BLOG

TOEIC問題の中にも動画の話が

2019/10/29 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

ふと思い出しました。
先日受験したTOEICの問題で、確か、動画の話題があったと思うんです。
詳細まで思い出せないんですが、リスニングだったと思います。

YouTubeをやっているので、これから動画の時代が来るなあと感じるているんですが、
TOEICの中にも、動画の話題が出てきたなあと、受験しながら、思いました。

それ以外にも、車のシェアや雇用の課題など、時代を反映する話題が多くて、面白かったです。

それから、パート1の作り方に、感動しました。
今までは、「このパート意味あんのか?」と、正直思ってましたが、
こうやってくれると、意味ありますね。

色々と創意工夫を凝らしてきて、発展していて、
たかが試験ですが、面白いです。

こんな試験で英語力を測定できるか!とか言ってる意見も、
まだまだあるようですが、
これ以上の測定器を作れる個人、会社があるわけないじゃん。

「うちは、TOEICによらない、独自のレベルチェックで、真の実力を、うんぬんかんぬん・・・」
とか言ってる、英語教育っぽいサービスとか、ほんまかいな・・・。

自分がまだ英語がよく分からない段階だと、何を信じていいのか分かないということがあるかもしれませんが、
多くの人が関わっていたり、長年試行錯誤されていたり、そういうものを信じましょう。
たとえどんなに賢い人であっても、1人の力なんてしれてるので、レベルチェックの仕組みなんて作れませんよ。
と、私は思います。
TOEICで高得点が取れることが、英語力の証明です。

とか言いつつ、今日は12月のTOEICの締め切りですね。
なんと、初めての、申し込み忘れをやってしまいました。
昨日の夜思い出し、申し込もうとPCに向かった瞬間忘れ、その後ずっと忘れ続け、
15時の締め切りを過ぎ、思い出しました・・・。

SLC
矢田

2019年10月度第244回TOEIC L&R公開テスト受けてきました!

2019/10/27 - BLOG

SLCの山口です。

本日のTOIEC L&R公開テスト受験された方、本当にお疲れ様でした。
東京はやや涼しい秋の日でしたね。さて今回の感想にいきましょう。
今回も複数の違ったフォームがあり、人により難易度の印象がかなり異なるようです。

私は15:01終了で、最初の写真は、ノートPCを使っている男性でした。

その印象は…
パート3が難しかったなあーです。

【リスニング】
パート1、難。いつもと異なり間違いの選択肢が巧妙で紛らわしい問題がかなり出題されてました。
パート2、やや難。前半はスピードが速い問題が多く、20番台半ば難問揃いだった。
パート3、難。選択肢が分かりにくいものが多く会話の内容をしっかり聞く必要もあった。
パート4、やや難。パート3同様に選択肢が難しい印象でした。意図問題が超難でした。

【リーディング】
パート5、普通。いくつかの語彙問題が難。難易度は普通でしたが意外と時間が掛かった。
パート6、難。前回より内容が取り難く、文選択問題が1問目で対応し難かった。
パート7、普通。記事問題は1問。MPの後半が読み易かった。出張費の清算や会議の設定など、定番のビジネスシーンが多かった印象。

自身109回目のTOEICでした。
9月は一年ぶりに990が取れたので今回は気合が少し足りなったかも(^^;)。
特に今回はパート3が難しかったのでやや焦りました。
リーディングは前回同様パート5+6で20分弱かかってしまいましたが、パート7で挽回して10分前に終わって見直しが出来ました。結果がどうだろうなあ。

SLCでは新刊の公式問題集5を使った模試会を絶賛実施中です!お待ちしております!
日々の山口の活動はユーチューブチャンネルで発信中です!是非ご登録お願いします!



