BLOG

サッカー

2022/11/26 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

野球が大好きでサッカーについては何も知らない矢田弘巳さんが、
テレビのスポーツニュースをじっと見つめているので、
「さすがに日本が勝ったら面白いのかね」と聞いてみると、
「う~ん・・・」

どうやら、TOEIC受験生や大学受験生に与える影響について、
不安がっているようでした。
みんながテレビ見てしまうんちゃうやろか・・・という不安です。
職業病みたいなもんです。

「試験に集中してる人は、日本が勝ったことに気づいてないよ」
と安心させときました。

で、自分で言っておきながら、「そりゃそうだ!」と思いました。

私も、英語の勉強に狂っていた時期や、司法書士試験の直前期だったら、
この期に及んで、日本が勝ったって、絶対に知らなかったでしょう。

試験というのは、この期に及んで気づいてない人達に、勝たないといけない。
厳しいですが、それが現実。

「選手から勇気をもらい、自分も頑張ろうと思いました」
なんて言ってては、だめなのです。

その台詞、よく聞きますが、頑張ろうという気になっているだけで、
本当に頑張るかどうかは、まったくもって怪しいもんです。

勉強して試験で結果を出して、そのことで人生が変わったり、
見えている景色が変わったり、環境が変わったり、
何かがガラッと変わるくらいの事を起こそうとするならば、
今、気が付いてないくらいの、集中力が必要なんですね。

SLC
矢田

読書が止まらない秋

2022/11/25 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

元々読書好きだったのだけど、
このところは司法書士試験のために、
読書量を抑えて過ごしていました。

そして合格後、雪崩が起きています。
もう何冊読んだか・・・。
アンカウンタブルです。

海外の小説を読むと、色々気が付きます。

例えば人称。
英語では性別を区別しないように三人称単数にTheyを使うという流れがあり、
韓国語では彼を使うようになったりしているので、
それが日本語訳された時に、
「花子さんはそう述べ、そして彼はどうのこうの・・・」ってなり、
彼は花子さんのことだと気が付くのに、少々時間を要すことがあります。

最初は違和感があるのですが、読み進めていくうちに、慣れますね。

区別しない表現方法だと、区別しない世界観で考えるようになり、
最近の韓国の小説は性別を明らかにしないまま進むことがあり、
同性愛なのか異性愛なのかも読み手によって解釈が変わるというのがありますが、
それが全く、違和感がないのです。

日本語も、変わるかもしれません。

とにかく世界はどんどん変わっているのが、小説から感じます。

語学を勉強し、たとえ原語で読めるほどの語学力には至らなくても、
「ああ、これはこういう事情でこう訳したんだな」と分かる程度の語学力があると、
色々分かって楽しいです。

SLC
矢田

2022年11月20日第309回TOEIC L&R公開テスト受けてきました!

2022/11/21 - BLOG

シュウです。

本日のTOEIC L&R公開テスト受験された方、本当にお疲れ様でした。

私は午後のTOEICを受験しました。東京は雨が降りそうな寒い一日でしたね。
終わると真っ暗&雨で冬を感じました。でも今回もTOEICを無事に受けられて感謝です。

さて今回の感想にいきましょう。

今回も個々人によって難易度の印象がかなり異なるようです。
私は17:01終了で、湖でヨガをする女性のフォームでした。

その印象は…

今回は、「リスニング、速い感じがしたなあ~」です。

【リスニング】
パート1、普通。人無し写真が2枚、最後の写真に見覚えあり
パート2、普通。出だしがやや聞き難かったが後半の難化があまり感じられなかった
パート3、やや難。会話中に紛らわしいキーワードが出てくるのが印象的だった
パート4、難。スピードも速く、内容も取り難いものが多かった感じです

【リーディング】
パート5、やや難。このパートが苦手な人には時間が掛かるセットだった
パート6、やや難。いくつか悩ましい問題があり、サクサクとはいかなかった
パート7、普通というか良く分かりません。内容は取り難かったが、時間がなく設問と選択肢からアプローチしたので読み込みが足りなかった。

個人的には通算128目の公開テストでした。
前回が不本意な結果だったのでリベンジしたかったのですが、パート5で波に乗れず、パート7は検討不十分な解き方になってしまいした。
パート5,6で25分、パート7が45分、見直しの時間6分では厳しい結果が予想されますが今回も仕方ないですね。

