BLOG

DVD作ってます!

2020/04/13 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

DVD、あと一週間ぐらいでと、前に書きましたが、
もうちょっと、かかりそうです。

現在、文章構造で紐解くリスニングセクションを撮影中で、
その後、ディスコースマーカーで読解するパート6と7を、撮影します。

DSC02184

SLCの解法は、どこかの講師向け集合研修で習ったのをそのままやってるわけではなく、
完全にオリジナルの研究結果なので、面白く、見ていただけると思います。

講師を雇ってみようとすると、
「言われたらそのとおりやりますんで、教えてください」とか、
「マニュアルくれたらそのとおりやります」って姿勢の人、いますが、
コロナになって、オンラインや動画講義になって、
複製ロボットが生講義をやる意味って、ホントないよねって、分かったと思います。

自分のコンテンツを生み出し、自分で模索して仕事しないと、
生きてけないこのコロナ時代(ま、終わるんでしょうが)、
アナタ要らなかったね、と言われないスクールで、あれたのか、
試されていると思います。

スクールは、甘えたことは言えません。
売っているのは場所ではなく、コンテンツなんだから。

SLC
矢田

向かいでカレー屋が新規開店した。

2020/04/12 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

金曜の都知事のお話では、店閉めたら50万円もらえるのか、
営業を8時までにしたら50万円もらえるのか、不明なままで週末をむかえ、
問い合わせ先はガッシャーン閉まり、迷える店達は、右往左往していますが、
「都知事の要請に全面協力して閉店!」って張り紙も、目につきます。

その予算、通るか不明ですが、
先に全面協力の事実を作っちゃう作戦、「なるほど!」です。

まあ、渋谷の店の場合、よほど小さな店舗じゃないと、50万じゃ家賃にもなりませんが、
でも、既に家賃は滞っていて、商業ビル側も諦めてるだろうから、
50万あったら嬉しいですよ。

商業地区では、もうコロナとなんて戦ってなくて、
籠城戦、持久戦のレース、物投げつける正論マンとの、戦いです。

病気よりも、経済崩壊と人間のほうが、マジで怖いってのが、商業地区の実情っす。

そんな中、目の前でカレー屋がオープンしました。
すごいタイミングやなあ・・・。
前から決めてたから、こうなったんやろなあ・・・。

まあとにかく、我々は日々仕事を進めています。
コンテンツ作りに、時間を投入しています。

コンテンツを持っているので、出勤したらやる仕事はいくらでもある。
それは、有難いことです。

ひたすらお客を待つってのは、相当に辛い日々に違いない。
我々は、実際のところ、めっちゃくちゃ忙しくはやっています。
売れるかどうか、それはまだ分からないけど、商品作りをやっています。

これまで頭の片隅にはあっても、行動に移せていなかった、
コンテンツを形にする作業、これをきっかけに、始動しています。

SLC
矢田

Zoomでやってみた感想

2020/04/12 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

先週から、矢田弘巳さんがZoomで授業をやり始め、
私も昨日初めて、1コマやってみました。

もしかすると、人によっては、コロナ収束後も、
「家から出るのめんどくさい」となり、Zoomを希望することもあるかな、
と思うくらい、ほぼ、対面と同じように出来ました。

受講する側がどうなのか、体験してみる必要があると思い、
来週、とある事業主向けセミナーがZoomで開催されるとのことなので、
申し込んで、受講してみようと思います。

もう既に定着しているオンラインの英会話は、違和感なかったし、
映像授業も、動画教材として撮影した講義を後で視聴するタイプとか、
生講義の録画の販売とかは、すでによく見て慣れています。

でも、リアルタイムの講義っていうのは、もうやってるところはやってるのかもしれないけど、
「当たり前だ」という感じは、ちょっとまだ、しません。

矢田弘巳さんは、身振り手振りのプレゼンをするわけじゃなくて、
ホワイトボード主体の授業なので、
ホワイトボードが画面いっぱいに見えるよう映し、
参加者の方に、画面に集中していただけるオンライン講義は、
どうやら、向いているんじゃなかろうか、という気がします。

新しい商品として、暫定的でなく、もしかすると定着させられるかもしれません。
まあ、まだまだ、やっていってみないと分かりません。

SLC
矢田



試験延期でもピークはずらさない。

2020/04/11 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

明日はTOEICなので、理想を言うと、気持ちはそこへピークを合わせて、
試験があると想定して、勉強したいところです。

なんと、一番有名な国家試験の司法試験も延期となりましたが、
そんな人生かけた試験が延期された時の、モチベーション維持のコツは、
とりあえず想定していたペースで、ピークを持っていくことだそうです。

なるほど。

次いつあるか分からなくても、今日は明日のため、
明日以降は、5月24日のために、勉強を進めていきましょう!