SLC
山口

TOEIC公開試験を受験してきました。

2019/10/27 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

あ~、へとへとです。
今回やけに、へとへとです。

私が受けたフォームは、1つ目の写真が、
「男性が植物に水をやっている」ものでした。

パート1が、進化していました!
ちゃんと最後まで聞かないと、うっかり間違えてしまうように、
細かい技を使い始めた様子です。

そのため、パート1の中盤で、既に疲労気味になりました。

パート2は、いつもと同じです。

パート5、ちょっと難しかったような気がします。
構文が見抜きにくい文章が、いくつかあり、「ん・・」と立ち止まってしまいました。

品詞や接続詞の問題は、いつも通り複数出されていましたが、
今回は、分詞の問題が多くあったと思います。

パート7は、記事多めで、読み応えありでした。
しかも、内容が面白くて、ついつい味わってしまいそうな(そんな場合じゃないのに)、良い話が多かったです。

もうすでに、記憶から飛んでしまったんですが、「うわ~!」っと興奮した話が、何個かありました。

時代感もあったり、ほっこりする温かい気持ちになったり、これぞTOEIC!って感じです。

なんとか5分残すことができ、残り5分はパート5を目に焼き付けるのに使いました。

相当、しっかり、語彙力がないと、最後まで読みきれないと思います。
語彙力、頑張りましょう!

また、細かい知識、小耳にしたちょっとした文法知識など、
そういうのの蓄積が非常に大事です。

普段から、常に、言語に興味を持っていただきたいです。
そのために、SLCのYouTubeも、是非、活用してください。

記事問題が苦手な方、11月10日(日)には、「記事問題対策セミナー」も開催します。

SLC
矢田

エステのチラシ

2019/10/26 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

このビルの、私達の教室と同じ階に、最近エステが出来ました。
一回も行ったことないですが・・・

そこのお姉さんが、先日チラシを持って来て、
「生徒さんに配ってください」とのことだったので、
受け取り、私はもうスッカリ、そのことを忘れていました。

そのチラシも、もうどこへ置いたのか、分からずじまい・・・

ところがところが、今日、矢田弘巳さんが、
いちいち、一人一人手渡しで、配ってるじゃないか!

さすが、言われたことは、ちゃんとやる。

空気を読んでは行動しませんが、
言われたことだけは、ちゃんとやる人間です。

SLC
矢田

あとちょっとの時

2019/10/23 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

目標まであとちょっとの時、実際に、本当に、「あとちょっと」なんです。

なのに、自分としては、その「あとちょっと」が「あとちょっと」に思えない・・・。

これは、私も経験があって、TOEIC900を達成した後に、次は英検だと思い立ち、
英検一級を10回ぐらい受けて、3年ぐらい落ち続けた時、
毎回、あと2点とかあと1点とかで、実際には本当に「あと1点」なんですけど、
自分では「あと1点」に思えなかったんです。

だから、何度も落ちたんだと思います。
確実に、精神的な問題でした。

その3年間、毎日3時間ぐらい勉強していましたから、ハッキリ言って、おかしいです。

思い込みって、あります。
あと1点なのに、「絶対に取れない1点」に見える、不思議な心理状態。

「あとちょっと」の時は、本当に「あとちょっと」ですから、気楽にやりましょう。

知らないことをつぶすよりも、知っていることに自信を深める方向に、
持って行くほうがいいです。

やりがちな勘違いなんですが、「知らないことをつぶせば、あと1点取れる」と思ってしまうんです。
でも、そうじゃあないんです。

知らないことに気持ちが行ってしまう状態を脱したら、やっとこさ受かりました。

まあ、全て後から気がつく反省ですが・・・。
しかも、取り返せないような重大な失敗ではないし、まあ「ちょっと力入ってたよね」ぐらいな悔いです。

とにかく、諦めなければ大丈夫だと思いますので、あとちょっとの時、本当に気楽に、
でも集中して、諦めないで頑張っていただけると、
そして、今までやったことに自信を持つ方向で集中していただけると、
うまくいくんじゃないかと、思います。

SLC
矢田

冷静じゃなくても正解できる力を

2019/10/22 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

もうかなり勉強していて、900点突破を目指していて、
870点とか、895点とか、悔しい点数が返ってきた時、
気力を落とさず、粘りと集中力で、短期決戦で900突破していただきたいです。

試験当日、冷静じゃなくても、「正解は分かる」という力を目指していただきたいです。

そのためには、「体に入っている」ことが大事なので、
もうあとは、反復反復、そして反復、何度も繰り返すことが大事です。

『公式問題集』を中心に、特に繰り返しの音読に力を入れて欲しいです。

上級レベルであとちょっと、という時こそ、土台の安定感が大事ですから。

SLC
矢田

単語暗記と試験結果と

2019/10/18 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

先日、生徒さんのお話を伺って、本当にそうだなと思いました。

「単語はやっぱり大事」ということと、
「まずはTOEICで結果を出す」ということです。

SLCにいらっしゃるお客様は、TOEICで結果を出すために来てくださっているので、
普段、私も忘れてしまいがちなんですが、
世の中には、「TOEICじゃない」とかなんとか、言い続けている人がいます。