SLCでの公式問題集9の模試会を実施中です。本番に近いと評判の公式9をぜひ一緒にやりませんか?
お待ちしております。
日々の山口の活動はユーチューブチャンネルで発信中です!
是非ご登録お願いします!

https://www.youtube.com/channel/UCy-3nBMnMo36qzvwvvXthlw

SLC
山口

励ますのは大事。

2022/11/14 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

さっき勝間和代さんのYouTubeを見てみたら、
物事の継続には他者からの励ましが大事だという話をされていて、
これは本当に本当だわ、確かにあの分量に圧倒される司法書士試験、
励ましてもらいながら、なんとかやり切ったわ、と思いました。

励ましてくださった方々、本当にありがとうございます!

昨日テレビを見ていたら、統一教会信者の家族の方が、
「マインドコントロールされた人の家族に取消権を与えてほしい。」
という話をされていて、
まさに、これが、私がこの試験を目指すきっかけとなった、
あの時の気持ちなので、
これから頑張ろう!と思いました。

その当時は知識が足りな過ぎて言語化できなかったけど、
マインドコントロールされた人がやったことを家族が取り消せないなんて、
そんなのおかしい、
マインドコントロールという技を持っている人のやりたい放題ではないか、
他者を好き放題に操れる人は、他者を道具にして何をしても責任を負わないし、
搾取し放題だし、
そんなの絶対におかしい、と憤って、ものすごい勢いで勉強を始めたので、
初心を忘れず、納得のいかない気持ちの方に寄り添いたいんです。

で、「励まし」ですが、自分が励まされるためには、励まさないといけませんね。
励ますって、本当に大事です。
何もできなくても、励ますことが、大事です。

そうすれば、自分も励ましてもらえて、継続できます。

納得のいかないことを世間に訴えている人のSNSには、いいねを押したり、
励ましのメッセージを送ったり、
すごいことが出来なくても、小さなことでも、
とにかく励ますことがものすごく大事だと、ここ最近思います。

励ますことと、励まされることで、「継続」ってのは可能ですから。
日頃から、誰かを励まさないと、勉強の継続ってできないですよ。

とにかく、励ましておきゃあいいんです。
励ますくらい、なんのコストもかからず、できるじゃないか。

馬鹿にしたり、冷笑したり、わざわざそんなことをしても、
何の得もないし、結局自分も励まされないので、
何も継続できない人になってしまう。

励ますくらい、ゼロコストでリターンの大きいことはない!ですよ。

SLC
矢田

formが苦手で

2022/11/10 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

TOEIC頻出のform、
formをfill outしろとか、completeしろとかで出てくる、
あのformをfill outしたり、completeしたりするのが、
とても苦手です。

だから、オンラインショッピングをしないんです。
名前とか住所を、あの箱の中に、正しい場所に打ち込むのが、
ものすごく、苦痛です。
必ず拒絶されて、もう一度やり直してくださいってなるので、
だったら店行きます、ってなります。

ですが避けられない事態が・・・。

司法書士新人研修の申込は、オンラインでした。
研修もコロナになって大部分がオンライン。

半角とか全角とかの指定に、いらいらいらいら・・・。
この指示全部守るの、大変すぎる。

矢田弘巳さんに手伝ってもらって、
なんとかformに打ち込みました。

そしてまだ、住民票と合格証書をスキャンして、
サイトの中でどうのこうのって大仕事が残っている。

こんなことで、私この仕事できんのか?

多分、できると思います。
段取りだけは、誰より出来る。
誰よりかどうかは分からないけど、段取れます!

