BLOG

道の半ば

2017/03/08 - BLOG

SLCの矢田です。

TOEIC講師対象の研修に参加し、
気がついたことがあります。

嬉しい気づきです。

せっかく研修に参加したので、
新しく得た知識を使って、
講座を作ったり、講座に変化を加えたりもしていきますが、
逆に、SLCはこれでいい、SLCにはこんな強みがある、
という気づきも得られました。

「今あるものに感謝しよう」という考え、大事ですが、
今あるもので満足しちゃったら、進歩がないので、
満足しないよう気をつけていました。

でも、どっちも大事だなあと思います。

何かをぶっ壊して、何かを作る。
これは最終手段で、
普通は積み重ねの先に、未来があります。

TOEICもそうです。

今あるスコア、今ある知識の上に、
積み重ねていけるよう、
今の地点を意識し、価値を置いてあげてほしいです。

何かが間違ってるわけではなく、今は道の途中だと、
自覚できて、安心できる仕組み。

それが、例えば「少しずつでもスコアが上がる」ことであったりします。

ところが、なんと下がることもあるんですよね。

50点ぐらいは誤差範囲なんですが、
本人にしてみると、
「道を間違えているんじゃ?」
と不安になってしまいます。

スコアアップも人生と同じですから、
後で遠くから眺めてみると、
緩やかな上がり曲線を描いています。

その時々の苦しさは、後で考えるとほろ苦い青春ですから、
スコアダウンのときは、ぐっとこらえてほしい。

でも、やっぱり私達としては、継続して上げたいし、
万が一下がっても、道の途中なんだと、
不安を払拭し、安心して歩き続けられるよう、
何かやれることはないかと考えています。

SLC
矢田

研修が終わった

2017/03/07 - BLOG

SLCの矢田です。

4日間のTOEIC講師のための研修を、
無事に修了することができました。

2回も週末を留守にしてしまいましたが、
SLCは普通に営業できていて、
3年目の安定感を感じました。

今回参加させていただいた研修、
主催してくださったアルクの方々、
先生方に、本当に感謝しています。

アルクさんの社員の方々から、
業界全体を育てる使命感を感じました。

参加した側が、ここまでやってくれるのか!
と感動するほどの内容。

SLCはその点も見習い、
「これでいい」日なんて、永久に来させない。

「これでいい」なんて言い出したら、
人間も組織も終わりです。

「もっと、何ができるか」
「どうすればスコアアップに繋がるか」
毎回毎回、改善改良のために、
頭と体を使って、前進します。

それからなんと、今回の研修のコンセプトも、
「人生が変わる」でした。
研修後には、「人生が変わる」んだそうです。

SLCと同じだ!びっくりだ!

やっぱりそうなんだ。

「人生を変えるんだ」ぐらいの意気込みが、
全てのことに必要だと思います。

そうじゃないと、何一つ変わらない。

そんなのは嫌なので、努力して、
頑張って、SLCを育てていきます。

SLC
矢田

2月レギュラーコース

2017/02/27 - BLOG

SLCの矢田です。

先週はレギュラーコースの開講の週でした。
2月は新しいことを始めるタイミングでないのか、
出足はゆっくり、今回はお申し込み少なめかなあと、
思っていましたが、
直前のお問合せやお申し込みをいただき、
いつも通りのクラスになりました。

有難いです。

各クラス、平均的に3~4名様、
講師としては一番有難い規模感です。

レギュラーコースは少人数でやっていきたいので、
もし今後人数が増えるという、
嬉しい状況になってきたら、
クラス数自体を増やそうと思っています。

最初の週は、まだ最終人数が分からない中、
ケチケチとギリギリ人数分コピーを用意し、
直前に足りな~い!!

とか、

小さなドタバタが日々あり、
なんとなく落ち着かない、でも嬉しい、
一週間でした。

やる気いっぱいのお気持ちが、嬉しいです。

毎週の宿題で、少し疲れてきても、
モチベーションを持ち続けていただけるよう、
私達は創意工夫を続けなければなりません。

今回のコースはGW直前まで、
頑張ります。

次回の開講は、GW明けからです。
SLCのレギュラーコース、宜しくお願いいたします。

SLC
矢田

だんだんと

2017/02/23 - BLOG

SLCの矢田です。

今週は2月スタートのレギュラーコース開講週です。

繰り返しスタート週を経験することで、
小さなミスや、至らなさが、だんだんと減ってきます。

それでもなんだかんだありますが、
だんだんと準備万端になってきました。

一つ一つは小さなことです。
教室や持ち物のご連絡、
配布物の準備、
記録用紙の準備、
自習室の管理、などなど。

どんなに小さなことであっても、
全てが当たり前のように日々進む組織って、
何度も同じことを繰り返し経験してきたということで、
とっても素晴らしいことだなあと、尊敬します。

