BLOG

マイペースは停滞ペース

2019/04/10 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

スタディサプリのCMで、やたら「3分」と耳にするので、ふと思いました。

中に登場する関先生が、3分でいいなんて、思ってるわけなくねえか!!
と、私は強く、強く、ツッコミ入れたいです。

スタディサプリに限らず、しばしば、
広告やパンフレットを作っている人と、中に登場する先生の認識に、
結構大きなズレを感じるんですが、
私は中に登場する先生の認識のほうに、共感して、広告は無視します。

じゃ、広告って何なの!って、なんだか悲しくなりますが、
集客のためにはキャッチーな言葉が必要で、仕方がないのでしょう。

目標を達成したい場合、綺麗にメイクしたり、友達とお茶したり、
素敵な生活を続けながら、両立は無理です。

傷だらけになってでも、達成する気持ちが必要で、
3分なんて言ってる場合じゃないわけです。

自分に負荷をかけるペースを決めて、多少身体を痛めても、傷を負いながらも、
そのペースになんとかついていく、という姿勢が絶対に必要です。

その上でこそ、10分しか時間が取れない日があっても、
その一日を大事に、10分の隙間時間であっても、前進することができます。

3分も10分も大事です。
でも、小刻みな3分からは、願う結果は生み出せないと思います。

SLC
矢田

英語をやっといて良かった。

2019/04/09 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

英語学習を、TOEICであれば900点以上、英検であれば一級以上、
そのぐらいまでちゃんと勉強しておくと、ああ良かったな、と思うことは、
もちろん多々あるはずです。

「ない」って言う人々もいますが、
そういう人達って、勉強や資格の結果に対して、何か楽ができるとか、得ができるとか、
そういう成果を期待しているんだと思います。

どんな羨ましくて輝かしい資格にだって、「取ったら楽できますよ」という特典は、
残念ながらないので、期待しても期待は外れてしまいます。

勉強の成果を資格で残しても、楽できたり、得したりすることは、
全然ないですが、色々な場面で「やりたいように出来るな」と感じます。

勉強したいことが、もっと勉強できるし、
分かりたいことを、もっと簡単に分かることができます。

英語で書いてあることが読めるからではなくて、
むしろ日本語で説明されたことが、英語学習の経験があるからこそ、
「ああなるほど」と、分かることがあります。

「通じる喜び」って、子供っぽいと思うのです。

10代、20代の頃は、私も「英語って通じるんだ!」ってところに、
確かに、喜びや勉強のやりがいを感じましたけど、
旅の指差し会話本だって通じるんだし、語学の勉強して通じるのは当たり前。

英語でも何でもいいんですが、一つ体系を頭に構築した経験があって、
コツコツ努力した経験があってこそ、
初めて分かる人の話とか、人の経験談とか、あるので、
経験したからこそ分かることを増やしていけるのが、
こういう努力の醍醐味だよね、と思います。

SLC
矢田

現代的な勉強法

2019/04/08 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

去年始めたばっかりのYouTube動画講義ですが、
ここ最近になって、「動画で勉強して、講座に出て、スコアを上げて・・・」
というお声を、当たり前に言っていただけるようになりました。

動画が役立っている!
すごいです。

動画と講座の融合は、開催側にとっても、すごく便利で、
「ここは動画で見ておいてください」と、効率的に進めることができます。

録画という機能は、もうだいぶ前からありますが、
ここにきて、素人でもYouTubeなどで細かい動画を大量に配信できるようになり、
なんか世界が本当に変わったと感じます。