SLC
矢田

商魂はすごいよ。

2020/04/11 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

今日は商人への、呼びかけですので、興味なかったら読まないでください。

事業主の方、絶対に、死んではいけない。
生きることは、必ず、できるはずです。

このビルは、渋谷でも最も古い部類に入る、昭和の香りプンプンする、ビルです。
100年に一度の再開発も、ガン無視です。

しっかりと開発に邪魔な位置に、建っています。

今、テナントが続々と倒れていき、貸し会議室も埋まらず、
きっと、ビル側も大変な思いをしているのだろうと、思っています。

が、今朝は、突然、改良工事の手配をガツガツ進めている様子でした。

普段だと、テナントの営業と並行で、工事の予定を調整するのが大変ですが、
この機会に一気にやるという計画なのか、うまいこと業者さんを手配し、やりそうです。

業者さんは、もちろん来ています。
人数を、送り込んでいます。

この、ピンチにへこたれない商魂を見ると、元気になります。

我々商人というのは、とにかく「モノやカネを回したい」欲求が高い人種です。

政治家は票が欲しく、テレビ局は視聴率が欲しいでしょうが、
我々は、別に、金も物も、人気だって、欲しくありません。
自分のとこで、止めたくないのです。
とにかく、流したい、回したい、生き物なのです。

その欲求を持つ、商人というのは、世の中の少数派。
今回、政治から見放され、「不謹慎狩り」という世論によって、
我々の息の根を、封じ込める力が、働いています。

でも決して、商魂は死にません。

何も欲しがらない、商人という生き物が、世界平和のために必要だと、私は思っています。

今日も、芸能人の爽やかな「stay home」の呼びかけの裏で、
居酒屋の店主が首をくくっています。

人間というのは、人間を救うと同時に、常に殺人を犯しているし、
動物レスキューのテレビ番組に感動しながら、役所では犬や猫の殺傷処分をしています。

元々、我々は、そんな矛盾だらけの世界に生きている。

それを、緊急事態だからといって、「外国へ行ったやつは悪い」
「外へ行くやつは悪い」「営業しているやつは悪い」と、統一の意識をつけ、
不謹慎狩りの圧力で、物言えない世界を作り、
その行ってはいけない外では、ウーバーの配達員達が、自転車を走らせているのは、不気味です。

統一された良心なんて、どんなに緊急事態でも、不気味です。

中国や北朝鮮の、きしょくわるい国家作成の映像を見ているようです。
まともだと、勝手に思っていただけで、私も中国や北朝鮮と変わらない、
世界に生きていたんだなと、感じています。

国民はバカだから、煽って戦争するのは簡単だと、ヒットラーは言いました。

ああ、簡単だったんだろうなと、今を見ると、思います。

商人は、絶対に生き残りましょう。


SLC
矢田

zoomに慣れた矢田弘巳

2020/04/10 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

機械が苦手な矢田弘巳さんですが、設定が苦手なだけで、
一旦設定されたPCを手にすると、ユーザーとしては、活動的です。

あっという間に、zoomに慣れました。

そして、「これは、すごい・・・」
「これで、合宿もできる・・・」

と、興奮気味で、朝早く目覚めてしまうぐらい、興奮気味です。

合宿は、ちょっと、無理なんじゃないか・・・と、私は思いますけど。
合宿というのは、2日間もしくは5日間の、集中講座のことですが
受講される方が、PCの前で、連日朝から晩まで、じっとしてられるだろうか?

ただ、今はオンライン受講をやってみるチャンスではあります。

というのも、平常時に、「オンライン受講始めます」となると、
割としっかりとした機材を揃えないと、商品として受け入れられないと思います。

たとえば大手予備校のような、黒板が3つあったら、カメラも3つあって、
講師の動きにあわせて、カメラが切り替わるようなスタジオを作って、
さて、「オンラインを始めますよ」と言ったら、商品としてありですが、
箱の上にPC置いただけのしょぼいセットじゃ、「えっ?それがオンライン講座すか?」って、なりそう。

でも、今はですね、機材が世界中で品切れで、売ってないんです。
PCを支える台さえも、1か月待ちとか2か月待ちとか。

というわけで、我々の機材は、箱の上にPC乗せたようなものです。

その台を持った矢田弘巳さんが、
「じゃ、隣のホワイトボードに移動しますんで、画面揺れますよ~」
「よっこらしょ」
と、移動しながら、ホワイトボードがしっかり映るよう、
既に慣れた手つきで、やっています。

今なら、こんなんでも始められる、許されるチャンス!でもあるので、
やってみます。

とりあえず、4月のセミナーからzoom対応してみて、5月は様子を見ます。

教室受講も、引き続き換気と消毒を徹底しながら、やります。

SLC
矢田

発売予定のDVDの宣伝

2020/04/09 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

さびれた観光地化している渋谷です。

うっかりしていると、仕事に必須の店まで、閉まっていくので、
あわてて訪ねたDVD作成屋さんですが、閉まってました・・・。

「今、DVDを売らないと、我々食ってけないんだよ~!」
焦って電話をすると、中の人は出勤していて、
「郵送でデータを送ってください」とのこと。

「えっ?目と鼻の先にいるのに、渡せないんですか?」

「郵送で送ってください」(キッパリ)