SLCもだんだん、
小さなことが当たり前に進むようになっています。

小さな進歩の、コツコツの積み重ねを、
SLCも頑張ってやっていこう。

そして、生徒様のコツコツを、
心の底から応援します。

コツコツの積み重ねには、
組織を、人生を変える力があります。


SLC
矢田

Rが上がると嬉しい

2017/02/22 - BLOG

SLCの矢田です。

TOEICは一般的に、Lのほうが上がりやすいと言われています。
400点台、500点台の方で、
とにかく早急に600点を取らなければならない時、
Lを上げてしまうのが早道です。

でも、それは応急処置なので、
本当はどちらもバランス良く上げていきたいところです。

何十年か前までは、
リスニングが苦手な方が多かったんだと思います。
英語の音ってものを、あまり耳にする機会がなかったんですね。

それで、その時代から凝り固まり、
とにかく日本人は文法とか語彙とかの勉強よりも、
もっともっと音だ!とか言う先生もいるんですが、
時代はとっくに変わったと感じます。

最近は、短期留学、英会話、お仕事などを通じて、
リスニングはできるようになったけど、
リーディングがダメだというパターンも多いです。

時代が変わっても、英語の基本の理解が大事だという点は、
何も変わっていないのです。

学校教育だけで、そこが完成しなかった場合、
大人になってから補完する必要があります。

個人的には、TOEICスクールを通じてRがぐっと上がってくれると、
私はとっても嬉しいです。

なぜかというと、はっきり言って、
聞きまくり、音読しまくれば、Lは上がります・・・。

やらされるためにスクールに来てくださっているのですが、
自分でもできますよ・・・。

でも、文法の仕組みで勘違いを起こしたままだと、
ずっとそれが足を引っぱりますので、
そこを軌道修正することができ、
あとは自分で聞きまくり、音読しまくればいい、
ってところまで持ってこれると、
個人的には達成感があるのです。

月曜日に1月のTOEICの結果が出ましたが、
今回リーディングパートが上がったという報告が多く、
なんとも嬉しい今週です。

SLC
矢田

研修参加中

2017/02/21 - BLOG

SLCの矢田です。

TOEIC講師の研修受講中です。
4日間の研修の2日目を終えたところで、
次の2日間に向けて課題が出ています。

普段の仕事に加え、プラスαの課題をするというのは、
はっきり言って、時間的には無理なのです。

普段の仕事だけだと時間が余っていて暇。。。

そんな人は、滅多にいないと思います。

物理的に不可能なことを、可能にするのは、
これは魔法の力しかなく、
それが「情熱」だと思います。

TOEIC対策に取り組んでいる方にとっても、
普段の仕事プラス英語学習をすること、
時間的に厳しいのは分かっています。

それに、優先すべきは自分の仕事です。

その矛盾は、情熱でしか解決できない。

だから、SLCの意見として、
「TOEICで人生を変えるんだ」というのがあります。

情熱があれば、時間ないのにやれっていう矛盾は、
なぜか解決できてしまいます。

私も、SLCに情熱があるから、
今回研修に参加しています。

情熱がなければ、仕事も勉強も進まない。
とにかく情熱。

英語学習への情熱が、多くの方に沸き起こるよう、
小さな成功体験、成功者の経験のシェア、
色々模索し、情熱の炎が広がるよう、
SLCとしてできる事を探していきます。

SLC
矢田

研修

2017/02/20 - BLOG

SLCの矢田です。

この土日、外部研修に参加してきました。
4日間のプログラムで、前半2日が終了です。

研修は久しぶりなので、新鮮でした。

TOEICスコアアップ指導の研修ですが、
それだけじゃなく、外に学びに出かけるというのは、
色々な気づきを得ることができます。

やっとそんな研修に行く余裕も出来た環境を、
有難く感じました。

そうは言っても、それほど暇じゃない中から、
時間を捻出したので、
結構体力的にはアップアップで、
2日目は到着がギリギリ。

ドアが閉められていて、ギャー!!
ドアの色が全部同じだ~!!
どの会場だっけ・・・。

単に私の空間認識力不足なだけですが、
そんなギリギリ到着の生徒さんの気持ちが、
分かりました。

セミナーの時は、ちょうど時間になるまで、
ドアは閉めないで待っていよう。

色々と教えていただいた中から、
SLCに生かせること、生かせないこと、
自分で取捨選択し、活用していきます。

どんなに偉い先生のアイデアでも、
お客様、相手が誰なのかで、
提供すべき商品は変わってくるので、
必ず、自分で考え、自分のお客様の気持ちになり、
改善改良していくことが、必須です。