これを使わない手はなくて、どんどん配信するため日々撮影に励みます。

SLC
矢田

GW講座状況

2019/04/06 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

GWの5日間講座は、大変有難いことに満席となりました。
数名の方にキャンセル待ちいただいている状況で、ここでお申込を締め切らせていただきました。

リーディング特化の2日間講座は、まだお席がございます。

人間も動物なので、なぜか不思議に、本能的に、急激な集中力が出る時ってあります。
まるでその季節が来たかのように、勝手にそうなる・・・みたいな。

GWがそうなるように、短期間で集中して、結果につなげましょう。
行動こそが結果です。

SLC
矢田

4月

2019/04/03 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

なんともう、4月です。
私は最近、いろんな事を同時にやって、なんとなくフワフワした気分で、
毎日が過ぎていっています。

すぐにGWがやってきて、短期集中講座です。

今年は10連休のためか、早い時期からお申込をいただけ、
もうすぐ満席になる見込みです。

SLC開業5年目になると、開業したばかりの時期と違って、
「HPにアクセスしてもらえないな」とか、
「誰もここにTOEIC対策講座があるって、気がついてくれないな」とか、
そういう悩み、不安がなくなり、それはもう本当に、有難いことです。

当たり前だと思わないよう、気を引き締めなければなりません。
慣れというのは、怖いですから。

GWの講座は、5日間はあと1名様分お席がございます。
2日間は、残り7席ございますので、まだまだゆっくりご検討いただけます。

SLC
矢田

知っていることだけで勝負する気持ち

2019/03/27 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

TOEICにしろ他の試験にしろ、
「知らないことが出たらどうしよう」と思うと、
試験前は不安でいっぱい、試験が始まると、
知らない問題が出て、パニくります。

知っている知識だけで勝負する気持ちになれると、
試験に向かう時も、気持ちが高揚し、試験中も、実力が発揮できます。

知らないことが出るのは当たり前、
たとえ知らなくても、知っている知識の応用や、
消去法で、正解を特定するぐらいは、出来る!
って、思えるようになると、最高です。

そのためには、知っている知識の質です。

細かいことをたくさん覚える前に、
自動詞・他動詞、態、品詞、文型、を完璧にものにすることです。

文型が見抜ければ、簡単に解けることが、多々あります。
多々っていうか、いっつもそれです。

見抜く、つまり「気づく力」を試験中に発揮するためには、
知っているか知らないか、知識量に価値を置くのではなくて、
土台があるかどうかで勝負するんだという気持ちにならないと、
いつまでも、知らない情報量の多さに圧倒されて、
今の自分の力で戦えないと思います。

SLC
矢田

基礎力つける時期

2019/03/26 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

なんとなくな中上級者になってから、
本気で勉強するって、なかなか出来なくて、
一番底辺の時代が、一番頑張れるし、
一番吸収できるなって、昨年から約1年、
SLCのYouTubeチャンネルに取り組む中で、発見しました。

つまり、友達に無理矢理チャンネル登録させたり、
グーグルさんにお金をお支払いし、広告で上位表示させたり、
そういうことを、もしやっちゃったら
せっかくその時期に学ぶべきことを、学べずじまいになってしまいます。

だから、最近始めた高校英語のチャンネルは、
100人まで、500人までが、視聴者ニーズを知るための、
黄金期だと思って、底からしっかり固めるつもりで、取り組んでいます。

この時期しか、他の方のチャンネルを研究しつくさなくて、
この時期を脱してしまうと、あの時の探究心が、段々薄れていってしまいます・・・。

今思うと、SLCの開業も、思い起こせばそうでした。
お客様に育てていただける黄金期は、初期です。

その時の吸収力、その時の謙虚さは、その時限りで、
初期が終わってしまうと、もう二度とその時期は戻らなく、
年月とともに、吸収力はどうしても、落ちます。

だから、また新しいことに取り組まないと、ただ年を取った頑固者になってしまい、
毎年毎年、何らかの取り組みを始めるのが、とっても大事だなと、感じます。

英語もそうで、基礎力をつけている、その時期は、
なんだかしょぼくて、早く脱したくて、
駄目な自分を感じてしまうんですが、
その時にしか、爆発的な吸収力が発生しないので、
基礎力完成時期の自分のしょぼさに、ガッカリせず、
その時を楽しんで前向きに、頑張っていただけたらなと、思いました。