ということで、郵送で送って、データを確認してもらって、
DVDの規格にデータを変換してもらって(なぜかよく分からないけど、これに数日かかります)
DVD(今回は3枚セットの予定)にどう配分するか、
印刷やケースはどうするかを、電話で話して、作成してもらい、
また郵送で送ってもらいますので、時間がかかります。

あと一週間ぐらいで、きっと発売できます。

発売予定の作品は、
『矢田弘巳のTOEIC(R)L&R全パート解法研究(仮題)』
DVD3枚セット(約6時間)お値段54,000円(税・配送料込)
です。

ちょっと、情報商材チックな名前なんで、まだ検討中です。

それから、今後はオンラインセミナーなども、企画していくと思います。
これまでコツコツ、コツコツ、YouTubeで集客をしてきました。
その成果が、今、我々を生かしてくれています。

日々の積み重ねが、本当に大事です。
突然、何か思いついたって、できません。

こんだけ毎日、YouTube活動している、TOEIC対策スクールは、ないですから。

だから英語も、毎日頑張ってください。
必要な時には、もう遅いです。今やらないと、遅いです。

SLC
矢田

zoomで授業できるかやってみる。

2020/04/08 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

生徒さんに協力いただき、今日からzoomでの授業も、練習を始めます。
まずは、1対1からです。

1対1なら、問題なく、できるんじゃないかと思うけど、
人数が多かったり、ライブとzoomを併用したりするには、
「あれはどうしたらいい?」「これはどうしたらいい?」と、
なんだかんだと、課題は感じます。

まあ、とにかく、これを機会に新商品の開発にも繋げるべく、
DVDでのコンテンツ販売や、ビデオ会話でのなにかも、考案しなければ!

コロナは誰にとっても悪いことしかないので、
「ピンチをチャンスに!」という気持ちには、なりませんでしたが、
段々と、「あれ?これって、生き残ったら一人勝ちじゃないか?」って、
気がしてきました。

これを機会に、人もサービスも、「あれ?これって要ったの?」って怖い面が、
露呈するんじゃないでしょうか。

ま、渋谷は、言っちゃおしまいですけど、
「渋谷スクランブルスクエア、要ったのか?」
客がいない巨大な商業施設が、夜中もずっと、ギラギラピカピカと、光り輝いています。

渋谷のどこから見ても、ギラギラピカピカ、輝いています。

そして、ふと、「なんでこれ、あるんだろ?」って、気持ちになります。

SLC
矢田

DVDを作成中です。

2020/04/07 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

昨年、英文法の3時間ぐらいのDVDを作成し、販売をやってみました。
まだ、細々と、売れています。
ご購入いただいた皆様、ありがとうございます!

色々なご要望を検討し、現在、新作を撮影中です。
もう一週間ほど、かかりそうですが、近々完成し、
ホームページで販売を開始します。

YouTubeでも、サンプル動画や、紹介(宣伝)動画を、発信します。

今回は、とうとう、ディスコースマーカーや、情報構造を、やります。

ですので、価格は前回よりも、少し、いや、だいぶ、上がります。

教室講義だけで扱っていた必殺技を、出すのに躊躇はありましたが、
コロナが背中を押してくれました。

これも、何かの運命。

今やれということなのかもしれない。

コロナは悪いやつですが、災害というのは、人間に色々なことを、教えてくれてもいます。

変わらないと、生き残れない。

だから、今回、変わらずに生き残るという道はありません。

こんな中でも、拾うものがあります。

SLC
矢田

皆様元気にやってますでしょうか。

2020/04/06 - BLOG

SLCの矢田真生子です。

不安は募りますし、せっかく英語の勉強をしようと、SLCのYouTubeを視聴いただいていても、
きっと関連動画やお勧め動画に、
「今日の感染者数」や、「なんとかなんとか陰謀説!」とか、
色々な情報が出てきて、現在ならではの、
ネット情報で不安が加速されたり、混乱させられたりも、するかもしれません。

まあ、私もつい見ちゃうんですが、
見てしまって、なんとかなんとか陰謀説に、「確かに一理あるかも・・・」とか、
思っちゃったりもするんですが、まあ、時間の無駄です・・・

さて、とにかく、お仕事や、ご家族のことや、色々な不安事があるかと思いますが、
一度勉強の炎を消してしまうと、再開は思っている以上に、大きなエネルギーが要りますから、
毎日、「あ~、今日何もできなかったな」と、悔いるだけでもいいので、
TOEIC、英語の目標を、忘れないでほしいです。

悔いなくなっては、もうおしまいです。
勉強の炎は、戻ってきません。

細くても、持続すること、種火を消さないことが、とっても大事です。

いつでも、またできると思っていたことで、二度とできなくなったことって、
ありませんでしょうか。

たとえ気軽な趣味なんかであっても、再開って、思った以上に、できないものです。

早く、TOEICの受験ができる日が、戻ってきてほしいです。

SLC
矢田

PAGE TOP