研修の申込はオンライン化されているけど、
司法書士試験の申込は、コロナ対策のため、
風のビュービュー吹く法務局の中庭で、
紙押さえながら願書を書いた思い出が、あります。

なぜなんだ?と思ったけど、私にはあのほうが良かったです。

TOEICはさすがです。
オンラインの試験申し込み、全角とか半角とか言ってこなくて、
私でも簡単に出来ますから。

SLC
矢田

試験に成功するには

2022/11/07 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

大体において、試験勉強に成功する人は、
「どれだけやれば?」とか「何時間勉強すれば?」とかに、
興味を示さないくて、そんなことは聞いてこないんです。

スケールがでっかいく、いきたいものです。
「ん?音読?ネイティブにキャッチアップしようと思ったら、
持てる時間ずっと口動かしてなくちゃ!」
ぐらいのザックリ感です。

「1日5分でいいですか?」
「10分でいいですか?」って発想が、そもそもない。

自分の持てる時間全てをつぎ込んで、成果を上げればいいじゃないか。
持てる時間が5分の日は、5分でもいいんですよ。

そして、もし暇な日があったら、一日中勉強する、
それはごく普通のことです。

SLC
矢田

占いの思い出

2022/10/28 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

人生で一度だけ、有料の占いに行ったことがあります。
定価五千円のところ、友達紹介割引で三千円ぐらいでした。

なぜ行ったかというと、SLCを運営していくにあたり、
判断をしなくちゃならない局面というのがありますが、
最初は今ほど勇気と決断力がなくて、
う~ん、占いに決めてもらおう、と思い、行ったのです。

結果としては、決断の助けになって良かったんですが、
実は、ついでに色々言ってもらったことが、続々と、現実となっているのです。

例えば、
「あなたは数年後にはSLC以外にもう一つ何か仕事を始めて、2つを切り盛りします。」
というお告げ。

はい。来年から司法書士事務所もやろうと思っています。

こういうの、ジャグリングです。

ジャグリングって、お手玉のイメージが強いと思いますが、
juggle two jobsのように、複数の事を同時進行させるという意味があって、
その意味がTOEICテストに出ます。

当時そのお告げを聞いた時は、
「いや、1つで精一杯ですから、無理です。」って思ったんですが、
自然の流れで、こういうことになってきている。

暗示の効果かも。

イメージって、大事です。
司法書士試験の勉強中も、先生がよく、
「毎日イメトレをするように」とおっしゃっていました。

イメージしちゃうと、そうなってくるって、本当にあるようです。
占いも、馬鹿にしたものじゃありません!!

こんなに当たったのに、その後占いに頼る局面がなく、
割引もしてもらったのに、リピーターになっていないのが、
なんとも申し訳ないくらいです。

とにかく、「イメージ」です。

英語が得意になっているイメージ。
TOEIC900点を取っているイメージ。
パート7で時間が足りているイメージ。

イメージすらできないことが、現実になるか?
ならないだろう。

「イメージ」は、結構な力があって、
なんでなのか不思議ですが、本当に現実になりますので、
英語学習にもイメトレを取り入れると、良いかと思います。

SLC
矢田

勉強の情報

2022/10/27 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

またこの話なのですが、令和4年度司法書士試験に合格した今、
勉強の情報はSNSから取ってはいけない、と強く、再度、確信しています。

スクールや、プロの先生の発信する情報は、取ってもいいです。
むしろ、取ったほうがいいです。

危険なのは、「まだ成功していない人々」が語り合っている情報です。
だから、プロの先生の情報であっても、そのコメント欄が危険なのです。

ユーチューバー的な存在になってしまっている先生の情報は、
よちよち歩きの時は、避けた方が無難でしょう。
コメント欄に巻き込まれない強さがあれば、大丈夫なんですが、
よちよち歩きだと、巻き込まれちゃいます。

さすが私、自分で言うのもなんだけど、
司法書士試験の講座を申し込む時、一切ネットの情報を見なかったんです。
各予備校のホームページしか、見ませんでした。
口コミとか、全く、見ませんでした。

本能的に、そういうのを見てはダメだと、思ったんです。

勉強中も、YouTubeは伊藤塾(法律資格の予備校)の動画のみ。

ただ、合格前は、ちょっと色々、SNSとか、見るようになりました。

面白いけど、カオスです・・・。

素人の時に見なくて、良かった。

危ないのは、書いてあることが嘘ではなく、「確かにそうだ」と思うことが書いてある。
でも、ビミョーに、ずれているんです。

このビミョーなずれを、素人の時に見てしまうと、ズレっぱなしになって、
おそらく合格しなかっただろうなと、思います。

SNSに巻き込まれない頑固さも、勉強には大事だと思います。

そして、スクール発信の動画を見よう!
SLCの動画は、大丈夫。是非、毎日見ていただきたいです。

SLC
矢田

2022年10月23日第307回TOEIC L&R公開テスト

2022/10/23 - BLOG

山口シュウです。
本日のTOEIC L&R公開テスト受験された方、本当にお疲れ様でした。
私は午後のTOEICを受験しました。
東京は秋の過ごしやすい一日でしたね。
今回もTOEICを無事に受けられて感謝です。

