全然問題ではない!
今知ればいいんです!

こういう時、なかなか受け止められなかったら、
辞書を見たら、一発で納得いきます。

それから、動詞にしても、getとかhaveとかcomeとか、
そういう基本単語ほど、何度も何度も辞書を引くんです。

自動詞なのか他動詞なのか、
第何文型を取るのか、SVOCを取ると分かったら、
Cの形はどうしたらいいのか、それをいちいち調べるんです。

そういうことが、1~10まで書いてある便利な本は、
便利な現代においても、ありません。

それに、一生をかけても、1~10まで知ることなんてできないんです。

できないことは、さっさと諦め、いちいち辞書を引く習慣を持ったほうがいいです。
諦めてはいけないのは、英語力向上と、TOEICスコアアップです。

ということで、難単語をいちいち辞書で確認するのは時間の無駄なのでやめておいて、
現代の便利な機能を頼りましょう。

そして、どんなに便利な機能が増えてきても、
自分にしかできないこと、簡単な単語の使い方を1つ1つ知っていくという作業は、
コツコツ辞書を引いて、自分の手で獲得していきましょう。

SLC
矢田

計算ができない。

2021/04/01 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

私は計算が大の苦手で、日常生活にも支障があるレベルに苦手です。

小学校の時に計算ドリルをすると頭痛がして、吐きそうになったので、
計算するのをやめてしまいました。

勝間和代さんのYouTubeを見ていると、時々、
数に強くなる方法について、話してくれています。

普段から、数字に置き換える習慣を持ったほうが良いそうです。

果物を手にしたら、「何グラムぐらいかな」と、想像してみたり。

なるほどです!
私はそれができてないのです。

何メートルとか、何グラムとか、数字で表現されると、
頭が痛くなります。

できてない私が言うのもなんですが、計算できない大人が数に強くなる方法として、
算数ドリルを解くとか、『大人のやり直し数学』みたいな書籍を購入するとかじゃなくて、
「何グラムか想像する」ことを推奨する勝間和代さんは、スゴイと思うんです。

英文法もそうだからです。

私は、小学校の時から、しゃべりながら、「形容詞」「副詞」という意識がありました。
更には、動詞を五段活用させている意識もありました。

よく、「ネイティブは無意識でしゃべってる」と言いますが、
「は?」って感じです。

意識しています。

大人になってから、みんながそうではないって、気が付きました。

ものすごく英文法が苦手な方の中によくいらっしゃるんですが、
例えば文法の本なんかを買って、
書いてある1~10までのルールを覚えれば、知識が完成すると思ってる方がいるんですが、
全然そうではないんです。

普段から意識することです。
苦手な方は、普段、本当にもう、全く、全然、意識していないんです。

口にした単語が、名詞なのか形容詞なのか、副詞なのか、
普段から意識することが大事で、まずは日本語で意識することです。

書籍というのは、多かれ少なかれ「単純化」しています。
また、「引き算の美学」というか、スペースの都合というか、
情報を削って削って、一冊の書籍という形にしているので、
書籍に書いてあることで必要な知識が完結なんて、
そんなことは起りません。

それよりも、普段考えることのほうが、ずっと膨大な、
大きな自分の知識になりますので、
苦手な方は、お願いですから、「考える」ことをしましょう。

計算できない私が言うのもなんですが・・・。

計算できない理由は、勝間和代さんのおっしゃる通りで、
私は日常生活と計算を、別物だと思ってて、
普段から数を数えない、数で表現しないクセがついちゃってるからです。
反省してますが、なかなか治りません。


SLC
矢田

相談は大事。

2021/03/30 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

SLCにお問合せくださる男性のお客様、
「じゃ、奥さんに相談してから、また電話しますね」
とおっしゃる方が多くて、スゴイ!って思っています。

絶対、いい人です。

相談って大事です。

反対に、隠蔽体質って百害あって一利なし。

大体、隠蔽体質の会社はお客さんを騙しているし、
隠蔽体質の個人は家族を騙しているし、
隠蔽体質の国は、国民を騙しています。

更に、因果応報なのか、隠し事をして、他人を騙していると、
逆に自分も悪い人に騙されてしまうんですよ。

かつて、そんな怖い思いをして、そして隠蔽体質が治る人間も、おります。
(ここに)

うちの矢田弘巳も、隠し事をしないように、
私がすっごく厳しく指導しました。

「報連相」のホの字も、代ゼミは教育してくれてなかったんです。

が、厳しく教育しても教育しても治らなかったのが、
ある怖い出来事をきっかけに、一夜にしてすっかり報告人間に生まれ変わりました。

ですので、なんでも奥さんに報告している方を見かけると、
「昔、怖い目に遭ったのかな」と勝手過ぎる想像も、よぎってしまいます。
すみません。。。

いや、とにかく全て報告、小さなことも報告って、大事です。
その小さな積み重ねが、無事故に繋がります。

ところで、小さい会社のセキュリティ対策は、オープン、あけっぴろげに尽きます。

全て隠さず出す人間のところに、
「ここだけの話ですよ。誰かに相談したら反対されるから、内緒で進めましょう」
って人は、全く近づいてきません。
近づいたら、危ないですからね。

ということで、隠し事をしないのは大事だなあと思った、という話です。


SLC
矢田

桜が満開

2021/03/26 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

渋谷は桜が満開です。

渋谷にも桜丘坂という桜並木があるんですが、
今年はなぞの紫のライトアップで、桜っぽくないです。

なんなんだ。立ち止まらせない作戦か?

桜並木は人通りはそうでもないんですが、
夜の繁華街は、外飲み集団もいて、ごった返してます。

家にいると面白くないって感覚が、英語学習者にしてみると、
いまいち分からないんですよ。

勉強習慣があると、暇ってことがないし、手持無沙汰ってことがないし、
巣篭り需要ナニソレ?って感じに、なりませんかね。

単語覚えりゃいいじゃんか。

暇なら暇で、することはいくらでもあります。

ってことで、暇で困っている時点で、
「勉強する時間がなくて英語ができません」ってのは、
嘘だった、ですね。

英語やろう。TOEICやろう。

色々、日本の学力とか経済面とか平等とかの数値が落ちて、
先進国最下位あたりにいるのを見ると、なんとかしなくちゃと思いますが、
なかなかなんとかできる力はありません。

英語力は、間違いなく最下位レベルだと思うんですが、
それも他の数値を引き下げる原因の一つだと思うし、
こればっかりは、政府が悪いとかも少しはあるかもしれないけど、
勉強しない個人が悪いってだけの、単純な話です。

理解して覚える、その繰り返しは、自分の代わりに誰もやってくれません。

英語を勉強するのも、微力ではあっても、社会貢献の一つになるのではないか?
とも、思うところです。

SLC
矢田

PAGE TOP