今週から新しいレギュラーコースがスタートです。
若干、影響が出始めています。
説明を色々とパクっています。

刺激は大事だ。

SLC
矢田

今週末

2017/02/17 - BLOG

SLCの矢田です。

今週末は外部研修に出かけます。

そこで、週末の説明会は、
スタッフの森下さんと、
弘巳講師にお任せすることにしました。

社会科の講座もあるけど、
こちらも秋吉先生と森下さんにお任せです。

あ~、色々心配ですが、
勇気を出して外出しよう。

私は、TOEICのオタクが集まると噂の、
研修会に出てきます。
私はオタクじゃないのですが。

レギュラーコースや各種講座に立つ情報と、
色々な先生方の取り組みから、
SLCの改善改良に繋がる気づきを、
たくさん得るべく、
頑張って参加してきます。

SLC
矢田

社会人

2017/02/16 - BLOG

SLCの矢田です。

私は、社会人が好きです。
なぜなら、話が早いからです。

一定のルール上で、
共同作業できるからです。

短く分かりやすく話してくれるし、
言い訳をしないし、
問題を解決しようとするからです。

問題は、講師業しか知らない人、
これが社会人なのか、
そうではない・・・。

その場しのぎで解決するな!
仕組みで解決しろ!

あー、すっごい叫びたい。

いや、叫んできました。
ジャパン(弘巳講師の予備校)で。

弘巳講師達に。

予備校講師達、
私の知っている一定ルール上では、
絶対に動かないこの人種。

あの業界、
過去の成功体験にとらわれてはいけない。

謙虚に、一般企業のルールを、
中高年だろうと学んでもらいたい。

チームワーク、仕組み、情報共有、
命がけでこれらを大事にしないと、
組織の力でお客様に貢献できない。

「10年かかるよ」と反抗されたけど、
10年かかっても変わるつもりがあるのなら、
大丈夫かなと、希望の光は見えたような。

SLC
矢田

婚活マニュアル本

2017/02/15 - BLOG

SLCの矢田です。

最近、成功法則の本や、
主人公が成功していく小説をよく読んでいます。

主人公が色々失敗も経験しながら、メンターに出会い、
成長して、成功していくストーリーは、
ワクワクと読み進められ、
また勉強になることもたくさん詰め込まれ、
この手の本にはまっています。

ただ一点、最近読んだ2作品が連続して、
成功する主人公は徐々に成長しているのに、
その主人公と恋に落ちる女性が、
最初から完璧な優等生なのがどうも。

主人公はダメな自分から這い上がっていくのに、
相手の女性はなぜに最初から完璧なんや?
作者の理想なのかな。

話はとっても面白くて、勉強になります!

ところで、
私は婚活マニュアル本を読むのも好きです。

こちらのほうは、女性に向けて、
マジで成功するための、死ぬ気で成功するための、
どんなダメ子ちゃんであっても、なんとかお尻を叩き、
成功する糸口を見つけさせようとする、真剣度がいいです。

具体的な指示が書いてあって、仕事に役立てています。

仕事も婚活も英語学習も、根本は同じ。

自分を見つめ、目的を描き、日々の目標に落とし込む。
楽な方法や、一見魅力的なものに騙されない。

過去の彼女の悪口や愚痴を言う男が、どうせダメなのと同じで、
過去の職場の悪口や愚痴を言う人は、
どうせ同じことを繰り返すので、
絶対に雇ってはいけない。

「会社に貢献します」「あなたを幸せにします」
この言葉はどうでもいい。
言葉は疑い、行動のみを信じる。

仕事も婚活も、自分の私利私欲ではなく、
お客様の、相手の幸せを実現するためでなければ成功しない。

相手本位の視点を持ち、相手の利を理解しなければ、
選ばれる自分にはなれない。

自分の行動に責任を持ち、
選んだ道で必ず成功しなければならない。

自分の選んだ道なのに、
こんな会社だから活躍できない、
こんな旦那と結婚したから不幸だ、
いちいち他人のせいにする人は、
違う道を選んでいても、
やっぱり他人のせいにしていたのです。

とにかく、仕事も結婚も勉強も、同じなのです。

婚活マニュアル本、馬鹿にしたものではありません。
表紙は可愛くピンク色だったりしますが、
結構役立つので、本屋に行くとついつい立ち読みしています。

まだまだ、仕事の成功法則は男性が主人公、
婚活マニュアルは女性向けなんですが、
そんなことで女性が虐げられてるとは全然思わなく、
真剣にお尻を叩こうとする文章や、
本気で人を変えようとしてくれる文章であれば、
どっちも面白いです。

とにかく、人が頑張る話は面白い。
自分で頑張れば、もっと面白い。
楽しく生きるためには、頑張るっきゃないです。

SLC
矢田

PAGE TOP