SLC
矢田

今週はレギュラーコース開講していました。

2019/03/24 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

3月から5月にかけて、5月26日の公開試験を目標に、
約2ヵ月間、週に一度通っていただく、
レギュラーコースが今週開講しました。

次回は6月に開講します。

今日はレギュラーコースのページと、1dayセミナーのページを更新しました。

講座のご案内のようなこと、以前は紙ベースで手間がかかっただっただろう情報発信が、
カチカチとキーボード押せば完了!なんて素敵!って、少し前までは思っていました。

昔だと、お客様へ情報をお伝えするには、広告やら電話やら、
とにかく手間と時間と費用がかかったと思います。

なのに、世の中がどんどん便利になるにつれ、ホームページの更新作業も素人でもできるような仕組みを、
誰かが作ってくれて、こんなに便利になっているのに、
「目が疲れる。もっと簡単にできんのか・・・」と感じてしまい、人の欲はきりがないなあと、思います。

頭で思ったことが、画面に表れたら、最高です。
いやそれは、欲深すぎますね。。

さて、1dayセミナーは、カレンダーの都合上、6月に集中します。

7月から8月にかけては、夏休みや短期集中講座を予定しているため、
1dayセミナーが少なめになる予定です。

6月末までの開催予定を掲載しましたので、宜しくお願いします。
ご不明な点は、お気軽にお問合せください。

SLC
矢田

速読と精読

2019/03/22 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

速読と精読と、どっちがいいのか?とか、
前から読み下すのと、後ろからきれいに訳すのとっどっちがいのか?とか、
更には、
音読と黙読どっちがいいのか?とか・・・

どっちがいいのか論をうだうだしゃべっている動画もありますが、
そこに、意味は、ない。

速読と精読は、どっちもやりましょう。
とても、単純に、どっちもやっている動画です。



このぐらい単純に、どっちもやればいいだけで、
なかなか画期的な動画だと、思っています。

英語勉強法のうんちくは、世の中に溢れすぎていて、
日本国内で独学で900点突破や、英検一級を取る人も、もう溢れるほどいる時代なので、
今はもう、方法論を探す時代じゃないです。

昔は、現実に日本国内で英語を習得した人に会うだけで、宝のような経験だったわけです。
留学しないと無理だと思っている人が多かったので、
現実に国内で自分でも出来るって、知るだけでも、すごく価値ある知識だったんですが、
今はそんなの当たり前。

方法については、既に皆が知っていることです。
いい方法を知っているかどうかじゃなくて、勉強するかしないか、です。
知識や環境ではなく、意思の力で差がつく時代だと、感じます。

高校英語/矢田っちとスタディ

SLC
矢田

過剰生産をならしたい

2019/03/21 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

昨日、高校英語用の動画が生産過剰状態ということについて書いた続きです。

「これやって」と言っても、
出来ないことは永遠に出来上がってこなくて、
得意なことは生産過剰気味に上がってくるという現象が、あります。

まあ、当たり前なんですけど、ここに無駄がありそう・・・。

無駄をなくすためには、勉強は苦手なことも頑張って、仕事は逆に、
苦手なことをやらないほうが良いと、私は思うのです。

苦手なことをやられる恐怖といったら、
昔、「無能な働き者は処刑しろ」と言った指揮官がいたそうですが、
そんな気持ちです。

でも、もしかしたら無能じゃなくて、働く場所を間違えているのかもしれない。
もちろん、本当に何も出来ない人ってのもいますが、
場所間違いだったら、それはもったいないです。

今の、過剰生産状況を眺めて、そんなことを思います。

私達は小さい組織なので、とにかく無駄なく、
得意なことを、生産過剰気味に、やっていき、
そうすれば、働き方改革につながるのではないか、と期待しつつ、
効率向上を、模索してみようと思います。

以下、生産過剰でアップロードが追いつかないチャンネルです!
精読と速読シリーズを、ここ最近上げていて、
これはスゴイ!こんな動画、今までなかった!と、思っています。

高校英語/矢田っちとスタディ

SLC
矢田

PAGE TOP