さて今回の感想にいきましょう。
今回も個々人によって難易度の印象がかなり異なるようです。
私は17:01終了で、帽子を被った女性のフォームでした。
その印象は…
「今回は標準的なTOEICだったなあ~」です。

【リスニング】
パート1、普通。人無し写真が2枚、紛らわしい問題はありました
パート2、普通。全体的にはやり易かったが、最後の4問はやや難かな
パート3、普通。会話中に出てくるキーワードを逃さなければ対応できたかな
パート4、普通。前半に答えが集中するセットがあったが、標準レベルかな

【リーディング】
パート5、普通。前置詞問題などでいくつか悩ましいのがありました
パート6、やや難。主題は取り難くはなかったが、いくつか悩ましい問題があった
パート7、普通。英文量も標準レベルで、設問の難易度もいつも通りだった

個人的には通算127目の公開テストでした。
今年はリーディングであと1問足らずに満点を逃し続けていますが、今回もそんな感じかもしれません。
見直しの時間は6分あったのですが、相変わらず少数の悩んだ問題でミスをしています。
次回こそ頑張ります。

SLCでのTOEIC模試会では次回から公式問題集9に入ります。
初回11月13日は公式問題集9 Test1、12月11日はTest2となります。
お席に限りがありますのでお早目にお申し込み下さい。お待ちしております。

日々の山口の活動はユーチューブチャンネルで発信中です!
是非ご登録お願いします!

https://www.youtube.com/channel/UCy-3nBMnMo36qzvwvvXthlw

勉強する理由なんて要らない。

2022/10/21 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

理由を言えないとやらせてもらえないってのが、非常に良くないと思うのです。

なぜその学部に行きたいのか言えないと学費を出してもらえない。
なぜ我が社に入社したいのか理由を言えないと採用してもらえない。
なぜそのプロジェクトを進行すべきなのか理由を言えないと予算を出してもらえない。

それっぽい理由を作れる人を大量生産してしまい、情熱で動く人がいなくなる。
これらが、日本の衰退の原因だと、私は思っています。

それからまた、
英語を勉強したらどんな良いことがあるんですか?
それ教えてもらわないと、ヤル気でないっす。
みたいなのが、出現してくるんですよ。

どんないいことがあるかなんて、私は知らん。
何もないかもしれないんじゃない?
それでもやりたければやる、やりたくなければそのままどうぞ。
って感じです。

「やってて良かった」と思うのは、自分が予想もしていなかった時に、思うものですよ。
想像していた「良かった」が、来るわけないじゃないか。

自分の頭で想像できる「勉強する意味」なんて、しょぼすぎです。
「旅行に行った時に、英語で注文できたら良い」とか、しょぼい。

私は、英語を勉強していて、良かったなあと思うことが、最近ありました。

それは、司法書士試験の勉強をしている時に、起こりました。

「民法よ。お前は、英文法なのか?」と、頭の中で「民法=英語」となり、
民法が得意になったのです。

どちらも「法」ですし、西洋から来たものだからなのか、
英語の構造を理解していたことで、ものすごく、助けられました。

ただ、数学が得意な人は、「法律は数学と同じじゃないか?」とか思うらしいので、
結局全ての体系というのは、共通しているんだろうと思います。

当たり前ですが、司法書士試験の勉強をするために、
事前に英語を勉強していたわけではないです。

でも、繋がるんですよ。
自分の意図しないところで、繋がります。

だから、一体何のためなのか分からなくても、
「なんとなくひかれる・・・」
という直感で、行動するので十分じゃないか!と、思います。

何も理由はなくても、なんとなくやらねばならない気がしたら、
きっと思ってもいなかった時に、思ってもみなかった形で助けてくれるので、
勉強しましょう!と言いたいです。

SLC
矢田

PAGE TOP