私も、中途半端なレベル感、TOEICでいうと700点台ぐらいのレベル感の時、
TOEICがそんなに大事だと思えていなくて、
また、運用力をつけていけば、試験結果も後からついてくると思っていたんですが、
ある瞬間、それは間違っていると気がつきました。

気がついて、本当に良かったです。

気がついた後に、ちゃんと勉強して、ちゃんと単語暗記に時間を割いたら、
ぐんぐん英語力が伸びて、今まで分からなかったことが、
急激にどんどん分かるようになって、気持ち良く、勢い良く、900点に達しました。

ということで、「結果は後からついて来る」とか言っていても、
ずっと言っているだけになりがちなので、
「まず結果を出す!」という感じでやるのがいいと思います。

私はこれに、日本語を勉強している外国人を見て、気がついたんです。

「話せたらいい」って言ってる人は、いつまでたっても話せなくて、
「日本語能力試験一級を取りたい」って頑張る人は、
どんなに無口な人でも、
文法と語彙の完成度が素晴らしい、品格のある日本語を、話すようになりました。

それを見て、「試験だな」って思ったわけです。

「話せたらいい」とか「結果は後から」っていうのは、
聞こえはいいですが、あんまり現実的じゃないです。

SLC
矢田

カレーとタピオカ

2019/10/18 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

無性に、カレーとタピオカが食べたいです。

神戸の教師間いじめ事件の動画により、カレーが給食のメニューから消えるとか?
それからユッキーナさんの、タピオカ屋恫喝事件・・・。

確かに、子供たちの心を考えれば、カレーを出さないというのは、仕方がないのかもしれません。

でも、私は、やたら目にする食べ物は、やたら食べたくなります。
今日は、カレーを作ると思います。

また、タピオカブームで、渋谷がタピオカ屋だらけになっても、全然買おうと思わなかったんですが、
今、買いに出かけようとしています。

ブーム過ぎて、最近買いませんでしたが、モチモチして美味しいですね。

目に付くというのが、いかに効果的なのか、めちゃくちゃ実感しています。

どうしても、食べたい気持ちです。

ですので、自営業者としては、お客様に、自分たちの存在に気がついてもらうための活動、
存在を知っていただくための活動、つまり情報発信は、
毎日毎日、継続的にやっていくのが、とっても大事だと、改めて思った次第です。

カレーもタピオカも、どちらも宜しくない事件ですが、学ぶところはありました。

SLC
矢田

YouTubeの視聴者さん

2019/10/16 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

SLCの講座は、学生さんや20代の方は、少ないのです。

たまに、「若い人ばっかりで、自分は浮くんじゃないかしら」と、
心配されて問合せくださる方がいらっしゃるんですが、大丈夫です!

こうなろうと思ってなったわけじゃないのですが、なぜか、年齢層は高めです。

YouTubeのほうも、ユーザー層の解析結果を棒グラフで見てみると、
45歳以上、55歳以上、65歳以上の、男性が多く、
10代は受験の関係か、少しいらっしゃるのですが、20代はほぼいない・・・。

そして、女性の視聴者さんは、50代以上しか、ほぼいない・・・。

若者が多いであろうYouTubeという場所で、これはなかなか頑張っているなと、思います。
先日2,000名を突破しましたが、この2,000名様は、とても意味があって、とても有難いことです。

とにかく、「若い人が多いのではないか」というような、心配は全くございません。
お気軽に、来てください。

SLC
矢田

2,000名様

2019/10/15 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

SLCのYouTubeチャンネルの登録者が、2,000名様を突破しました。
皆様のおかげです。ありがとうございます。

去年、本格的に投稿を始めた時には、1,000人とか2,000人とか、
そんな人数は、とても想像できませんでした。

1,000人を目標に、コツコツ頑張っていたので、
今年1,000人を突破してからは、もう満足感でいっぱいでした。

ですが、「現状維持は衰退の始まり」ですから、
満足している場合じゃありません。

これからも新規の視聴者さんに出会えるよう、
SLCを知っていただけるよう、
そして、更なる発展ができるよう、発信していきます。

SLC
矢田

PAGE TOP